前後タイヤ・チューブ交換

 




久しぶりのカテ〈ちゃり(MTB)〉の記事。



…と言ってもMTBではない。



180521-01.jpg
 

ぽちっと注文した前後両輪のタイヤとチューブ。


安いね。


前後タイヤチューブセットで2000円ちょい。




180521-02.jpg
 

まずはひっくり返す。


そう、今回はママチャリ。

お姉のチャリだ。



仕事が少し立て込み、ここ2週土日も仕事だったので、パンクしたままだいぶ放置していた。



180521-03.jpg
 

まずは後輪から。


スポーツバイクならクイックで一発ぽんで外れちゃうが、ママチャリはそうはいかない。


ボルトを外して、スタンドやら荷台(?)やら、ワイヤー式のブレーキやらを外してようやくホイールセットが外れる。



180521-04.jpg
 

タイヤは瞬殺で外れる。カンタン。


あちい。

いつの間にかもう夏かよ?ってくらい暑い。


そして蚊が寄ってくる。



180521-11.jpg
 

あーこちゃ酷い。


メッシュが見えちまってるね。


こうなる前に換えなイカンよ。


180521-05.jpg
 

リムテープも劣化しているかもしれないから交換しよう。



180521-06.jpg
 

新しいタイヤ&チューブも難なく入った。


タイヤは見た感じ…安っぽいけど、性能が求められているわけではないので良いだろう。


ん??



180521-07.jpg
 

欠けてるな。


こんなもの意味がないから取ってしまえ。




180521-08.jpg
 

ペンチで割ってバリバリ剥がす。


あースッキリした。


しかしスプロケ錆び錆びだな。


180521-09.jpg
 

前輪。


左側(ライダーから見て)はダイナモの配線やワッシャー類の配置に気をつけて。


特に一番内側のギザギザワッシャーの位置はあとでわからなくなっちゃうからこういう風に写真撮っておいてね。

(ホイール外した後ポロッとどっからともなく出現するから)


180521-10.jpg
 

前輪は後輪より比較的カンタンに外せる。


ささっとタイヤ&チューブを換えて、ささっとフォークに戻す。


あ、そうそう



180521-12.jpg
 

このギザギザ、フォークより内側(ハブ側)だからね。


おれ忘れるとこだった。

下に落ちてて「何だこのギザギザ」ってググってわかった。


180521-13.jpg


はい完成。


ついでにブレーキやらを調整し、チェーンやメカ部分に注油しておく。


ほんとだったらハブのグリス交換なんかもやったほうがいいんだけどね。



こういうの、楽しい作業だな。


もっと楽しいことをしなくちゃな。


おしまい。
[ 2018/05/22 10:11 ] ちゃり(MTB) | TB(0) | CM(0)

ぷらっと外房へ

 

GW終盤の5月5日こどもの日。


HANZO家の愛車「セレナ号」が6月の車検をもってサヨナラとなりそうなので、最後のドライブになるかもと思いかみさんとふたりでドライブへ行ってきた。


片道100km。


目指すは外房勝浦。



朝9:30出発。


下道で相変わらずかったるい市川八幡船橋千葉をのろのろ通過し、いつも行く道とは違う道で田舎道に入る。

初めて通る道だが、信号がなくて、長閑でとても気持ちのいい道。

この道ならゆっくり走ってられる(いつもの道だと飛ばっしゃう)。


のろのろと時間を掛けて勝浦到着。


丁度お昼時なので、どの店も車が並んでいた。


はたして目的の店はどうか。


げ!

店外まで並んでる。


裏の駐車場へ止める。


どうやら先客で学校関係の団体さんがいたようだ。

こちらふたりなので先に席に案内された。

なんか申し訳ないが。



目的の店とは、


180505-01.jpg
 

勝浦タンタンメンの『しんでん』。



ここのお店は勝浦方面へ行くときは必ず寄る。


「勝浦タンタン麺(メニューだとメンが漢字の麺)」800円。

半ライス100円もつけて。



お店に入った時に感じたが、いつもの女将さんと違う?

なぜか新顔の親父さんもいる。



味も変わった。

相変わらず美味しいが辛さがマイルドに?

以前より胡麻が効いている感じ?



いつもはむせながら大汗かいて食べるんだけど、この日は汗かかずにぺろっと食べちゃった。


思えば新メニューで「大辛」っていうのが出来てたから、

通常品を少しマイルドにして、以前のは「大辛」になったのかな?

今度試してみよ。



食べた後は8分移動。



180505-02.jpg
 

きれいな空ときれいなビーチ。


勝浦あたりの某ビーチ。


ちょっとだけ釣りをしようとアオイソメを20gだけ買った。



180505-03.jpg
 

だが、右を見るとド干潮。


暑いくらいで天気もいいので皆磯遊びしてるね。



180505-04.jpg
 

風が強くて閉口だが、少しだけやってみる。









しーん。



まあド干潮でこの風だからね。


フグっぽいあたりが1回あっただけ。


撤収。



180505-05.jpg
 

にゃっきーさんが風裏のポイントを教えてくれたので来てみた。


ここもキレイだね。


確かに風の影響は少ない。


だけど…。


180505-06.jpg


1時間くらいしかできないのに駐車料金500円は出せないな。

潮のタイミングも悪いしね。




というわけでこの日は諦めて撤収。


行きに通った長閑なトトロの里のような道を通ってのんびり帰る。



セレナ号。

まだまだ元気に走るな。

ラジエターとか交換したばかりだもんな。



だけど…

あまり使わないのに車検と税金と毎月の駐車代15,000円はどうも出せないな。

来年のこと(子供ふたりの進学)を考えると。

誰かこの車、シェアで使ってくれないかな。

そうすれば活かせておけるんだけどな。




ちょっと淋しいでやんの。



おしまい。
[ 2018/05/09 11:06 ] おでかけ | TB(0) | CM(0)

第30回 かしわ記念(Jpn1)

 

我が家のGWといったらコレ。




180502-01.jpg
 

かしわ記念(Jpn1)。


毎年GWどこへもでかけなくともこの日船橋競馬場にだけは繰り出す。


ちなみに、昨年一昨年

読み返すといずれも負け。



ところで、『かしわ記念』てのは、だいたい毎年5月5日のこどもの日の開催なんだけど、土日と重なるとJRAに譲って他の日の開催になるんだよね。

でもGW中だから振替になっても他の休日に割り振られることが多いんだけど、

今年はなぜか5月2日

は?

全然平日開催なんですけど?


意味がわからない。


平日だけど、どうしても行きたかったので、仕事を調整して夕方から繰り出した。

幸い平日開催なのでデイではなくナイトレース。


180502-02.jpg
 

平日開催なので、例年なら50人以上の行列が出来る『もつ焼き田久保』もこの通りすぐ買える。


そこはありがたい。



180502-03.jpg
 

焼き場すぐヨコのカウンターでもぐもぐ。


サッポロビール千葉工場直送の生ビールをゴキュゴキュ。


焼いている兄さんの顔が見れるので女房いわく「ビューポイント」らしい(確かにカッコイイもんね)。



180502-04.jpg
 

アンカツさんと鈴木淑子さんがいらしてた。




180502-05.jpg
 

カツマルくん(川崎競馬マスコット)とチーバくんとじゃれ合えた。




180502-06.jpg
 

そしていよいよ『かしわ記念』のパドック。


残念ながら小雨がぱらつく。



80502-08.png


(4)モーニン(和田竜二)、(11)インカンテーション(三浦皇成)、(12)ノンコノユメ(内田博幸)

の3頭を三連単ボックスで。


180502-09.png


ルメールのゴールドドリームも怪しかったので馬複で、


ここまででだいぶ軍資金がしょぼくなったので、金額もしょぼい。



結果は…

三連単3着4着6着…。

馬複1着3着、3着4着…。


ちーん。



だけど最終12Rで取り返し、なんとかプラスに♪


180502-07.jpg


帰りに自宅近所のラーメン屋でとんこつラーメン。



くやしいな〜。


来年こそは。



おしまい
[ 2018/05/07 09:30 ] お馬さん(競馬) | TB(0) | CM(0)

ブログ開設10周年

 


お陰様を持ちまして平成30年4月23日、当ブログを開設して10年になりました。


祝!10周年!

本当に有難うございます。




10年前。

記念すべき最初の記事は

今でもよく行くニコニコ喜久乃家さんのランチ記事(こちら



チャリいじり記事(こちら


ブログタイトル通りチャリとメシの記事から始まったのですが、本当は「立ち食いそば」のブログを始めようと思ってたんです。

でもすでに素晴らしい立ち食いそばのブログが存在していて(今もその方をTwitterでフォローしてます)、それは諦めて大好きな“ちゃり”(MTB)と“めし”のブログにしようと始めたのです。

途中から“釣り”、“酒”、“競馬”のブログになってしまってますが。


自宅で仕事をしていて外部との接触が少ないHANZOは、ブログやSNSが外部と繋がれる大切なツールです。


もっと色んな記事を書きたいとは思っているんですが、なかなかそうもいかなく。


仕事はあることはあるのですが、以前のように次から次というわけにもいかず、悩ましいところです。

とにかく、今ちょっと大変ですね。生きていくのが。



たまの息抜きはしますが、来年は子供ふたり進学だし、今は遊んでられない状況。



ということでブログの方も怠りがちになるかも知れませんが、たまに観に来て下さい。


ではまた。
[ 2018/04/26 10:52 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(10)

博物館めぐり(5)(松戸・戸定邸/戸定歴史館)

 


博物館めぐり第5弾。


←カテに【博物館めぐり】を追加しました。


今日もチャリンコ(クロマグ号)で出動。


江戸川河川敷を走り、橋を渡って千葉県に越境。

とはいえ、すぐお隣の松戸市。



180404-01.jpg
 

まずは当ブログの初記事で登場した「ニコニコ喜久乃家」さんで腹ごしらえ。


けんちん汁(240円)+ライス(220円)

のみしか注文してないけどおかずとお新香がたくさんついてきて

これだけでも充分なんだけど申し訳ないから相方が焼肉ライスを頼んどります。



ちょいちょいお昼を食べる目的だけでここに来るんだよね。

癒やされるし、まあとにかく美味いのひとこと。



お腹いっぱいなのでここから歩いて目的地へ向かう。



180404-02.jpg
 

入り口。


戸定邸/戸定歴史館


戸定邸というのは水戸藩最後の藩主・徳川昭武が建てたお屋敷で、江戸時代〜明治の頃の立派な建築物がほぼ完全なる形で残されている貴重な歴史財産のこと。


徳川昭武は最後の将軍・徳川慶喜公の実弟でもあります。

くわしくは上のリンクをクリックしてください。


180404-03.jpg
 

一応受付で撮影の許可を頂いたが、資料館の内部などは遠慮した。


これはお庭の門。


残念ながら立派な庭園は、芝の養生および整備中で入れなかった。




180404-04.jpg
 

庭園の外にも立派なシダレザクラが咲き誇り、キレイに整備されていてかなり立派な庭園となっている。



さて戸定邸の建物内部へ。



180404-05.jpg
 

ここはいわゆる大書院になるのかな。


正式な対面の場。


身分によって通される部屋も違うのだと思う。



180404-06.jpg
 

ここは一つ奥の書院。


なんとなく親しい人が通されるような部屋に思えた。



屋敷内は迷路のように広く、時に「このスペースは何の意味が?」というような一見無用に見える小部屋がそこかしこに。

忍者でもしのんでいたのか。



180404-07.jpg
 

重厚な石の扉の蔵。


中には葵の御紋章の長持ちが鎮座ましましている。



180404-08.jpg
 

場所によっては現代のツルッとしたガラスでなく、うねりのあるガラスがつかわれている箇所も。


当時のガラスなのかな?



180404-09.jpg
 

明り取りの窓(?)も素敵だ。


屋敷は大きく分けて、正式な対面の為の書院、プライベートな空間の奥座敷、さらに離れがあり、執事や女中の為のブロックとに分けられている。


家主一族(徳川氏)とスタッフは完全に生活が分けられている(当たり前か)。


トイレはそこかしこにあった。



180404-11.jpg
 

博物館めぐりなので戸定歴史館も拝見。


両方観ると共通券240円。



内容としては屋敷の歴史や遺品などの展示。




180404-12.jpg
 

敷地をぐるりと一周したが、高台の上に建てられていて、場所によっては上の画像のように崖となっていて、武家の屋敷に相応しく天然の要害となっている。


いざとなったらここに篭って一戦交えるんだろうね。


歴史館の展示はすこし寂しいが、屋敷は一見の価値あり。


なんてったって今上天皇皇后両陛下がお見えになってるんだから。



180404-13.jpg


帰り道。


堤防の拡幅工事を終えた東金町あたり。


これってさ……

この拡幅されなかった箇所が決壊したらさ……

他を拡幅した意味がないんじゃない?



堤防ってのはさ……

一箇所でも破れたらおしまいでしょ?



もちょっとさ……

考えられないもんかね。




おしまい。
[ 2018/04/10 09:18 ] 博物館めぐり | TB(0) | CM(0)