粕漬け 〜山田錦55%特別純米酒粕で〜

 


ピンポ〜〜ン♪


お届け物で〜す。

は〜い。



180121-01.jpg
 

なんか届いた。

それがなんだかはわかっている。

若き杜氏からだ。


180121-02.jpg
 

中身はこれ。


酒粕。

ただの酒粕ではない。

山田錦55%特別純米の粕漬け。



これは極上の粕漬けができそうだ。



180121-03.jpg
 

折角なのでよいお魚を仕入れに。


「せんどば」は釣友イベリコさんのおすすめのお店。




180121-04.jpg
 

ヒラスズキが売ってたりする。


だが1匹売りだ。

このサイズで4kgぐらいだろうか。

だとすると1尾でおよそ1万円か…。



180121-05.jpg
 

HANZOの目的はこれ。

銀だら。


これも1匹売りだった。

1匹で5000円くらいだという。

そんなに要らない。半分でいいんだけど。

と、無理を言ってお願いしてみたら半身にしてくれた。

頭と背骨が無い分お安くなった。



180121-06.jpg
 

さて、粕床を作るぞ。



酒粕(今回は半分の1kg)を細かくちぎってボウルへ。

これに少量の白味噌を加え、酒で伸ばしていくのだが、延ばす酒が安い酒ではせっかくの良い酒粕がもったいない。



180121-07.jpg
 

なので、安い酒だが一応純米酒で伸ばしてやる。


本来ならその酒粕と同じ銘柄の酒ならなおいいはずだ。

だが、我が家の近くでは売ってないんだな。

一緒に送ってもらえばよかった。




180121-08.jpg
 

ここの蔵は米を溶かさずに仕込むらしく、なかなか溶けない。


目安は味噌よりも柔らかく。


少しだけレンチンしてやると柔らかくなるらしいが、せっかくの麹菌が死んでしまうのではないかと案じて、ハンドミキサーで細かくする。

こんなやり方はどこにも載っていなかった。



180121-09.jpg
 

さ、そぎ切りした銀鱈に軽く塩を振り数分置く。

キッチンペーパーで水気を拭きとって、銀だらを酒粕とミルフィール状に挟んでいく。


上の画像のさらに上にも粕床乗せ、全体が粕床に触れるようにしてラップで包む。

銀鱈は半身で8キレだった。

ってことは1キレ250円。お得だ。



180121-10.jpg
 

豚のロース肉も同じように。


これはスーパーの安い輸入肉だが、それがどこまで美味しくなるのか実験を兼ねて。



180121-11.jpg
 

大きめなイカも漬けてみる。

イカワタも一緒に。



そして3日後。



180121-12.jpg
 

銀だら。


良い匂い。



180121-13.jpg
 

豚肉。


同じく良い匂い。



180121-14.jpg
 

銀だらはものすごく脂が乗っていてヤバかった。


撮影する前に皆でわっと食べてしまったので、こんな画像しか…


180121-15.jpg
 

安い輸入豚ロース肉。


以前同じ肉でポークソテーを作ったらパサパサで不評だったのだが、やはり麹の力だろうか、柔らかくなって美味しくなっていた。



180121-16.jpg
 

イカも飛ぶように売れて、撮影するときにはこんな姿に…




180121-17.jpg
 

一緒に漬けたワタと身をホイル焼きにしてみた。


神だ。

お酒が止まらない。




これらは焼く前に酒粕を取るのだが、決してそれは捨てることはない。

何度も何度も使えるのだ。

だから第一弾で取った酒粕でもう一度漬ける。


※重要

漬け物など火を通さず食べるもの用の酒粕と、火を通して食べる肉や魚を漬けた粕床は、それぞれ使い分けてください。




180121-18.jpg
 

第二弾は、生鮭とマダラ。


フィッシュロースターが活躍する。


180121-19.jpg
 

今回、鶏もも肉にも挑戦。


これは鹿児島の鶏肉。


計3枚漬けた。



180121-20.jpg
 

今回は豚ではなく、牛。うしさん。


ローストビーフ用の塊肉。



180121-21.jpg
 

さらに新しい粕床で、大根、カブ、人参。


これも大好評。



180121-22.jpg
 

鶏肉は柔らかくてジューシーで、いい香りでヤバイ。


これはビールゴキュゴキュ。



180121-23.jpg
 

マダラは銀だらとは別の魚と言っていい。


淡白だけどその分酒粕の香りが楽しめる。


180121-24.jpg
 

そして一番好評だったのが鮭。

これは美味かったね。

お酒にもご飯にも合う。



180121-25.jpg


さて、牛。


これだけはあまり好評ではなかった。


なんていうか牛特有の臭みみたいなものが出てきてしまった。

う〜ん。合う合わないがあるんだね。


ただ、チューブにんにくと塩コショウをかけたらペロッと売れた。



さて、まだまだ粕床はあるし、手付かずの酒粕もある。

まだまだ試したい素材もある。



なにか良い素材があったら教えて下さい。



おしまい
[ 2018/01/30 10:56 ] 美味なるもの | TB(0) | CM(0)

台風一過と激辛ラーメン

 



ども!

HANZOです。


勝浦「しんでん」の勝浦タンタンメンが大好きなんですが、なんせ遠いので中々行けない。


でも、辛いラーメンが時々無性に食べたくなるんだよね。


調べた所、亀戸に有名な辛いラーメン屋があるらしい。


ってことでチャリンコで行ってみた。


171023-01.jpg
 

蒙古タンメン中本の北極ラーメン。


北極ラーメンはここ中本では一番辛いラーメンらしい。


うん。

辛いけど全然行ける。


この日は暑い日で、しかもチャリンコでおよそ10km漕いできたので、汗だく。

これはちょっと前の話。



そしてつい先日。

金町駅南口が再開発になり、名店「そばっ子」や「金町餃子」、そしてあの地獄ラーメンでおなじみの「らーめんランド」も移転か閉店になるという。


これは今のうちに行っておかねば…。

ってことで台風が去った翌日の昼にチャリで出動した。


金町までは江戸川土手の上を走る。


土手の上に出てみると…


171023-03.jpg

 

おやおや、平素は河川敷の野球グラウンドになっているとこまで水かさが増している。


え?

よくわからない?

じゃ画像に色を付けるね。



171023-04.jpg
 

オレンジ色に色を付けたところが本来野球のグラウンドの場所。

オレンジで色を付けたから泥水みたいだけど、本来の水の色はその上の画像ね。



171023-07.jpg
 

ああ、河川敷ハウスもやられちゃったね。


住民が片付けしてたから、どうやら命までは持っていかれなかったようだね。



171023-08.jpg
 

本来なら矢切の渡しの船着場の場所も、川の一部とかしてしまっているね。


対岸の松戸のゴルフコースも完全水没だね。


それほど長居をしたわけではなく、あっという間に行ってしまった台風でコレだからね。


かつて数千年に一度の災害のために予算は上げられないと言って仕分けをしたレンホーのフラグを回収する日も遠くないかもしれないね。


あんな奴らにまだ票を入れる輩がまだいるのだから信じられないな。

ソーリ、ソーリ、ソーリ、ソーリの大阪のオッサンも当選したみたいだしな。



今回の選挙は与党を支持したというよりは、野党にだけは政権をとって欲しくない大多数の国民の意思だったのかな。

余談だった。



さて、無事「らーめんランド」到着。

注文したのは…。


171023-02.jpg


地獄ラーメン10丁目。


地獄ラーメンは

1丁目が初級

2丁目が中級

3丁目が上級

5丁目以上が超激辛とメニューには記されている。


10丁目。

いけます。

うまいす。


もう1回いきたいな〜。



あ、そうそう。

またすぐに次の台風が発生して、似たようなルートで接近中だね。

ご用心。

おしまい。
[ 2017/10/25 18:50 ] 美味なるもの | TB(0) | CM(2)

純米吟醸酒粕の粕漬け

160116-02.jpg
 

酒粕。


ただの酒粕と思うなかれ。

福島県仲通りの造り酒屋の「純米吟醸」の絞り粕なのだ。


頂いたの昨年の暮れ。

同じく湾奥でご活躍されているヤングアングラー某氏よりお裾分け頂いた。



絞ったばかりの様でお酒がまだ残っており、袋の端にちょっぴりお酒が溜まる。

香りは純米吟醸のフルーティさそのものだ。


ああ、このまま齧って食べてしまいたい。

のをぐっと我慢して…

酒(それに見合う良酒)で伸ばし、少量の味噌を加えて「粕床」をつくった。




160116-03.jpg
 

そして魚の切り身を買ってきて、

少量の塩でシメたのち、

ミルフィーユ状に粕床と交互に重ねて、

ジップロックに入れて寝かすこと3日間。




160116-04.jpg


奥からサワラ、キンメダイ、マダラ。 

身が黄金色に変化している。



実はこれ三度目の粕漬け。


丁寧に処理してるので全然すっぱいに匂いならない。

フルーティなまま。




160116-05.jpg


魚についた粕は洗ってはならない。

キッチンペーパーでざっと拭くだけだ。



残った粕がいい焼き目をつくり香りが家中に…。

食べてみたら




驚愕!


のひとこと

いやもう一言


美味でござる!




ヤングアングラー様

感謝m(_ _)m

新天地でも一層のご活躍をご祈念いたす。



おしまい
[ 2016/01/28 09:42 ] 美味なるもの | TB(0) | CM(0)

小岩 king kong cafe REPOS

 



皐月賞、迷った挙句、ドゥラメンテ。

堅いとみて単勝1点買いした。


かみさんは三連単組み方違いで逃す。



まあ、それほどの儲けはないがなんか食べにでもいくか。

そういえばお姉の入学のお祝いをしていなかった。

さらにHANZO夫妻の結婚記念日もある。


ってことで家族で食事でも行こうってことに。


友達と遊びに行ってるお姉にLINEで何食べたいか聞くと


「はんばーぐ」


ほーう


ネットサーフィン

案外小岩のあたりにはない。

かつてだったら迷わずガッツグリルだったが無くなってしまった。

あとはステー◯のけん? 却下。

以前お昼に行ったデカ盛りタクト(参照)はちょっと違うし。

金町に洋食屋一件。

八幡には前回行ったメキシコ料理屋さん。


う〜ん。

案外ハンバーグのお店ってない。

かみさんが一言

「ハンバーガーでいんじゃない?」



150418-01.jpg
 

ってことでかつてはよく行った小岩のking kong cafe REPOS(レポ)へ。



392608.jpg

ビルをよじ登るピンクのゴリラが目印のお店(画像はここから拝借)



150418-02.jpg
 

オールデイズな雰囲気がなんとも落ち着く。(写真は3F店内)


この日はマイケル・ジャクソンが流れてた。

マービンゲイの方が合うと思う。


150418-03.jpg
 

19:00まで生ビールが360円(日祝除く)だってことを知らずにコロナ(600円)で乾杯。


おいらはライムを中に落とさない派。



150418-04.jpg
 

コレ美味しい。


フライドオリーブ(だったかな?)

オリーブの中に挽き肉か何かが詰めてあってしょっぱくてビールにもカクテルにも合う!



150418-05.jpg
 

ドライトマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ風(正式な品名は忘失)


味付けが絶妙だねえ。

シェフはセンスがいいと見た。


150418-06.jpg
 

ハワイ料理でお馴染みのガーリックシュリンプ。


いいよ、いいよ。

ビールが進むよ〜(360円を知ってピッチが早くなる)


150418-07.jpg
 

ここでレッド・アイにチェンジ(カクテルも19:00まで360円日曜除く)。


レッド・アイはビールのトマトジュース割りね。

我が家では無塩の野菜ジュースで割ります。



150418-08.jpg
 

ポテナチョって名前だったと思う。


ようするにトルティアチップスの代わりにフレンチフライが敷いてあるナチョスだ。


これは家でも作ろうと心に決めた。


150418-09.jpg
 

地獄のチキンとか悪魔のチキンとかそんな風な名前だったと…


名前の割にそれほど辛くなく甘辛い。

サワークリームをつけて食べるのGood。


見た目的にディアブロ・チキンって名前の方がいいな。


150418-10.jpg
 

Drペッパーと言う名のカクテル。


アマレットとチェリーブランデーとコーラを割ったカクテルだが、味がまさにドクターペッ◯ーwww

甘いからたくさんは飲めない。


写真撮ってないが他にひとくちピザ、ナチョスなどを注文。

結構お腹がいっぱいになった19:00頃子ども達到着。


150418-11.jpg
 

これはチビが頼んだデミ玉バーガー(そんな名前)(確か980円)


味見させてもらったが相変わらず旨しである。



150418-12.jpg
 

こういうひと手間にお店の方の遊び心とおもてなしの心を感じる。




150418-13.jpg
 

お姉はベーコンエッグバーガーだったか?(確か980円)


青戸のエナキッチンが無くなって本格バーガーのお店は近所ではここと金町バーガーのみになった。


本格か本格じゃないかの見分けは、お皿にのってきて紙の袋が別につくかどうか。かな。



150418-14.jpg
 

レモンチェロバック。


ここのカクテルは本格的(※)だから美味しい。

※Barもあるしバーテンダーもいる


150418-15.jpg


ジュークボックスは活きてるのかな?

だとしたら次回はマービンゲイだな。





元祖おしまい。


 
[ 2015/04/22 10:16 ] 美味なるもの | TB(0) | CM(9)

久しぶりの休日(1) 〜餃子パーティ編

 


久しぶりの記事。


膨大な仕事と確定(青色)申告などに忙殺され、さらに、我が家のお姉の卒業や入学の手続きなどでブログを更新する暇がなかった。


アジ釣り以来の久しぶりの休日は餃子パーティ。



土曜日。

同じく忙しいカルヴァドス家にお越しいただき、皆でコネコネ、詰め詰め、焼き焼き、ゴキュゴキュする計画だ。



150321-02.jpg
 

粉は中力粉。


うどん粉が一番というサイトもあったので、上州地粉のうどん粉を使用。



150321-01.jpg
 

およそ1kg(100個分)をふるいにかける。


子供らが一所懸命やってくれた。


これを熱湯に塩少々でこねこねして、およそ100〜120個分ほどにわけて20分寝かせる。



150321-03.jpg
 

餡とパクチー(つまみ)。



餡は白菜1/4、キャベツ1個、ニラ2束、豚ひき肉800g。


まず常温に戻した豚ひき肉をネバリがでるまで練る。(担当:お姉)


白菜、キャベツはフードプロセッサで粗みじんにして塩をして30分。

ふきんでよく絞っておく。(絞り汁はとっておく)(担当:チビ)


よく練った豚ひき肉にラード、砂糖、胡椒、スリ生姜、すりニンニク、紹興酒、醤油の順に入れてこねる。(担当:HANZO)

これを野菜の絞り汁を少しずつ加えてポマード状の柔らかさまで伸ばす(すべてググった通りの説明)


最後に肉と野菜をまぜて餡の完成。



150321-04.jpg
 

寝かした生地を麺棒で薄く円形に伸ばして餡を包む。


ちょっと生地が柔らかかっただろうか。

よく伸びるがちょっと破れやすい。


なので全体に厚めになった。



150321-05.jpg
 

子ども達が詰め詰めしてくれている間に大人たちは( ^_^)/□☆□\(^-^ )


カルヴァドス家が持ってきてくれた極太本格ソーセージとチキンシーザーサラダでビールをゴッキュゴキュしとく。




150321-06.jpg
 

お酒を2本も合力頂いた。


越後の酒からまず頂いた。

のちに空っぽになった。



150321-07.jpg
 

詰め詰めした餃子を焼き焼きする。


鉄のフライパンで焼かないと美味しくないというのがおいらの持論であるが、大量に焼くのでいたしかたなくホットプレートで焼く。



150321-08.jpg
 

案の定焼き加減がイマイチだったが、それでも形よく上手に出来たのではないかと思う。


およそ10年前に手づくり餃子をやった時は100個でも足らないんじゃないかと思うくらいだったが、今回は50個でも足りたかもしれない…。

これは近々リベンジか…。



150321-09.jpg


カルヴァドス・キッズたちはHANZO家にお泊りにして、楽しい酒宴は深夜に及んだ。


猫の向こうに怪しいオッサンが写ってるが気にしないで下さい。


はしゃいで、はらわたよじれるほど笑って、いい気持ちで撃沈する。



カルヴァドス・パパ・ママは翌日曜日仕事なので、子ども達連れて釣りでも行こうかな〜〜。



続く。



 
[ 2015/03/23 14:56 ] 美味なるもの | TB(0) | CM(6)