FC2ブログ









湾奥でまさかのタコ釣り???

 

6月9日(日)。


前日、BB兄さんから情報があったので、矢も盾もたまらず出撃した。




190609_01.jpg
 

東京門橋の下。


朝の6:30頃。


実は前日呑みに行ってそこに仕掛けとエサをごっそり忘れたと思い、朝途方に暮れていた。

ところがチャリのカゴのカバーの中に入れっぱだったことに気づいて急いで出撃。

最近、アタマがどうもだめだ。



190609_02.jpg
 

まあ、だめだ。


ガリガリのハゼ1尾とナイスサイズのフグ1尾。


カニを掬っているからきっとまたブルーウォーターなのだろう。


わかってるよ。

おれは青潮と友達だ。

さらに妖怪「昨日まで釣れてたのに」さんや「隣では釣れてるのに」さんなどとも友達だ。

「おいてけぼり」さんはどこへ行ってしまったのだ。




190612_02.jpg
 

10日からだから前日に兆候があったのだろう。


だって北風で寒かったもん。




190612_01.jpg
 

ブイのデータ(上の画像は浦安の)も8日あたりからぐんぐん下がっているものな。



ところがだ。

その日の夜、とある方から湾奥某所でタコが爆湧き情報を得た。


タコ??? 

LINEで写真をもらうとどうもイイダコとかではなくマダコっぽい。


へええ…


へえええ(興味も爆湧き)



で、仕事の合間をみて12日水曜日の午後に行ってみた。


某所着。

来慣れたとこだ。



敷石があるのでロスト覚悟のダイソーエギを投げる。


入れ食いって言ってたけど、この青潮じゃな。



んで、10投目ぐらいかな。


敷石にコツっと触れたので根掛かりしないように竿を煽ると

ぐいいいいん

根掛かりか? 海藻か?


水いっぱいの長靴を掛けた感触。

クソ重いけどグリグリ巻くと水面にぷか〜〜


で、でけえ!!

タコだ!!!!



何とかテトラ際まで寄せてきて…

どうしよう。

テトラに降りるにはちと高さがある。

ぶっこ抜くか。

ドラグを締め(たつもり)

ギリギリまで巻いて

せえの、よいしょ!


と上げたらドラグがジーーーと出てテトラの中に。

慌ててテトラに降りようと右往左往しているうちにいなくなっていた。


逃したタコはでかかった…



まあ掛かったのだからまた掛かるだろうとたかをくくってみたが、そのご一向にかからない。


何個かエギをロストして、虎の子のタコエギにチェンジ。

懲りずに投げ続けているとまたもや敷石キワでずーーーーん。


今度のは軽い。

巻いて巻いて

一応ドラグをキツキツにして

よいしょーっと抜き上げると。



190612_04.jpg
 

だいぶ小ぶりになってしまったが、なんとか釣れた。


その後虎の子タコエギもロストして終了〜。


ま、一匹釣れたからよしとしよう。



190612_05.jpg
 

茹でる。


この前にたっぷりの塩でよく揉んで、水道水でよーーーっく洗う。

揉んでいる最中の湾奥特有のバッドスメルは否めない。

だからねちょねちょよく揉んで、よーく洗うのさ。


足の先からゆっくり湯がいて15分。


190612_06.jpg


冷水で絞めて、ワサビ醤油で食す。


うん、スメル気にならない。

っていうか甘くて美味い!


タコエギロストはちと高くついたな。



おしまい。
スポンサーサイト



[ 2019/06/15 15:29 ] 釣り イカ・タコ類 | TB(0) | CM(2)

GW車中泊 & 釣り

 

ご無沙汰してしまっております。

ずいぶんと滞ってしまい見に来て頂いている方々には大変申し訳なく思っております。



さて、この春ふたりの子供がどちらも卒業、進学ということになり、バタバタとしてました。

入学が済み、ようやく平素の落ち着きを取り戻しつつあり、世間では10連休という大型連休という事で久しぶりに家族で出かけようってことになりました。

まあ、孤独な自営業者にとって連休もなにもあったもんじゃないのですが、どういうわけか今年は休みが多く、少し焦っていますが、まあ仕方ないっすね。


連休ど真ん中の2日は僕が午前中外せない仕事だったので、それが済んだ午後の3:00頃出発です。


190503-01.jpg
 

すっかり変わってしまった市原下りPAで恒例のピーナツソフトを頬張る。

ソフトクリームを丸々ひとつ食べるなんて何十年ぶりだろう。



190503-02.jpg
 

こちらは保田港の「ばんや」。


だいぶ前に来た時の対応がかなりガッカリだったので遠ざかっていて


久しぶりに来たらメニュー板がズラズラーっと液晶パネルになっていた。

なんか雰囲気無いね。



190503-03.jpg
 

ばんや寿司(1080円)。


ネタはまあこれと言って房総ならではなんてものはとくに無いが「メダイ」?だったかな?それはまあまあ美味かった。



190503-04.jpg
 

ホウボウの丸揚げ(800円)。


アタマからバリバリとまではいかなかったが、骨好きにたまらないね。

30cm弱でこの値段もうれしい。アタマが25%占めるが


190503-05.jpg
 

「アジのなめろう」を頼んだら売り切れで「タタキならできるよ!」って…


「もうちょっと叩けばなめろうだろがぃ!!」って突っ込みたかったけど、

おおかた大葉か生姜かネギを切らしたんだろうって思うようにしたら、タタキにいずれも付いてきた。

包丁とまな板貸してくれた俺がなめろうにしたのによ。




190503-07.jpg
 

夕焼けに浮かぶ富士山が神々しい。


この景色、静岡、山梨にはない、東京湾の向こうに見える房総富士も見事なもんだ。



190503-08.jpg
 

ほんとは保田港で夜釣りでもしようと思ってたんだが、ゴンズイしか釣れない記憶と、ODOYAの刺し身と房総地酒の誘惑に負けて、そのまま車中呑み車中泊。

※写真はチューハイをランタン代わりにしているの図。


さて、朝の5:00にラムネ温泉に入ってから、内房から外房方面へ移動。


190503-09.jpg
 

外房勝浦あたりの某所にて開始。


タックルはシーバスロッドにフリームス。

DAIWAのアームシンカー全遊動に自作2本針仕掛けのハリス止にキステック8号(だったかな)



アタリがない!


あってもたまに釣れるのはフグ。



諦めかけた時、

グググーン、っと聞き慣れないアタリ。

すぅわっとアワセてみると、味わったことがない引き。


フグとは違うし、キスでもないし、青物でもない、

セイゴでもかかったのかな?と思って巻いてくると平べったい魚。



190503-10.jpg
 

ソゲ?


左向きだからヒラメだよね?


いずれにしてもソゲならリリースしなきゃなと思ってリリースし、

釣り仲間のグループLINEに画像を上げるとグループののこさん曰く

「ガンゾウだね」

…ん?

「ガンゾウヒラメ、立派なオトナだね」

え……?

魚図鑑のURLをアップしてくれて読んだら

「非常に美味」と…


お持ち帰りすればよかった!!!


LINEの最後の方にマダイチの旦那がひとこと…

「HANZO氏らしいね…」



さ、気を取り直して

お昼前には切り上げて

いつものあそこに向かいます。


190503-11.jpg
 

勝浦タンタン麺の「しんでん」さん。


今回も「大辛」(800円)


今回は今月ハタチの長女が「勝浦タンタン麺(ノーマル)」に挑戦していたので、皆で大辛と食べ比べをしたらやはり辛さが全然違う。

辛いもの好きなら絶対大辛おすすめ。

辛いだけでなく旨さも抜群。



190503-12.jpg
 

いけないと思いつつ最後に半ライスぶっこんで、ほぼ汁も完飲。


お腹ハチキレ寸前!


少しでも消化のためにと登城してきた。


190503-13.jpg


大多喜城。


いつぞや行った時は閉館日だったんだよな。


遺構はあまり残っていないが、土塁づくりの城に相応しくない鉄筋コンクリの天守閣がそびえてます。


無粋な天守の中は200円の割に見どころがいっぱいの展示があります。

特に甲冑、刀剣の類は大好物なので眼福でした。


本多平八郎忠勝の具足は有名な大鹿角の真っ黒な具足に金の大数珠の袈裟懸けが有名ですが、それ以外の甲冑は存在しないのかな?

もう少し本多平八郎にスポットを当てた展示もほしい。


「家康に過ぎたるものがふたつあり、唐の頭に本多平八」

と歌に詠んだのは武田信玄だったか


意味は

徳川家康にはもったいないもがふたつある。

唐の頭(兜に付ける飾り毛=シャグマ)と

本多平八郎



つまり本多平八郎賛美の歌だったんだね。


愛槍は「蜻蛉切」。

槍の穂先にトンボがとまるとスパッと斬れてしまうほどの斬れ味からそう名付けられとか



久しぶりのブログ記事は飲み食いの話題なのか釣りなのか歴史なのか…

一応当ブログのカテは「おでかけ」にしときました^^;



まあ、またたまに書きます。


たま〜〜〜〜〜〜〜〜に見に来て頂けましたら幸に存じます。



おしまい
[ 2019/05/07 17:58 ] おでかけ | TB(0) | CM(4)

湾奥ヒイカ釣り(2)

 

前回サゲのタイミングで4杯しか釣れず悔しい思いをしたので、今度はアゲのタイミングを狙っていた。


11月25日(日)の午後は中潮でアゲのタイミングになる。


しかし、ジャパンカップは外せない。

みん競でジャパンカップを観戦し、しっかり3連単を獲ったのを確認してから出撃。

ちょっと遅かったかな〜。



陽気も潮回りもいいので、釣り場はいっぱい。

仕方なく入口付近の暗い場所にて開始。








釣れない。

焦る。

ちょっと斥候。



調査をすると釣れている方がいるじゃないか。

しかもその近くに辛うじてギリギリ車の入れそうな場所が。

隣の紳士に許可をもらって車を移動させ、狭いスペースへ車を入れる。



セレナのコンセントからLEDと蛍光灯の電源を取り海面を照らす。

そのライトの下で開始。


すると1投目から



181125-01.jpg
 

ミヨンミヨーン。


そこそこ釣れる。


この場所に移動してから1時間ほどで満潮。

アタリがピタッと止まった。


181125-02.jpg
 

全部で9杯。


シコイワシは最初の場所であまりにも釣れないからサビキを出した。


181125-03.jpg
 

ボディは刺し身に。


怖いからキッチンの蛍光灯でよく透かして見た。



181125-04.jpg


ゲソは唐揚げに。


生のまま揚げると凶悪なことになるね。

油が跳ねると言うより、爆発する。


一度さっとレンチンした方がいいのかな。



小さいけど、味は濃いよね。



おしまい。
[ 2018/11/30 10:13 ] 釣り イカ・タコ類 | TB(0) | CM(0)

湾奥サヨリ狙いからのシロギス釣り

 

録画しておいたTV番組の『GO! GO! 九ちゃんフィッシング』(公式サイト)を観たら、浦安でサヨリを釣っていた。


ウェアから考察するにそう遠くない撮影日のようだった。


サンマサイズに育ったビッグなサヨリに思わず…




181123-01.jpg
 

出動したった!


この日は11月18日の日曜日。


仕事は相変わらず忙しく、この6週間で丸一日休めたのはたったの2日。


それでも矢も盾もたまらず出撃した。



ところが…


ルアーマンが多数。


目の間にはシーバスのプレジャーボートも…。


ルアーマンのお兄さんに聞いてみた。


どうやら青物かシーバスが回ってきているようだ。


市原でブリがあがったのと関係があるのか。


確かに目の前であちこちボイルが。




いるわけねえ。

サヨリなんか。

チューブのコマセ開封するのももったいないし、撤収。




そしてその週の後半の11月23日(勤労感謝の日)


181123-02.jpg
 

再度出撃。


サヨリのロケットを飛ばす。

気持ちいい〜〜〜。

風もなく、並もなく、潮は大潮の上げ半分。



絶好の釣日和なんだが、なぜかアタリは皆無。



そういえば今頃になってK堤の方でピンギスが釣れているらしいな…。


ならばここにも…。



急ぎ仕掛けをチェンジ。

さいわい僕はサヨリの付けエサもジャリメを使う。



万能磯竿からシーバスロッドに持ち替えて、

いつものダイワのアームシンカー5号(全遊動)。

自作に2本ハリス止めにキステック6号金ビーズ付。



ぴゅっと投げる。

着水と同時ベイルを戻し、竿先でテンションを感じながら優しく着底。


いつものパターン。


ゆっくりゆっくりさびいてくると…


コンコーン!

すわっとアワセる!

全遊動なのでアタリがダイレクト。


乗ってる乗ってる♪


181123-03.jpg


ちっちゃいけど釣れた〜〜。



3匹釣ったところであたりが暗く。

ヘッ電のスイッチの接触が悪く、明かりがつかないので撤収〜。



ビッグなサヨリには出会えなかったけど、可愛らしいシロギスに出会え満足で帰宅。


海を見て、キャストして、さらに魚が釣れてくれれば、

それだけで幸せなのである。




おしまい。
[ 2018/11/28 08:49 ] 釣り シロギス | TB(0) | CM(0)

湾奥ヒイカ釣り

 


ここにきてぐんと冷えてきましたな。


寒くなると湾奥にも接岸するものと言ったら

ヒイカだよね。


まだ寒くなる前の話だが、先週末に近所の湾奥へ出撃してみた。



181110-01.jpg
 

セレナコンセントでLEDと蛍光灯を焚く。


こんなのでも結構明るいんだよ。


先釣者さんいわく釣れていないとか。


潮のタイミングが悪かったな…。


それでも4連(おぱいスッテ×3、エギ×1)をスロゥリィでしゃくる。


びよよよ〜〜ん


おや?


181110-02.jpg
 

ははは釣れた。


今季初ヒイカ。


夕方の6:00ぐらいから9:00ぐらいまでかな。



181110-03.jpg
 

合計4杯。


今年は湧きがいいと聞いたんだが、サゲではだめだよね。



ちょっと仕事がたてこんでいるので体力の余力がない。

また来よう。


181110-04.jpg


釣れたヒイカは丸焼きにして、ワタごと、スミごと頂いた。



次はツ抜けしたい。



 おしまい
[ 2018/11/15 15:06 ] 釣り イカ・タコ類 | TB(0) | CM(2)