(完)FOES号⇔CHROMAG号 フレームスワップ日記完成編

170806-7.jpg

  

『FOES号』『CHROMAG STYLUS』フレームスワップ(交換)日記のつづき。


今回は第5段、最終回。


 
完成間近だが、前回の後輪のクイック? スルーアクスル?

その取り付け方がよくわからない。

ネットで検索したりして数日費やした。


だが、検索にはヒットしないので、色んな方向から構造を考えて、結局強く締めていきゃいいんだなと解釈。


キッチンペーパーで養生して、モンキー(スパナのサイズがなかった)で締めていく。

結構抵抗があったけど、ねじ山にグリスを塗って締めていく。



どうにかリヤホイールもセット完了。



170804-10.jpg
 

完成!!



白のパーツは配色的にどうかと思っていたが、なんとかいい感じになってるんじゃない?




170804-11.jpg
 

フロントビュー。



もともとの『FOES号』が生粋のDHバイクなだけあって、タイヤは2.4の極太タイヤ。


ホイールも頑丈そうな重いヤツ(リムはatomlab)だし、全体の総重量もクロカンのSalsa号と比較したら超重い。


高級なチャリ=軽量

と思っていたが、頑丈さを追求するパターンもあるんだねえ。



170804-12.jpg
 

リヤビュー。


懸案だったフロントの変速もなんとか出来ている状態。


コンポ類は良いパーツをおごってあるので調整がすごく楽だった。


こんなにすんなり調整できるとは正直おもってなかったな〜。




170804-13.jpg


あ、そうそう。


最後にチェーンステーに古チューブを巻いて養生。


これで本当に『CHROMAG STYLUS』完成!!


早速試走してみたいが、あいにく雨がつづき数日待ち。



170804-14.jpg


試走。

近所のダートコースを走る。


暑いけど走る。




おおお!

素晴らしい!



170804-15.jpg


サルサ号と乗り比べてみた。


同じマウンテンバイクとは思えない程まったく別の乗り味。


クロカン向きのサルサ号は、軽くてギヤが大きい分スイスイ登り、取り回しがクイック&レスポンシブだけど、やや硬い乗り味。

一方下り向けの『CHROMAG STYLUS』は、重いけど安定感抜群で、どこまでも滑らかに走り続けていくような柔らかな乗り味。

正直DHバイク(下り向けバイク)でこれほど楽にサイクリングできると思っていなかった。


ちなみにフレームのマテリアルは、サルサ号が軽量だが硬いスカンヂウムなのに対して、『CHROMAG STYLUS』は重いが靭やかなクロモリ。

つまり『CHROMAG STYLUS』は鉄なのだ。


乗車姿勢も、やや前傾でペダル幅・ハンドル幅ともに狭いサルサ号にくらべ、やや後ろ寄りに座り、ペダル幅もハンドル幅も広いのでドッシリ感のある『CHROMAG STYLUS』

試しに江戸川土手の段差のある急な斜面をスピードを出して下ってみたが、抜群の安定感だった。

乗車姿勢にプラスして、Fサスのトラベル量の違いとフレームのしなやかさの違いかな。


ブレーキ性能は『CHROMAG STYLUS』の方が数段上。
さすがはMAGURA。
繊細なブレーキコントロールも急制動も人差し指1本でまかなえる。


何と言っても不思議なのが、直線でぐんぐん進んでいく感じ。

これがクロモリの良さなのかな〜。



これは富士見やふじてんで走ったら最高だぞ。

楽しみ♪


おら、わくわくすっぞ。


というわけで、これにて『FOES号』『CHROMAG STYLUS』フレームスワップは完了〜〜〜。



おしまい。
[ 2017/08/14 09:11 ] ちゃり(MTB) | TB(0) | CM(0)

(4)FOES号⇔CHROMAG号 フレームスワップ日記その4 組み立て編

170806-4.jpg

  

『FOES号』『CHROMAG STYLUS』フレームスワップ(交換)日記のつづき。


今回は第4段、組み立てをやっていきたい。


 
その2“コンポ編”で、シフトワイヤーのアウターが総取り替えになるため急遽取り寄せることに。

その3“Fサス編”では、コラムスペーサー取り寄せることになり、

パーツ待ち状態になっていた。



170804-01.jpg
 

そのパーツが届いた。


安物だが仕方ない。


170804-02.jpg
 

『CHROMAG STYLUS』はリヤディレイラーからトップチューブ下までがアウターになる。

その寸法をざっくり測ってじょきんとカットする。


本当は「ワイヤーカッター」で切断するのだが、持っていなかったのでニッパーで。

あとで検索したらそれほど高価なツールではないので、買ってしまってもよかったかもね。

ニッパーじゃ切りづらい。



170804-03.jpg
 

切った断面は棒ヤスリでスリスリし、なかのチューブを尖った工具で拡げといてやる。



170804-04.jpg
 

リヤディレイラーのアウターをセット。


バッシュガードやホイールのリム、ペダル、ステムのブルーに合わせて、アウターもブルーに。


170804-05.jpg
 

ワイヤー類の取り回し。


コラムスペーサーは、あとでポジション出しをするまでは仮配置。

現状は、ステムの下にひとつ、上にふたつ。



170804-06.jpg
 

アジャスタブルシートポストも意外に簡単にセットできた。


手元でサドルの上げ下げの操作ができるので、これもワイヤーをハンドルまで取り回す。


170804-07.jpg
 

リモートレバーはハンドル左側に。


右側はリヤの変速操作で忙しいからね。


何かの時に手をぶつけると痛そうなので、前側に突き出た感じでセットした。



170804-08.jpg
 

シートポストの操作も加わったので、ワイヤー類は4本。

最初からフレームに4本のガイドがあるということは、アジャスタブルが前提なのかな。



さあ、ここまで来たら、ホイールを装着して完了。


…のはずなんだけど。


170804-09.jpg
 

リヤのクイックの締め方がわからない。


『FOES号』から外した時は普通のクイックかと思ってたんだけど、クイックより軸が太いね。

スルーアクスルならクルクル回して締め込んでいけばいいんだろうけど、これはちょっと違うみたい。



ネットで検索してもヒットしない。


というわけで、今回はここまで。



つづく。

[ 2017/08/10 12:14 ] ちゃり(MTB) | TB(0) | CM(0)

(3)FOES号⇔CHROMAG号 フレームスワップ日記その3 Fサス編

170806-3.jpg

  

『FOES号』『CHROMAG STYLUS』フレームスワップ(交換)日記のつづき。


 

今回はFサス(フロントサスペンションフォーク)。



170725-07.jpg
 

Fサス(フォーク)はヘッドパーツのトップキャップとステムを外せばスルッと抜ける。


移植する方の新しいフレーム側に旧フレームと同じヘッドパーツが付いているならば、このまま逆の手順でつければ移植完了だ。


新しいフレーム側にヘッドパーツが付いていなければ、ヘッドパーツも移植しなければならない。


今回は新しいフレーム『CHROMAG STYLUS』にはヘッドパーツが付いている。

しかも旧フレームと同じメーカーの“クリキン(CHRIS KING)”社製のヘッドパーツがついてる。



でも、簡単差替え移植は不可能。

なぜ、簡単差替え移植できないかって?


170717-17.jpg
 

それはこのヘッドチューブの形状。


上(天)側の径と下(地)側の径が違う。

下(地)側の径の方が太いのだ。

近頃流行りのようだ。


本来なら中に入るFサスのコラムも

170731-13.jpg
※画像は拝借

右の様にテーパー状のものを使い、剛性を高めるのだそうだ。


ちなみに左のがそもそも『FOES号』についていたFサスと同規格のコラム径。

『FOES号』のヘッド&Fサスも剛性を高めるために太くなったオーバーサイズ(1-1/8)と呼ばれる規格であったのに、さらなる剛性を求めてまた規格を変えてきたのか…。



テーパーコラムのFサスを新調すりゃいいんだろうけど、新品で買えば10万以上する。

そんなの無理!



ってことで裏ワザ。

異径ヘッドに「これはテーパーコラムだよ♪」って騙して入れてしまう。


170731-14.jpg


このパーツ、つまり「下玉押し」を太径ヘッド用のものに変えてやればいいのだ。


この答えにたどり着くのに2週間かかった。


170725-09.jpg
 

Fサス(フォーク)に付いていたクリキンの「下玉押し」を外す。


以前GT号でやった作業だが今回はわりかし簡単に外れた。


専用のツールを使えば外した「下玉押し」は再利用可能だが、そんなものは持ってないので力技で外した下玉押しはこれにて引退だ。


170725-10.jpg
 

そしてこれが異径ヘッドを「おいらテーパーコラムだよ」って騙すための「下玉押し」。


国内ではあまり出回っていないようだ。

海外のサイトを色々ぐぐってここにたどり着いた。


ちなみに英語では「デヴォリューション(DEVOLUTION)」と呼ぶらしい。


DEVOLUTIONをネットで翻訳すると

権限委譲

だそうだ。



ネットでこの「権限委譲下玉押し(Devolution Baseplate)」をぽち。

これだけでもオーバー3千円。

さすがクリキン。



早速「権限委譲下玉押し」をインストールしよう。

「THIS SIDE DOWN」って書いてあるからにゃ、その面が下(地)側になるはず。


だが、実際ヘッドチューブに圧入された下ワン(ベアリングが圧入された下側ヘッドパーツ)に、この「権限委譲下玉押し」を押し付けてベアリングの回り具合を調べると、どうも天地逆に付けた方がしっくりくるんだな〜。

悩んでネットでググっても国内にはそのことに触れるサイトは一切なし!

英語のサイトを辿って辿って答えは出ず1週間。


結局「THIS SIDE DOWN」を信じてその通りに組むことに。



170725-11.jpg


組むと言っても、この「権限委譲下玉押し」をコラムにセットし、塩ビ管を通してハンマーで叩いて圧入するだけ。

※本当は塩ビ管じゃなくて「クラウンレースインストール」というツールを使う。


これで異径ヘッドに対応したので、あとは抜いたのと逆の手順で新フレーム『CHROMAG STYLUS』に入れてやるだけ。



しかし、『FOES号』より『CHROMAG STYLUS』の方がヘッドチューブが短いらしく、コラムが突き出てしまう。

通常こういう場合、コラムをカットするか、スペーサーを入れてやるかのどちらか。

切ったら戻せないので後者の方を採用することに。


というわけでコラムスペーサーが必要になり、ここでもまたパーツ取り寄せで保留。


つづく。
[ 2017/08/06 14:34 ] ちゃり(MTB) | TB(0) | CM(0)

(2)FOES号⇔CHROMAG号 フレームスワップ日記その2 コンポ編1

170806-2.jpg


  

『FOES号』『CHROMAG STYLUS』フレームスワップ(交換)日記のつづき。


今回は第2段、コンポの移植をやっていきたい。


コンポとは

自転車におけるコンポーネントは、自転車を構成する複数の部品をひとまとまりで扱うための呼称である。略してコンポとも呼ばれる。日本のシマノが最初に用い、シマノ製コンポーネントが広く使われるに従い一般呼称として広まった。シマノでは自転車部品全てを指してコンポーネントと呼ぶことがあるが、一般には、フレーム、フォーク、ホイール(車輪)、タイヤ、サドル、ハンドルは含まれない。英語圏ではカンパニョーロが自社製品につけた英語呼称「グループセット (Groupset) 」が(たとえシマノ製であっても)一般用語として用いられることが多く、Groupやイタリア語のGruppoも日本語でのコンポ相当で英語圏で広く使われる。

Wikipediaより抜粋



つまり、ブレーキ一式、変速装置一式、クランク一式あたりのことね。



170731-05.jpg
 

さて、まずはブレーキキャリパーを外そうかと…



かったい。

ボルトが超固い。


なんとか頑張って外したらピンク色のカスがポロポロ。


ロックタイトかなんかで固定してたのかな。

思えばコロコロよく変わるMTBの世界規格の中でもブレーキに関しては今のところポストマウント一強なので、この台座部分は固着させてフレームに残すのが正解なのかな。

でも台座もMAGURAだもん。これも移植したいぜ。

今回は力技で外してしまったが、良い子のみんなはネジ山を舐めてしまう恐れがあるので真似しないでね。



今回は新旧フレーム長が同じくらいなのでブレーキの移植は楽そうだ。

フレーム長が違うと、ホースを新調しなければならない。

そうなると中のオイルも交換となり、かなり面倒な作業になるのだ。

今回はオイルラインはそのままで、そっくりまるごと移植できそう。



170731-06.jpg
 

なんとか外れたブレーキ一式。


このブレーキはMAGURAのルイーズ?

レバーがカーボンだからルイーズカーボンかな?


だとすると新品で買うと一式で5万以上するはず。

よいパーツをおごったものだ。




さて次は変速機関連。


170731-02.jpg
 

まずはチェーンを切る。


ちゃり用語では「切る」というが、別にぶった切るわけではなくて、ピンを抜いてバラすことをいう。



170731-04.jpg
 

外したチェーンはばっちいので、使用済みの料理用キャノーラ油に漬け込んでおく。

あとでモミモミして汚れを出してやるのだ。



できればチェーンぐらいは新調したいが、そうやってるとあちこち無尽蔵にお金がかかってくるので、使えるものは使う方針で行く。



170731-07.jpg
 

リアディレイラー。


つまり後輪についているギヤ(スプロケ)の変速装置。



SHIMANOの「DEORE XT」。


SHIMANOのMTBのコンポのグレードは

XTR
DEORE XT
SAINT
SLX
ZEE
DEORE
ALIVIO 9スピード
ACERA 9スピード
ALTUS M2000
ACERA ALTUS 8スピード
TOURNEY TX
TOURNEY TZ

※上からグレードの高い順(2017年現在)

とあって「DEORE XT」はハイエンドの「XTR」に次ぐグレード。




170731-03.jpg
 

むむっ。

よく見るとディレイラーハンガー(変速装置をぶら下げる部位)が錆びて割れている。


というより止めているリベットのようなものが鉄製で、そこが錆びて周りを侵食したのかな?


山の崖っぷちをで猛スピードで下っていて、ここが折れて外れたディレイラーが後輪に絡まってロックして…

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


考えるだけで恐ろしい。



そういえば、王滝100km完走後のまさぴー氏33rpmのディレイラーハンガーも外れかけてた。

ここは普段からマメにチェックしたいところだ。



170731-08.jpg
 

ひとまず外せるものはすべてはずした。




170731-09.jpg
 

ご苦労様でした『FOES号』くん。


あなたがオブジェになっても、あなたについているSalsa社製シートクランプとクリキン社製ヘッドセットはきっとなにかの役に立つと思うよ。




さて、外したパーツを『CHROMAG STYLUS』に移植していこう。


170731-10.jpg
 

フロントディレイラー。


フロント(前側)の変速機。

つまりクランクについているギヤ(チェーンリング)の変速装置。


ここも「DEORE XT」だね。



どういうわけかこれ以上下げるとチェーンステーに当たってしまうので、ここまでしか下げられない(チェーンリングに近づけられない)。


ネットで画像検索してもこの『CHROMAG STYLUS』は皆フロントシングル(変速なしの一枚ギヤ)。

え〜〜このバイクは前一枚のみ??



CHROMAGのオフィシャルサイトを見ても、シートチューブ径の記載はあるが、アッセン例を見てもフロントはシングルなんだな。


ま、変速は出来なくともひとまずこのままつけるしかない。



170731-11.jpg
 

それにしてもチェーンステーの形状が面白い。


アシンメトリー(左右非対称:エイシメトリ)になってるんだな。


これは……なんでだろ?


ガセット? チェーン噛み防止??


170731-12.jpg


とまあ、ひとまず仮組み一歩手前段階。


実は、シフトワイヤー(変速機のワイヤ)の取り回しが『FOES号』と違うので、急遽部品を取り寄せ。


ということで、今回はここまで。




つづく。
[ 2017/08/01 15:38 ] ちゃり(MTB) | TB(0) | CM(0)

(1)FOES号⇔CHROMAG号 フレームスワップ日記その1 クランク編

170806-1.jpg

  

さて、『FOES(フォーズ)号』『CHROMAG STYLUS』フレームスワップ(交換)日記。


前回予告編を書いたがいよいよ始動。



移植するパーツは以下の予定。

Fサス、下玉押し、F/Rディレイラー&シフトレバー一式、F/Rブレーキホース&レバー一式、ステム、ハンドル、クランク一式。



逆に移植せず、フレームについてきたパーツをそのまま流用するのは以下の予定。

ヘッドセット(下玉押し以外)、シートクランプ、シートポスト、BB(ボトムブラケット)、



まずはクランク一式から移植。



170725-01.jpg
 

まずはここのボルトを緩めていく。


ただ、サルサ号と少し違う。

サルサ号のトルヴァティヴのSTYLOはただ、ただ緩める/締めるだけだったが、このクランクは3回転くらい緩めると固くなる。

そのまま緩め続けていいのか悩み、ググッてわかった。

そのまま緩め続ければいいのだ。



170725-03.jpg
 

両側外れた…。


サルサ号のはチェーンリング側には軸があるんだが…。



170725-02.jpg
 

あれ?

サルサのやつと違うねえ。

これは軸が残るんだね。



170725-04.jpg
 

これはそのまま移植せずに使うはずだったSTYLUSのBB(ボトムブラケット)。


ふむ、見た目はサルサ号のBBと同じだ。


なんか違うね。


170725-05.jpg
 

比較してみる。


やっぱりなんか違う。

ってことで、BBもそっくりスワップしてしまった。



※問題です。
 上の画像、何かが間違っています。
 さて、どこでしょう?


170725-06.jpg
 

こんな感じなった。


だいぶクランクが外側に出る感じだけど、全部組んでチェーンとFディレイラーつけて見ないとわからないな。




あ、そうそう、先ほどの問題の正解は、


170725-12.jpg


スペーサーが両側に付いているが、正しくはチェーンリング側1枚が正解でした。



もともと『FOES(フォーズ)号』には両側についていたんだけど、

『FOES(フォーズ)号』はBBシェル幅68mm。

STYLUSはBBシェル幅が73mmなんだね。

なので、スペーサーはチェーンリング側1枚のみ。



だけど、68mmってチェーンリング側2枚の左1枚の計3枚のはずだよね?

もともと1枚少なくね??



さて、今回はここまで。


ちょっと不足のパーツが出てきたので、ネットでポチってパーツ待ち。



つづく。
[ 2017/07/27 09:56 ] ちゃり(MTB) | TB(0) | CM(0)