セレナ号ラスト(じゃなかった)ドライブ 〜キス釣りも兼ねて〜

 


我が家の愛車セレナ号。


6月の車検で13年になる。



暮れにラジエターAssy交換(こちら)したばかりなのだが、今回の車検は通さず廃車とすることに決定した。


実に実に実に悲しいが、諸事情があって(色々物入りで)やむを得ないのだ。


6月20日に引き渡し予定なので、最後の週末になる。


セレナ号で最後のドライブに出かけてえ。


だがGW明けて以来3週連続土日も仕事で、この週末も仕事がたくさん。


土曜日はとにかく仕事をもくもくとやる。(競馬もやる)

日曜日は午前中もくもくと仕事をやる。(競馬はやらない)

そして、

日曜日の午後、矢も盾もたまらずセレナ号に飛び乗り、イグニションをひねった。

4気筒DOHC(たしか)に火が入る。

エンジンはいつだって最高だ。

京葉道路をアクセル全開!

コーナ手前でトウアンドヒール! シフトダウン!

サイドブレーキをちょいとひいてきっかけを作り、そこからアクセルワークでテールスライドだ。

(フィクションです)



180617-01.jpg
 

ってことで海までドライブした。


実は当日早朝3:30に起きたので、半分は弟に運転を頼んだ。


良い天気。


潮は干潮でここの海は浅い。

夕方まで様子見でちょい投げ開始。


仕掛けは自作2本針。

いつものDAIWAのアームシンカー全遊動。

針はキステック6号。(ハリスホンテロン1号)


ぴゅっと浅い海へめがけキャスト。

ゆうっくりデッドスローでさびく。


ゴツ(アタリ)

アワせる。


(……この下品なアタリは……)



180617-02.jpg
 

ぐーふー。


グゥグゥ(文句を言っている)


次もフグ。

次もフグ。

毎投フグ。


針がどんどん減る。

ゴツっというアタリを感じたらアワセず早巻きで対処。



こりゃ潮がちょっと上げてくるまで駄目だな。



ちょっと偵察に歩く。



のべ竿の若いご夫婦が足元で何やら色々釣っている。

実に楽しそうだ♪


さっそく真似をしてみる。



180617-03.jpg
 

メバル♪


※これは小さいのでリリース。



180617-04.jpg
 

またメバル♪


これも小さいけどひとまずキープ。



180617-05.jpg
 

そしてミドリの刺し身でお馴染みのアナハゼ。

※リリース



!!

俺キスを釣りに来たんだった。

気づけばぼちぼち潮が動き始めている。


チョイ投げ再開。


ぴゅっと投げ。

ゆっくり巻く。

フグがやだから最初よりだいぶ早めのスローで巻く。


コココーン!(お!このアタリは!!)

ぐっとアワせる。

(感度優先全遊動仕掛けなのでアワせないとかからない)



180617-06.jpg
 

小さいけどやっとシロギスが釣れた♪



ぴゅっと投げ

ゆっくりさびく


ブルルン!(いいアタリ!)

さっとアワせる。

乗った。



180617-07.jpg
 

ちょっとサイズアップ〜〜。


時合かとも思うんだけど



180617-08.jpg
 

残念ながらタイムアップ。


再びセレナ号でドライブ。


180617-09.jpg
 

京葉道からちょっと横道にそれ


新しく開通した外環に逸れてみた。



180617-10.jpg


これ快適だね〜〜。

350円は無駄だったかも知れないけど、セレナ号がまだいるうちに開通してくれてよかった。


外環に入ったはいいけど、どこで降りてよいかわからず結局松戸まで行ってしまったwww


セレナ号よ。

いよいよお別れのときが近づいてきて、平常心ではいられねえよ。


保管場所があれば、再び乗れる日がくるまで保管するんだけどな。

そんな場所ないしな。



仕方ないのかな。


おいら淋しいでやんの。

[ 2018/06/19 09:36 ] 釣り シロギス | TB(0) | CM(0)

ドスコイ? ピンギス? それともボ…… 内房ちょい投げキス釣り

 


暑いですな。


盛夏ですな。


夏といえばシロギスが釣りたくなるのだが、5月の終わり以来行っていない。(前回のシロギス貧果はこちら


そのあとのウナギ釣りも不発に終わり(こちら)フラストレイションがMAXな今日このごろ。



再度シロギス釣りに行きたいには行きたいのだが、

暑い日が続くのに時折北風がびゅっと吹くと一気に青潮気味になるのがガラスの海湾奥の厳しいところ。

今年も大規模な青潮が発生したようだ。




170709-04.png
 

これは先週半ばの湾奥のデータ。


上の「DO」は溶存酸素量。

下の「クロロフィル」は植物プランクトン量。


7月4日(火)午前から酸素量が減り、午後あたり植物プランクトンが死滅。

まあこれがいわゆる青潮状態。




170709-01.jpg
 

それでも海の状態が良くなる事を期待してコツコツと仕掛けを作る。


おいらのシロギス釣りの仕掛けはライト仕掛け。

いわゆるちょい投げ用。





170709-02.jpg
 

5号の全遊動式シンカーにフロロ8lbのモトスに、「小小」のハリス止をふたつ。





170709-03.jpg
 

そのハリス止に「キステック6号(ハリスホンテロン1号)」をつける。


50mほどしか飛ばないが、軽い仕掛け且つDAIWAのアームシンカーはアームを上に向けて着底するので、海底付近をふわふわ漂うような感じをイメージして作っている。


ちもとには金ビーズをつける。

ビーズについては諸説あるが、周り全体が釣れていない時に違いが出るのではないかと思っている。




170709-05.png
 

6日あたりから南風になり、表層付近の酸素濃度はあがってきている。


ただ低層はまだ無酸素、プランクトンも死滅したままの死の海だ。


しかし、実際この目で見ないとわからない。


ってことで土曜日、我が家から一番近い海へ偵察へ行った。


170709-06.jpg
 

鼠の国の裏の方の海だが、海の色は赤土色。


釣れている時は等間隔で並ぶはずの釣り人もまばら。


数頭投げる。

アタらない。

それでも粘って数投目。


ゴッツンというキスではないアタリ。

ぐぐぐん!

良い引き。

きっとツノのついたあの可愛いやつに違いない。

しかし、ここでは禁忌の大潮の干潮。

露出した敷石に引っかかりバレた。

バレた魚は敷石の隙間でバチャバチャしてる。



撤収。




ライングループにて「ヤチオ」の旦那が内房方面へ繰り出すらしい。

なんでもドスコイが釣れるポイントがあるのだとか…。

ホントかい?



なんてことを「マダイチ」の旦那とごにょごにょ打ち合わせしてるもんだから、思わず

「俺も誘え!」と強引に割り込む。




日曜早朝2:30に起きることに。

日の出は4:30予定だ。

さあ寝よう。





ところが寝れない。

寝れないからYouTubeでゲーム実況なんて見始めたもんだからさらに寝れなくなり

思い切って寝ずに2:30ごろ家を飛び出した。


まあ現地で仮眠すりゃいいや、ぐらいの感じで。



時間が余っているから家からおよそ90kmずっと下道で行った。

死んだ。

遠すぎる。


結局現地に着いたらビリだった。



「ヤチオさん」、「マダイチさん」、そしてマダイチ号に同乗してきた発情期の「のこさん」。


4人で開始。


ところがアタリがない。

あってもフグばかり。


「ヤチオさん」は過去に実績のある場所で粘り続けるが、おいらはウロウロ。


そして


170709-07.jpg
 

この船道のようなところの前に入れさせて頂き、シーバスロッドで例の仕掛けをぴゅっと投げる。


着水と同時にベイルを戻す。

竿先を送って着底を感じる。

着底したらゆっくりさびく。

この日はなぜか激渋なので超デッドスロー(1秒10cmとか)だ。



ゴロゴロ…


石に当たる。


ガツ…


アマモ系の海藻が茂っている。


それでも砂地っぽいところをさびいてやや重くなるところでさらにじわっじわっとスローに。


ここーーん♪(アタリ)

瞬間電撃アワセ!

(全遊動仕掛けなのでアワセないと掛からない)


ぷるぷる♪


小さそうだがキスっぽう手ごたえ。


170709-08.jpg
 

どうにかやっと1尾。


画像の日付で5:30ぐらいだから、開始から1時間も経っている。



ちなみにエサは行きしな24時間釣具店で買ったジャリメだ。



そして2投目。

ぴゅっ!


同じようにさびいてくる。


ここーーん♪

ぷるぷる♪


170709-09.jpg
 

型は小さいがシロギスには変わりない。

色々主義があるだろうが、おいらは釣ったら(小さい魚は)食べる派。


結局そのあとプチ時合でなんとか8尾まではゲットした。

その後またぱったりでフグやサビハゼばかりに。



そして徹夜が災いして睡魔との戦い。

げ、限界だ…。


9:00頃に撤収宣言。


移動して延長線をやるというまだ1尾も釣れていないギョリギョリトリオ(ヤの字、マの字、ノの字)とお別れして帰路についた。


みんなお疲れさん!

ひとりで釣っちゃってゴメンね。

次回は手加減するからさ。また誘ってね。



170709-10.jpg
 

往復180km近く走ってこの釣果だが、渋かったあの釣り場では御の字だろう。


あ、1尾だけメゴチがいるのはヤチオさんがくれたから。



170709-12.jpg
 

頂きもののプレモルとエビス。


有難うございます。


170709-13.jpg
 

我が家の小さい冷蔵庫には入らないので氷で冷やす。

実にインスタ映えする絵づらだ。



170709-11.jpg
 

捌いて塩水に5分漬けて冷蔵庫で半日。

それを軽〜く炙った。


それをもぐもぐしながら


170709-14.jpg


この福祝の純米酒をぎゅーっと♪


30分でカラになった…


寝てないのでそのあとすぐに撃沈…




まあ寝ずの往復180km遠征でも獲物があればOK!

と思ったら…



と思ったら同じ日の「☆浦安釣日記」のこの記事


赤潮の中フツーに釣ってる…


さすがだぜ☆にょの字の旦那…





おしまい


[ 2017/07/12 10:54 ] 釣り シロギス | TB(0) | CM(4)

ちょい投げシロギス釣り

 


いつの間にか春が来て色んな魚が釣れるようになっていた!


だのにおいらはまだ火星人もバルタン星人も釣っていねえ!!!



そして熱い接吻…じゃなくキスも釣れ始めたと言うじゃないか。

春どころかもう夏だ。




ってことで出撃した。

実は14日の話…



170528-06.jpg



“ヤの字”の旦那と“☆にょの字”の旦那とちこっと投げてみたがなんにもアタりゃしねえ。


実は前日から涼しい北風が吹いて例の湾奥特有の水質変化が起きやがったのさ。


2時間ほどだったかな。

ほぼおしゃべりで終わった。





そして先週末。

やはり前日から北風になり涼しい…。

なんで週末になると北風が吹きやがるんでい。




湾奥は絶望的だがアオイソメを買ってしまっていた。

どうしようか思案を巡らせていると

湾奥釣りキチLINEグループにて“のの字”の若旦那がこう呟くのさ


の「内房ON港キス好調也」



ほう


すると“ヤの字”の旦那がすぐにバイト!

そして“マダイチ”の旦那とHANZOも釣られてバイト!



“のの字”の若旦那の90km大遠投におっさん3人はがっつりバイトしたのさ。



で真っ暗な2:30に起きて出撃。

かったるい市川八幡船橋千葉をワープで飛び越し、蘇我からは下道でえっちらほっちら運転嫌い。



170528-01.jpg
 

天気悪いっす。


そして寒いっす。




シーバスロッドに5号のおもり+テンビン、ちょい投げ仕掛け3本針。

ちょい投げ開始。


しかしどこに投げてもアタリがない。


隣の“ヤの字”の旦那はぷーやんの猛攻と格闘しているが、おいらにはぷーやんすら来ない。



すぐに場所を変え、もう片方の突堤の先端付近へ。

こっちの方がやや水深がありそう。



ちょい投げ開始。

ぴゅっと投げる。

30mも飛ばないくらいか?

ゆっくりさびいてくる。

アタリはない。

全然アタらない。

たまにステイしてもフグすらアタらない。

だいぶ手前までさびいてきて

目の前5mくらいのところで


こここーん♪


アタリ♪


だが乗らない。

同じことが二度三度。

足元に居るには居るが乗らないので、針をキス用5号の仕掛けにチェンジ。


ゆるーくふわっと10mほど投げ

さびく。


こここーん♪

ぐんぐんぐん

乗った♪


170528-02.jpg
 

やっと釣れた。


どうやら足元にいたらしい。




170528-03.jpg
 

その後すぐに2尾追加。


これはいいかも。

と思っていたら“マダイチ”の旦那がこっちに移動してきてからアタリがぱったりなくなった。

マダイチ忍法魚避けの術発動!(一匹釣れて良かったね♪)



じつはおっさん三人をまんまと釣り上げた“のの字”の若旦那が一番乗りに来てたりして、そして1尾おいらにくれて去っていった。




170528-04.jpg
 

夏だ。




170528-05.jpg


その後3人で場所を変えたりしたが3尾のままゲームセット。


2人はさらに場所をかえたようだが、きっとその後も釣れなかったに違いない。



帰ってダービーで大惨敗して、焼けメーカーズマークとともにキスはガーリックオイル焼きになって胃の中へ消えていった。

写真は撮り忘れた。


釣果(その後のふたりの釣果を含まず)

“ヤの字”2尾、“マダイチ”1尾、“のの字”1尾、“HANZO”3尾

というわけで、この日の勝者は

キス+おっさん3人を釣り上げた“のの字”の勝利〜〜〜



当ブログ、ノンフィクションでお送りしています。



おしまい
[ 2017/05/30 09:45 ] 釣り シロギス | TB(0) | CM(2)

リベンジのお盆キス釣り

 


昨日(8月13日(土))、貴重なお休みでのキス釣りは不作に終わった。(参照



このままでは終われない。


エサのジャリメも沢山あるし、さらに昨日先行投げ師の方に余ったアオイソメも頂いてしまった。


仕事は山積だが、これは行くしかねえ。

ってことで、午後だけ釣りに行くことに。

今回は「海へ行こう!」と、嫁、娘ふたりも道連れだ。




13:00出動。

目指すは昨日とは対岸にあたる内房。


さいわい高速は空いている。

法定速度内で飛ばして釣り場へ急ぐ。




160814-01.jpg
 

15:30、とうちゃこ。


良いビーチ。

泳ぎたし。



昨日と同じタックル仕掛けで開始。

まあ、つまりシーバスロッドのちょい投げ。


ビュッと投げる。

糸張って着底を感じる。(浅い)

超デッドスローでサビく。

巻……く……

ステイ

巻……く……

ステイ

巻……く……

ステイ


ぶるるるん!

キタ!

ブリンブリン暴れる。


楽しい♪



160814-02.jpg
 

あは♪ 一投目から。


まるまる太ってナイスバディ。



160814-03.jpg
 

やっと20cmを超えた。


ドスコイと呼んでいいのか?


しかし…

あとが続かない。



コンパクトロッドを1本出し、かみさんとお姉にもやらせる。




160814-04.jpg
 

チビがなにかを発見。


なにやら小さいものの群れ。

よく見ると…




160814-05.jpg
 

アオリイカの新子の群れだ。


まだ小さいから警戒心が薄いんだね。




なにやら隣が騒がしい。

かみさんが竿曲げて、お姉が糸を手繰っている。



160814-06.jpg
 

おお、美味しい魚をゲットだな。


舌平目。


実はおいらも釣ったことがない。





160814-07.jpg
 

その後キスは釣れず、デカイメゴチが一匹。


と、

かみさんがまた竿を曲げている。


竿がグングン、グングン。

楽しそうじゃないか。


コンパクトロッドなので抜き上げが困難なので、おいらが糸を手繰って上げる。


魚影を見た時一瞬シマアジかと思ってしまった。

正体はクロサギ。

内房ではたまに釣れるよね。

引きがいいから楽しいやつ。

堤防の上で針から外れ、ビタンビタンとオートリリース。




その後何も釣れず、夕方17:00頃撤収。

帰りにK新港お偵察。

どうやら今年はキスはダメみたいだ。

アジは釣れていた。


高速はまずまず混んでるようなので、下道でえっちら帰る。

千葉の地下道はありがたいがまあ変わらず混んでる。


帰宅は21:00。



翌日。


160814-08.jpg


舌平目といえば

ムニエル。

それしか思い浮かばん。



ってことで、シロギスもメゴチもムニエルに。

シロギスは立派な卵が入っていたので、それもムニエルに。


シロギスのムニエル、有り♪

美味い。



釣果は満足とは言えないが、もう休みは取れない。



余ってるジャリメどうしよう。



おしまい。
[ 2016/08/19 09:53 ] 釣り シロギス | TB(0) | CM(6)

お盆釣行 キスが釣りたかったのだが…

 

お盆休み。


世間じゃそう言うらしい。


だが俺の休みは8/13の土曜日だけだ。




折角の休みだから釣りに行きたい。


え?

お盆に殺生はどうかって?



そもそも我が家のお盆は7月半ばだ。

ずっと毎年そうだ。



今年は我が家から一番近い海でシロギスを釣ってないな〜。

ここんとこ天気もよく、溶存酸素もバッチリだろうな〜。

って湾奥データを見てみると…。




160813-01.png
 

植物プランクトン限りなくゼロ…。


そう言えば昨夜くらいから北風が吹いて夜涼しかったな…〜_〜;。



諦めて家でお馬に勤しむ。

当らない…。



何年か前まずまずキスが釣れた京浜某所へ(その時の記事


かみさんも行きたいというので連れて行く事に。


もうちょっとすんなりな道があったと思うがなんかクネクネと曲がってようやく到着。


早速シーバスロッド、フリームス、PE1.5号(細いのは絡まって嫌いなのでシーバス用に太いの巻いたのだ)

ダイワのアームシンカー(まあ天秤ですな。カタチがお気に入り)

これね



シンカーを誘導にして、その下に自作2本針仕掛け。

ハリス止下にキステック6号(ハリスホンテロン)

まあこんなヤツ(キステックはなかったからアスリートキス)



釣り場は空いている。


ビュッと投げる。

着水と同時に糸ふけ取って、糸張って着底を感じる。

ポトン、フワっ(着底)


超デッドスローでさびく。


ぷるぷる♪

弱いアタリ。

マハゼ(12cmほど)



かみさんにチェンジ。


見てる。


竿先がコンコンコン♪っと。

竿がグングン。

お、これはキスかな?



160813-02.jpg
 

チャリコだった。


かみさんは満足気。


魚は元気だったので逃がす。




160813-03.jpg
 

こっちも青潮があったのかな。


赤錆色の海。



160813-04.jpg
 

結局。


チャリコ逃がしたのに、脈釣りのおじさまが下さった。


木っ端メジナも頂いた。


カシコミカシコミ〜。




160813-05.jpg


釣果…。


ハゼとメゴチ。



ちょっとこれじゃ終われない。



つづく。
[ 2016/08/16 14:07 ] 釣り シロギス | TB(0) | CM(0)