NintendoSwitch・ゼルダの伝説をやってみて。



全然使わなかったWii Uを売って、NintendoSwitchを買ったことを先日書いた(参照)。


2週間ほど「ゼルダの伝説 BREATH OF THE WILD」で遊んでみて色々気づいたことなどレビュー的なことを書いてみる。




170321-07.jpg


このタブレット端末のようなタッチパネル式液晶本体をドックと呼ばれるものに収めている時はテレビの画面に出力される。

この状態で遊ぶ時はこれまでの据え置き型ゲーム機となんら変わりない。



ドックから離して、(上の画像のように)両サイドにコントローラーを装着すると、携帯ゲーム機のように持ち運んで遊べる。

これはわりかし良いかも知れないね。

寝る前に布団の中でちょこっととか出来るのだ。


ドックに収納したとき、大昔のMacのノート型をドックに収めるタイプのやつがあったのを思い出した。




170321-06.jpg


これはホーム画面。

実にシンプルだが、やれることはあまり多くない。

つまり、ゲームソフトを別途購入しなければ、今のところなにも出来ることはない。



電源を入れてからゲームで遊ぶまでにかかる時間は数秒。

というか電源をON/OFFするというよりは、スリープ状態にしておき、遊ぶ時は解除する形式のようだ。

モタモタとなにかにつけ非常に遅いPS3と比較すれば、このスピーディ感は評価できる(PS4やその他は持っていないのでわからん)。


また、HDMI制御機能により、コントローラーのスリープ解除ボタン(電源ボタン)を押せば、瞬時にテレビが起動しそのHDMIのモードに変えてくれる(これはPS3やdTVターミナルもそうだけど…)。


つまり良い点は

据え置き機と携帯機の両方の機能を持っている

本体、コントローラー、ソフトがとてもコンパクト

起動から遊ぶまですごく早い

操作感もまずまずレスポンシブ



難点を言えば、

コントローラーの充電は本体にセットしなければできない。※joy-conグリップ(下画像参照)と言われる据え置きとして遊ぶ際のコントローラーの幹になるものに充電機能がなく、充電機能があるものは別売りになっている。

本体と同時発売で「1-2-Switch」といういわゆるNintendoSwitchの楽しさを伝える本体の販促物的ゲームソフトがバンドルではなく別売り。

遊べるソフトがまだまだ少なく、発売予定のラインナップも微妙。

スリープ解除するとネットが切れて、再度繋がらず再起動しなければならないことが数度あった。

携帯ゲーム機モードのとき、コントローラーが滑り落ちそう(重さの割にグリップがない)。


170321-08.jpg

これがjoy-conグリップ。

充電できるものを別売りで用意しているなら、なぜ付属でつけなかったのか。


1-2-Switchをバンドルさせずに別売りにしたのも、無料ゲームがいくらでも遊べるスマホ全盛の時代には時代錯誤な気がする。


上記いずれにしても原価と販売価格の釣り合いから、オミットしてしまったのだろうと想像されるが、ソフト販売でも利益を出せるのだからここはケチケチ出し惜しみをしない方が良かったのでは、と思う。

まあ、きっと半年後、一年後の販売数が落ち込み始めた頃に、そういうのを備えた廉価版を投入するんだろうけどね。

あまり好きじゃない商法だ。


300円くらいのミニダウンロードゲームを沢山用意してくれたら、それなりに売れると思うんだけど、昔のゲームをバーチャルなんちゃらで800円ぐらいで売るような感覚だとしたら、この会社はもう終わりかもしれない。



難点が多くなったが、決しておいらがニソテソドー社嫌いからではない。

客観的に見たつもりだ。



170321-01.jpg


さて、ゼルダの伝説 BREATH OF THE WILD。


NintendoSwitchのコントローラーがかつてのWiiリモコンのような使い方ができると聞いて、Wiiのトワイライトプリンセスのような操作ができるのかと期待していたら、普通にコントローラーとして(グリップや携帯機モード)遊ぶらしい。

少し残念。


だがWii Uのようなバカでかいコントローラー(携帯機モードの場合で同じくらいの大きさ)で、テレビと手元の操作に視線を行ったり来たりしてやるよりは楽だ。


グラフィックは昨今のリアル路線からは外れて、どちらかというとアニメチック。

まさにスタジオジ◯リのようなタッチ。



ストーリーは今のところ大味。



170321-02.jpg


時間が我々の世界より早いスピードで変化していく。


これは前方に月が見える夜。


170321-04.jpg


朝焼けや夕焼けも綺麗だ。


エリアによっては雪が降る極寒地、火山のまわりの灼熱地、太陽が照りつける砂漠地、風光明媚な景色や不気味な森林、キレイな池や川、広大なマップをただ馬で走るだけでも楽しい。

そして、雨も降るし雷も落ちる。

場所によっては、なんとなく湿気も感じるグラフィックの処理をしているように思える。



170321-03.jpg


マップはこれまでの同作とは比較にならないほど広大。

この画面上で見えている範囲すべて行けるのだそうだ。


てくてく散策していてもあちこちにミニゲームや小クエストや謎解きがあり、飽きさせない。


170321-05.jpg


そして何のクエストも前触れもなく、散策していて突如伝説のマスターソードを手に入れてしまったwww


今回のこの「ゼルダの伝説 BREATH OF THE WILD」。


マップがやたらに広く、おおまかなメインクエスト(ストーリー本編)以外は何をするのも自由。

いわゆるオープンワールド型だ。



最短でクリアを目指すもよし、マップの隅から隅までやり込むもよし。

色々な楽しみ方が出来ると思う。



ただ2週間プレイしていくつか気になる面も出てきた。


まず、

武器が使い捨て制であること。

ちょっとびっくりするくらい簡単に壊れて、なおかつ修理修復も不可能なのだ(修理できるものもあるようだが)。

初期の弱い武器をコツコツ育てて強くして、壊れても壊れても修理して沢山の武器や防具をコレクションする楽しみ方はなくなった。


次に

キー配列が固定なこと

視点の上下の反転と、ジャンプ/ダッシュの入れ替えはあるが他はすべてデフォルト固定だ。

そして攻撃ボタンはRボタンではなく、いわゆる右側4つボタンのひとつ「Y」ボタン。

ってことは、視点操作、ダッシュ、ジャンプ、攻撃を同じ右親指でやらなければならないのだ。

これはやりづらい。


他のゲームと同様に「Rボタン」になぜしなかったのだろう。

ちなみに「Rボタン」の役割は「武器を投げる」…

……意味がわからない。

つい最近まで「ダークソウル」など「ソウルシリーズ」をやっていたので、そのクセが抜けず「攻撃」のかわりに「武器を投げつける」を何度間違えただろう。

それ以外にも使用するボタンの数多すぎ!!

左スティック…移動
 同押し込み…しゃがむ
右スティック…視点操作
 同押し込み…望遠鏡

左十字キー
上…アイテム切り替え
左…盾切り替え(ひんぱんに盾が壊れるので案外使う)
右…武器切り替え(ひんぱんに武器が壊れるので案外使う)
下…馬を呼ぶ口笛

右4つボタン
A…決定
B…キャンセル/ダッシュ
X…ジャンプ/パラセール
Y…攻撃

R…アイテム使用
ZR…注目
L…武器投げる
ZL…弓を使う

+…ポーズ/ステイタス
ー…シーカストーン操作



……50近いオッサンのアタマでは無理……


(しかも左親指に力が入りすぎているのか、戦闘中すぐにしゃがんでしまう…orz)



トワイライトプリンセスのWiiリモコン操作のようなシンプルなやつに変更してくれないかな…。



というわけで

またまたもうちょっと頑張ろうや。

ニソテソドーさん。




おしまい。
[ 2017/03/21 17:21 ] ゲーム・映画・音楽など | TB(0) | CM(2)

NintendoSwitchがやってきた♪

170303-01.jpg
 

さてこれは我が家のニソテソドーWii U


実に失敗な買い物であった。


そもそもは、壊れてしまった(※)Wiiの互換機のつもりで買ったのだが、実際は「Wii」のソフトはエミュレート的な使い方でしか使えず、「Wii」のソフトで遊ぶことはほぼなかった。
ディスクの出し入れができなくなった。フロントローディング大嫌い。


Wii U用として買ったソフトはスプラトゥーンとゾンビUのふたつだけ。

しかもゾンビUは途中で積んでしまった。


つまり遊んだゲームは1本半!!


ありうるか!!


WiiPS3もそれぞれ15本くらいは遊んだのに比べれば、ほとんど遊べてなかった。


無駄だ。



そんな時にニソテソドー社から新型機が出ると。

なんだと…失敗機Wii Uは切り捨て御免か!



こうなったら売っぱらってやる!!


子供達を説得してWiiやPS3のソフト20本と一緒にGE◯で売っぱらった。


その際、新型機もGE◯で予約して買おうと思っていたから全部ポイントに換えてしまった。


で、予約をしようと…


なんと予約は終了してしまっていた。

ポイントどうしよう…。

しかも本体の確保ができていないのにソフトを予約してしまった。




やむをえず

発売日の3月3日ひな祭り。



170303-03.jpg
 

今月48歳になる俺は朝っぱから並んだのさ。


こんなことは小学生の時のガンプラ以来だ。



で、

ギリギリ

どうにか



170303-04.jpg
 

ゲット♪


NintendoSwitch




170303-05.jpg
 

中身を出す。


右のタブレットのようなタッチパネル液晶が本体なのだ。



170303-06.jpg
 

コントローラーはこんなに小さい。


WiiUのあのバカでかいコントロールから原点回帰したみたい?

Wiiリモコン的な使い方もできるのらしい。



さっそく電源を入れて遊んでみよう。


え〜と本体設定はわかりやすく簡単だ。

サクサクっと♪


で、ニンテンドーアカウントを設定するには本体を更新ね。

はいはいぽちっと♪



170303-07.jpg
 







あと5分と表示されているが、この時点で30分ほど待っている。


発売当日で皆一斉にダウンロードしてるから、混雑してるってことだよね?


お昼休みギリギリで更新完了。


さて次はソフト。


170303-08.jpg
 

ゼルダの伝説♪

Breath of the WILD。



Wii Uでも発売されるが、あのバカデカくて面倒くさいコントローラーではやりたくなかった。


開封♪

パカっと開けると


170303-09.jpg
 

中身はこれだけ。

SDカードほどのカートリッジになった。


DSぐらいの箱でよくね?


まあいいや。

早速本体スロットに差し込んで。

開始ぃぃぃぃ〜〜♪




ん?


170303-10.jpg
 

また更新。


しかも今度は中断すること数回(むすめ談)。


結局ダウンロードは何時間かかったかわからないが、遊んだのは夕食後だった…






う〜〜む。



子供の気持ちになってみよう。

ワクワクで並んで買い、家帰ってから遊ぶまで電源を入れてから数時間…。




ニソテソドーさん、もう少し頑張ろうね。



[ 2017/03/04 09:11 ] ゲーム・映画・音楽など | TB(0) | CM(2)

家で映画を観る場合 〜定額制動画配信導入〜

 


映画はいいよね。


HANZOも沢山ではないけど映画は観る。


スクリーンで観たいものは劇場まで足を運ぶ。


最近では「オデッセイ」。

事故で死んだと思われて火星に置き去りにされたとある学者が、お迎えが来るまでたったひとりサバイバルする物語。

シリアスなストーリーに思われるが、案外最後まで楽しく観れる。

これはリドリー・スコット監督のなせる技だ。



リドリー・スコットと言えば何と言っても「エイリアン(初代)」。

最近はPS3のゲーム「エイリアン・アイソレーション(前記事)」にはまっていたので、久しぶりに映画もビデオ(Blu-ray)を借りて観た。

おいらが10歳の時の映画だが、何度観ても色褪せない。



昨年は、スター・ウォーズの新シリーズ第一弾、エピソード7も観に行った。

スター・ウォーズファン(アンチ1・2・3含め)ならきっと楽しめたはずだ。

おいらも楽しんだ。



劇場へ観に行けなかったがビデオで出会った名作もあった。

インターステラー。

これにはやられた。



一方、劇場まで足を運んだがガッカリだった映画もあった。

第一作は人間の浅はかさ、生命の偉大さ、逞しさを描き、まだ珍しかったCGを駆使した名作だったが、シリーズ「2」以降はただの怪獣映画に成り下がった某恐竜映画。

その最新作も色々と突っ込みどころ満載の残念な作品だった。



さて、その映画を家のテレビで観る場合。

どうしてます?


ちょっと前だったらレンタルビデオ店に行ってビデオを借りてくる。

の一択だったと思う。

我が家もそうであった。



しかし最近では色んな形態があるのだという。


HANZO家では数年前から「楽天レンタル」で借りるようになった。

ネットでカチカチと注文すれば数日後に郵便受けに届く。

1週間ほど借りられて、観終えたら封をして郵便ポストへポン。

レンタル料も旧作なら10円とか20円とか。

ただ送料は別途350円とか(枚数によって変動)かかった。



これはこれで便利ではあったが、数日のラグがあるので、リアルタイムな要求に応えられない。


今観たい!

っていう要望に応えてくれるのは、やはりネット配信のサービスだろう。

ネット配信はほとんど定額制。

1本借りていくら、というより月額いくらで見放題なのだ。



HANZO家ではこれを導入したくてずっと検討を重ねてきた。



定額制動画配信サービスの有名ドコロをあげていくと


Amazonプライム、Netflix、U-NEXT、Hulu、TSUTAYA TV、dTV、ゲオチャンネルあたりだろうか。


我が家はドコモ光なので「ひかりTV」も候補に含まれるが、2年縛りや機器レンタルは嫌なので候補から外した。


このうち、何も機器を購入せずにテレビで観られるものは、Amazonプライム、Netflix、U-NEXT、Hulu、TSUTAYA TV。

テレビに内蔵のアプリやPS3、Wii U内蔵のアプリで観られる。



ってことで、この中からいくつか無料期間お試しを利用してみた。


どうも今ひとつ。



で、専用機器が必要だが月額500円という低価格の「dTV」を試してみたくなった。


専用機器は「dTVターミナル」なるもので定価7,000円ほど。

尼損で4,000円ほど。

試すにしては高すぎる。

もっと安く買えないか調べた所、ドコモショップのキャンペーンで安く買えるらしい。

なのでツイッターで近隣ドコモショップでキャンペーンをやらないか張っていた。



待つこと数日。

出た!

車で20分のドコモショップにて携帯のオプション5つ追加(すぐに解約可)で

dTVターミナルが「1円」!!!



さっそく20分車を走らせ、

ドコモショップで少しだけ待たされ、




160607-01.jpg


ゲット!


1円!!


もちろん新品で、さらにドコモショップで設定もしてくれたので


テレビにHDMIケーブルを繋げて、電源ケーブル繋げたら



160607-02.jpg


すぐに観れた。


これは楽ちん♪



これでいつでも映画が観られる。




dTVはdocomoユーザーじゃなくても加入できる。

月額500円で見放題とバカ安だが、実は全部が見放題ではない。

新作や人気作は別途料金がかかる。

だがdocomoユーザーならポイントで観られるのだ。

つねにポイントが余っているから、むしろポイントの使い道ができて嬉しい。



おしまい。









dTVはAmazonの機器でも観られるぞ。
[ 2016/06/07 15:00 ] ゲーム・映画・音楽など | TB(0) | CM(6)

エイリアンゲーム

 


テレビゲーム(ビデオゲーム/コンピュータゲーム)との出会いはいつだったろう。


小学生の頃のブロック崩しかな。


それともブロック崩し似た感じのテニスのようなゲームかな。


はっきりと覚えているのは小学生の中頃に流行ったスペース・インベーダー。

社会現象にもなったね。

テーブル型の筐体は画面が見づらくなるからといって照明を暗くする。

ゲーム機の置いてあるゲーセンや喫茶店はたいてい暗かった。

僕は高得点を出して発光ダイオードがピコピコ光るインベーダーキャップをゲーセンでゲットした記憶がある。



その後カラー化が進み、ギャラクシアン、パックマン、ゼビウスと次々とヒット作が生まれる。





heiankyou_alien.png




この名作平安京エイリアンも確か小学5・6年の頃に流行ったゲームだ。


テーブル型の筐体にふたりで向き合って対戦(協力?)して楽しんだ。

本来は落とし穴を掘ってエイリアンを落とし埋めて対峙するゲームなんだが、対面のプレイヤーを罠にはめたりして楽しんだ。

エイリアンに追われるとレバーを持つ手がリキんで思わずテーブルが傾くことさえあった。



いまこうして画像や動画でみると、なんともチープなグラフィックだったんだな。




それからおよそ30数年…。






motion.jpg



これは最新のエイリアンゲームだ。



グラフィックだけこうして動画やキャプチャで見ると凄まじい進化だ。

動画はプローモーション用だが、上のキャプチャ画像はプレイ中の画面だそうだ。



グラフィックだけじゃなくプレイ動画をググッて、いわゆる実況プレイを観るとものすごくよく出来ているのがわかる。


このゲームの日本語版はPS4やXboxOneでプレイできる。

どちらも保有していない我が家ではプレイすることは出来ない。


が、実は輸入版(北米版)ならばPS3でプレイ可能なのだ。

さっそく尼損でぽち♪

160427-01.jpg
160427-02.jpg


輸入盤だけあってすべて英語。


45カ国28星系4機械言語を解するおいらにとってはそんな事は問題ない。



さあて、おいらが10歳の時のあの映画の恐怖を体験できるぞ。

楽しみ。



おしまい


PS4版



XboxOne版



PS3輸入英語版



PC英語版

[ 2016/04/28 11:30 ] ゲーム・映画・音楽など | TB(0) | CM(4)

インターステラ―

150831-01.jpg


わずか150円の出費で久しぶりに良い映画に出会いました。

こんなに満足をしたのはここ10年なかったかも知れません。

つい先日1800円(×2)も払ってある映画でガッカリしたばかりなので、その反動もあるかも知れませんが本当に面白いです。

近日中にBlu-ray版を借りてもう一度観ます。

もう一度観たくなる映画です。


ただし長いです。およそ3時間です。

SFやファンタジーが嫌いな人には無理かもしれません。

でも、僕にはいままでの五指に入る名作でした。



あ〜〜大きな劇場で観たかった〜。



[ 2015/09/01 10:25 ] ゲーム・映画・音楽など | TB(0) | CM(8)