ルアーで稲田さん? 鈴木さん?

 


湾奥ではめずらしくイナダが接岸しているらしい。


毎年ほんのわずかな期間だけ一部の地域に回遊してくるのは知っていた。

だが、今年のは数も多く、地域も広く、期間も長いみたい。



そして日曜日。

「ヤチオさん」から釣果情報。

ほほう、IY堤防でイナダをゲットされたとのこと。


その報を受け、急遽現場に駆けつけた「のこさん」も2尾ゲットされたという。

さらに駆けつけた「マダイチさん」………は触れちゃいけねえ模様。



だが、おいらは墓参り。

車は婆さんが使ってるしで、行けなかった。



で、その週の半ばの水曜日。

またまた「ヤチオさん」から情報あり。

某釣り施設にて朝からイナダが70匹ほどあがっているという。



某釣り施設で釣れてるということは、湾奥にも来てる…はず。

今週末は気温がぐっと下がり(北風が吹くということだな)、雨予報。



こ、これは先週のサヨリのように平日出撃せよ、とのお告げだろうか。

ここは自由業の特権を発動。


またまた家を飛び出した。



171011-01.jpg
 

PM3:30、IY堤防着。


平日にもかかわらず釣り人、ファミリー多数。


3〜5m間隔でおよそ30人ほどだろうか。

一見した所あまり竿は動いていない模様。



丁度お帰りのご婦人とルアーマンさんの間に入れさせて頂く。


まずはスピンテールでやってみよう。

それっ!


ぴゅっ!


ひゅーぽちゃん。


相変わらず何メートルぐらい飛んだのかわからない俺。


巻き巻き。

あ、今日はるああマンのつもりだからカタカナ文字で。

リトリーーブ。


ゴツ(バイト)

ガッ(フッキング)

ごごごん(何かかかった)



171011-02.jpg
 

チーバス。


ルアーで1投目から釣れるのは初めてだ!

ちっさいけど、嬉し〜〜〜♪


4投目ぐらいでまたバイト。

かかるがすぐバレる。


次のキャスト。

またバイト。

今度は鬼アワセ!

追い合わせ!


で、足元まで寄せてバレる´д` ;

なかなかの竿の曲がり具合だったんだけどな。



それから数投目。

バイト!

鬼アワセ!

これでもかっていうぐらい追いアワセをグン!グン!グン!

今度はバレねえだろ。



お隣の紳士がネットを持ってきて下さる(有難うございますm_ _m)

でも、横に走らないのでイナダではない。

多分小型のシーバスだろうから人様のネットを汚すまでも。

ゴリゴリ巻いてスポーンと抜きあげる。



171011-03.jpg


40cm程のシーバス。


これはこれで嬉しいけど、おいらが釣りたいのは

鈴木さんではなく、稲田さん。


稲田さん、なかなか釣れてくれない。

さすが元防衛相だけあってガードが堅い。


そして安定の半袖半パン。

風が北風に変わって寒い(学習能力無しか?)


寒いので、撤収〜〜。



おしまい。
[ 2017/10/12 11:24 ] 釣り シーバス | TB(0) | CM(6)

浦安サヨリ釣り (&送別会)

 


久しぶりの釣りの記事。



いつの間にかすっかり秋めいて、どころか朝晩寒くすら感じるように。


最近は秋が短い。


台風が何度か過ぎるといつの間にか寒い季節に。


そう。


わたしは元祖季節感のない男。


もう、おわかりですね。



171005-01.jpg
 

サヨリ浮き。


釣具屋のコーナーでいつもどれを買ったらいいか迷ってしまい、結局買わずに終わる。


これまで使っていたのは弾丸サヨリ。

これでも十分釣れたし、特に不満はなかった。


だが昨年秋、隣で釣っていた紳士がこの独軍V2ロケットのような浮きをビューーンっと飛ばしているのを見てから欲しくてしようがなかった。


で、迷ったがこの羽根が一体化しているタイプを買った。

諸兄の各ブログさんで一番目にしているような気がしたからだ。



171005-02.jpg
 

それとやはり昨年秋に、その紳士から教えて頂いたハリスの長さの秘訣。


ハリス付のサヨリ針だと無理なので、初めて自分で結ぶべく、針のみを購入した。

サヨリ針の針のみは売ってなかったので、使い慣れてるアスリートキス。


大丈夫でしょ。これで。



171005-15.jpg
 

老眼がさらにさらに進行して、もう模型とか仕掛けとかっていう次元じゃなく、原稿が読めない!


けど頑張って長ハリスの仕掛けを10セットほど作った。

ハリスは6lbのフロロカーボン。

ちょっと太いかなとも思ったけど、ナイロンでしかも細いと絡んだら終わりだからな…。



そして釣りに行く機会を虎視眈々と狙って…

月日が流れ…

遠いとこへ行ってしまうあの方とのランデブーも出来ず…

この話はのちほど…。




そして、ヤチオさんから浦安で釣れている情報をキャッチ!

それが先週の金曜日の午前中。


翌土曜日、翌々日曜日は雨で北風予報。

こりゃラストチャンスかもしれん。


と、仕事を中断。

家を飛び出した。



この日の忘れ物。

タオル、コマセバケツ、コマセのスコップ。

そして長袖の…



171005-03.png
 

ここのところ涼しい風が朝晩吹いたので、溶存酸素量こそあるが、植物プランクトンは下降傾向。


なあに、昨日釣れたんだ。

今日だって釣れるさ。


現場到着。


人が誰もいない。

不安。


171005-08.jpg
 

すごい風。


さいわい向かい風ではない。


でもやるしかねえ。



さあ、コマセをロケットのカゴに詰めよう。



ん?


171005-04.jpg
 

これどうやって開けるの?


色々いじるが開きそうで開かない。


LINEでお仲間たち(入れ食いハイツ)の諸兄に聞いてみる。

帰ってきた答えは


「開かないよ。横の穴からいれなされ」(by BB兄やん)


え?



171005-05.jpg
 

おれ、チューブ式(常温保存のやつ)じゃなくて、冷凍の普通のコマセ買っちゃった。


しかもコマセバケツもスコップ(?)も持ってきてない。


何か詰めるものを探さねば。


171005-06.jpg
 

落ちてた竹の棒きれで詰める(汗)


て、手返し悪し。


のちに、溶けて柔らかくなってから、砕いて袋の端を切ってチューブ状に使ったら手返し良くなった。

アジパワーで練り餌状にして。



1時間ほど四苦八苦ののち


171005-07.jpg
 

やっと釣れた♪


コマセを強引にチューブ状にしてからは効率が上がりポツポツと


それにしても…



171005-10.jpg
 

天気はいいが寒い…


空はすっかり秋の空だな…(冒頭でも似たようなことつぶやいたが)


元祖季節感のない漢のおいらは…


171005-09.jpg
 

当然の事ながら、半袖Tシャツ一枚に半パン。


そしてクロックスのサンダル…orz


風がどんどん体温を奪っていく…。



171005-11.jpg
 

でた!


釣った魚が温かい現象!


それでもポツポツ釣れるからやめるにやめれない。



171005-12.jpg
 

アタリは毎投あるのに乗らないのは仕掛けのせいかな。

あげてくるとイソメにかじられた形跡が…。

エサが大きすぎたかな?



171005-13.jpg
 

日が傾き始めるとさらに寒く…


こ、凍えそう…。


だが最後の最後にやっと入れ食いモードに。


毎投着水と同時にヒット。

入れれば食う。

ほんとの入れ食いだ。



ほんのいっときだけ。


仲間にLINEで「入れ食いモードに」なんて送ったら

ぱったり釣れなくなった。



凍える前に帰れってことだね。

撤収( ̄^ ̄)ゞ



171005-14.jpg
 

全部で11尾。


どうにか「つ」は抜けた。



よかった。サヨリ釣りたかったんだ。

ヤチオさん情報ありがとさんです。


171005-16.jpg
 

現地でアタマと内蔵を落として、家で捌いて冷蔵庫で一晩。


いつもだったらフライでサヨリサンドにするところだけど、なんとなく今回は




171005-17.jpg
 

天ぷらに。


なんか秋っぽい気がしない?


淡白なさよりはやはり揚げ物があうな。

美味しゅうございました♪




あ、そうそう、遠くへ行ってしまう方の話。


もうご本人のブログでも明かしているのでここにも掲載する。

どうしても一言書きたかった。


遠くへ行ってしまう方とは『☆浦安釣日記』の☆にょろりさん。


東京湾奥では音に聞こえた方だからね、どうも他の地方からスカウトが来たとか、もっと釣れるところへ行きたかったのか、とにかく少し遠いところで釣日記をされるらしい。

ちょっとさびしくなっちゃうね。


☆にょろりさんと僕との出会いはブログのコメから。

2010年のこの記事で初めてコメを頂いて以来コメのやり取りをさせて頂いている。

初めてお会いしたのはその約1年後の2011年のこの記事のとき。

(れおんくんのママには色んな方に引きあわせて頂きあらためて感謝)


以来、釣り場で何度も(20回以上)竿を並べさせていただく仲に。


最近では一緒に呑みにも行くようにもなり、今年だけで3回。

で、その3回めが…


170922-01.jpg
※お名前は敬称略


まさか送別会になろうとは。


ヤチオさんが音頭を取り、この日初めてメンバー全員が集結(いつもは誰かが欠けていたのに)。


行ってしまうご本人はなにやら色んな魚が釣れる土地で、釣り場から近いらしく終始ニヤニヤ。

う〜ん恨めしい。い、いや、羨ましい。


本心はどうなのか知る由もないが、まあずっと行ってしまうわけでなくこちらにもちょくちょく(釣りをしに)帰ってくるようなので、今生の別れとかではなくひとつ安心。


☆にょろりさん。

ひとまず行ってらっしゃい。


こっちへ帰ってきた時や、僕らが向こうへ行った時は、

また竿を並べたり、杯を交わしたりしましょう。



またね。
[ 2017/10/08 08:18 ] 釣り サヨリ | TB(0) | CM(4)

うなぎ釣り 〜170812 グロ注意〜

 


暑中御見舞い申し上げます。


と、言っても雨ばかりで、

毎朝寒くて夏って気がしないけどね。



さて、

世間様はお盆休みとかだったのかな。


もちろんおいらはホボホボ仕事。

11山の日=仕事
12土曜日=仕事
13日曜日=午後嫁実家
14月曜日=嫁実家
15火曜日=仕事
16水曜日=仕事


悲しい!


せめて夜釣りでもしてえっ!


ってことでサタデイナイト(土曜の夜)に繰り出した。


実は昼間橋の上をチャリで走っていたら、流れと濁りが妙にそそられたんだよね。



170812-01.jpg
 

近所の川。

自転車で5分。


エサは上州屋でキヂ購入。

明るいうちに4本セット。


今回はかみさんが道連れだ。



風がなく、蚊がうようよしている。

持参した蚊取り線香を見ると…

火が消えていやがる。

ライターなんかもってない。


おまけにヘッ電の電池が切れていやがる。



仕方ないので、かみさんにひとっ走りコンビニへ行ってもらう。


その間、擬似ビールをグビグビやりながら待つ。


するとコンパクトルアーロッドが

「りんりんりんりん!」

竿がガクガクガク!


すわっとアワセる!

ゴンゴンゴンゴン!


やつだ!

やつの引きだ!


楽しくやりとりして、ズッポーンと引き上げる。


170812-02.jpg
 

本命!

55cmぐらいのまずまずのサイズ。


画像の日付を見ると

釣り開始が18:45。

この1匹めが釣れたのが19:08。


釣り開始から30分ほどで釣れた。

これは最短記録だ。



かみさんが戻り蚊取り線香に火を灯す。

さいわい腕も足も首筋も顔にも虫除けを塗っていたので、刺されたのはオデコだけだった。


ところでさ。

蚊に刺されることをなんて言う?


蚊に刺される?

蚊に吸われる?


おいらは「蚊に喰われる」っていうんだよね。

生まれた時からそう言ってた気がする。

喰われるって表現はあまり的確とは言えないような気がするけどね。



で、また、チューハイを飲みながら待つ。


すると今度はシーバスロッドが


ちりりりりん

ちりりりりん


アタってる♪


すわっとアワセる。

巻く。


ん?

軽い?

小さいニゴイかな?


と思ったら水面近くに寄せたとたんギュギュ――んと引き始めた。


なかなかのファイトを楽しんで、ずっぽーーーーん!



170812-03.jpg
 

良型!!


65センチくらいあるんじゃないか(実は最後まで測り忘れた)


これが釣れたのが19:45。


また30分ほどで釣れた。




いやあ、満足、満足。


この日はこれで撤収した。


170812-04.jpg
 

太さ。


単一電池ほど。


上の画像はやや尻尾より。



170812-05.jpg
 

クーラーの中でブクブクで活かしておく。



まあ、いわゆる泥吐きだ。


いくらキレイになったとはいえ、おいらがガキの頃はドブのように臭かった川だからね。

汽水域のウナギは必要ないらしい。


翌日には水が飴色に濁り、やはりアノ川の匂いがする。

キレイな水と換えてやる。


その翌日も前日ほど濁らないが、やはり多少匂いもする。


毎日水を換えてやり、1週間もすれば水はにごらなくなり、匂いもウナギ特有の甘い香りにかわる。


食べどきだ♪



170812-06.jpg
 

氷水で仮死状態にさせる。


でないと暴れて捌くことなんてできやしない。




170812-07.jpg
 

頭に千枚通しのようなものを刺して捌く。


血が出るのはよいこと。

うなぎの血には毒がある。

だから死なせずに仮死状態で捌くのさ。

って、近所の廃業した鰻屋のオヤジから聞いた。

「しらいれ」って言うんだったかな。



背骨を取って、頭を落としてもグネグネ動く生命力。

頭だけになっても噛み付いてくる。



スタミナ源たる所以。



170812-08.jpg
 

ちょっとこぶりな蒲焼きに。


実は今回、

大失敗であった。



見てお判りの通りフィッシュロースターで焼いた。


これまでは、網で何度も何度もひっくり返して焼いてきた。

でも、煙がすごいし、家のなか数日ウナギ臭くなっちゃうし。

ってことで煙の出ないフィッシュロースターで焼いたってわけ。



170812-09.jpg
 

骨と頭は焼いてタレの出汁に。





170812-10.jpg
 

ちょっと食べちゃったけど蒲焼き丼。


焼き目を付けたあと蒸した。

だからトロトロなんだけど、フィッシュロースターで焼くと表面が固くなりすぎる。



170812-11.jpg


これはウナギの短冊。

焼き過ぎ。


美味かったけど。

だいぶ焼き過ぎ。


真ん中に肝串があるけど、それは鰻屋で買ったやつ。

肝も美味しそうではあったけど、前にご助言を頂いたのでやめといた。


子供たちには、安全性(ベクレてる意味で)に確信がないので、鰻屋さんで蒲焼きを1枚ずつ買ってやった。

その時に肝串も買ったってわけ。



夏バテするほど暑くないし、スタミナ要るほど身体動かさないけど、これで残暑も乗り切ろう。



さて、今回、エサが余った。

これはまた行くべきか。



おしまい。
[ 2017/08/21 16:05 ] 釣り ウナギ | TB(0) | CM(11)

ドスコイ? ピンギス? それともボ…… 内房ちょい投げキス釣り

 


暑いですな。


盛夏ですな。


夏といえばシロギスが釣りたくなるのだが、5月の終わり以来行っていない。(前回のシロギス貧果はこちら


そのあとのウナギ釣りも不発に終わり(こちら)フラストレイションがMAXな今日このごろ。



再度シロギス釣りに行きたいには行きたいのだが、

暑い日が続くのに時折北風がびゅっと吹くと一気に青潮気味になるのがガラスの海湾奥の厳しいところ。

今年も大規模な青潮が発生したようだ。




170709-04.png
 

これは先週半ばの湾奥のデータ。


上の「DO」は溶存酸素量。

下の「クロロフィル」は植物プランクトン量。


7月4日(火)午前から酸素量が減り、午後あたり植物プランクトンが死滅。

まあこれがいわゆる青潮状態。




170709-01.jpg
 

それでも海の状態が良くなる事を期待してコツコツと仕掛けを作る。


おいらのシロギス釣りの仕掛けはライト仕掛け。

いわゆるちょい投げ用。





170709-02.jpg
 

5号の全遊動式シンカーにフロロ8lbのモトスに、「小小」のハリス止をふたつ。





170709-03.jpg
 

そのハリス止に「キステック6号(ハリスホンテロン1号)」をつける。


50mほどしか飛ばないが、軽い仕掛け且つDAIWAのアームシンカーはアームを上に向けて着底するので、海底付近をふわふわ漂うような感じをイメージして作っている。


ちもとには金ビーズをつける。

ビーズについては諸説あるが、周り全体が釣れていない時に違いが出るのではないかと思っている。




170709-05.png
 

6日あたりから南風になり、表層付近の酸素濃度はあがってきている。


ただ低層はまだ無酸素、プランクトンも死滅したままの死の海だ。


しかし、実際この目で見ないとわからない。


ってことで土曜日、我が家から一番近い海へ偵察へ行った。


170709-06.jpg
 

鼠の国の裏の方の海だが、海の色は赤土色。


釣れている時は等間隔で並ぶはずの釣り人もまばら。


数頭投げる。

アタらない。

それでも粘って数投目。


ゴッツンというキスではないアタリ。

ぐぐぐん!

良い引き。

きっとツノのついたあの可愛いやつに違いない。

しかし、ここでは禁忌の大潮の干潮。

露出した敷石に引っかかりバレた。

バレた魚は敷石の隙間でバチャバチャしてる。



撤収。




ライングループにて「ヤチオ」の旦那が内房方面へ繰り出すらしい。

なんでもドスコイが釣れるポイントがあるのだとか…。

ホントかい?



なんてことを「マダイチ」の旦那とごにょごにょ打ち合わせしてるもんだから、思わず

「俺も誘え!」と強引に割り込む。




日曜早朝2:30に起きることに。

日の出は4:30予定だ。

さあ寝よう。





ところが寝れない。

寝れないからYouTubeでゲーム実況なんて見始めたもんだからさらに寝れなくなり

思い切って寝ずに2:30ごろ家を飛び出した。


まあ現地で仮眠すりゃいいや、ぐらいの感じで。



時間が余っているから家からおよそ90kmずっと下道で行った。

死んだ。

遠すぎる。


結局現地に着いたらビリだった。



「ヤチオさん」、「マダイチさん」、そしてマダイチ号に同乗してきた発情期の「のこさん」。


4人で開始。


ところがアタリがない。

あってもフグばかり。


「ヤチオさん」は過去に実績のある場所で粘り続けるが、おいらはウロウロ。


そして


170709-07.jpg
 

この船道のようなところの前に入れさせて頂き、シーバスロッドで例の仕掛けをぴゅっと投げる。


着水と同時にベイルを戻す。

竿先を送って着底を感じる。

着底したらゆっくりさびく。

この日はなぜか激渋なので超デッドスロー(1秒10cmとか)だ。



ゴロゴロ…


石に当たる。


ガツ…


アマモ系の海藻が茂っている。


それでも砂地っぽいところをさびいてやや重くなるところでさらにじわっじわっとスローに。


ここーーん♪(アタリ)

瞬間電撃アワセ!

(全遊動仕掛けなのでアワセないと掛からない)


ぷるぷる♪


小さそうだがキスっぽう手ごたえ。


170709-08.jpg
 

どうにかやっと1尾。


画像の日付で5:30ぐらいだから、開始から1時間も経っている。



ちなみにエサは行きしな24時間釣具店で買ったジャリメだ。



そして2投目。

ぴゅっ!


同じようにさびいてくる。


ここーーん♪

ぷるぷる♪


170709-09.jpg
 

型は小さいがシロギスには変わりない。

色々主義があるだろうが、おいらは釣ったら(小さい魚は)食べる派。


結局そのあとプチ時合でなんとか8尾まではゲットした。

その後またぱったりでフグやサビハゼばかりに。



そして徹夜が災いして睡魔との戦い。

げ、限界だ…。


9:00頃に撤収宣言。


移動して延長線をやるというまだ1尾も釣れていないギョリギョリトリオ(ヤの字、マの字、ノの字)とお別れして帰路についた。


みんなお疲れさん!

ひとりで釣っちゃってゴメンね。

次回は手加減するからさ。また誘ってね。



170709-10.jpg
 

往復180km近く走ってこの釣果だが、渋かったあの釣り場では御の字だろう。


あ、1尾だけメゴチがいるのはヤチオさんがくれたから。



170709-12.jpg
 

頂きもののプレモルとエビス。


有難うございます。


170709-13.jpg
 

我が家の小さい冷蔵庫には入らないので氷で冷やす。

実にインスタ映えする絵づらだ。



170709-11.jpg
 

捌いて塩水に5分漬けて冷蔵庫で半日。

それを軽〜く炙った。


それをもぐもぐしながら


170709-14.jpg


この福祝の純米酒をぎゅーっと♪


30分でカラになった…


寝てないのでそのあとすぐに撃沈…




まあ寝ずの往復180km遠征でも獲物があればOK!

と思ったら…



と思ったら同じ日の「☆浦安釣日記」のこの記事


赤潮の中フツーに釣ってる…


さすがだぜ☆にょの字の旦那…





おしまい


[ 2017/07/12 10:54 ] 釣り シロギス | TB(0) | CM(4)

ウナギ釣り 〜ボウズだが記録として〜

170610-01.jpg
 

ども!


ミミズの耳太郎です!



ってことでウナギ釣りに行ってきた。

ウナギ釣りはわりかし得意分野で、左のカテゴリの「ウナギ」(←これをクリックでもいくよ)で見れるよ。

でも最近は成績はよくない。


170610-02.jpg
 

いつもの場所。


夕マヅメを狙いたかったので明るいうちに竿を出した。


大潮で満潮が夜の7:00頃。

どうなのかな?



暗くなって、かみさんと上の子(JK)がおいらのベイトを買ってきてくれた。


170610-03.jpg
 

グランドビッグマック。


ハンバーガー全般とビッグマックをこよなく愛するおいらにとってこれは喰わねば。



170610-04.jpg
 

どうですかこの違い。


でも…


おいらはただのビッグマックの方が好きみたい。


170610-05.png
 

雨がパラパラ降ったりしている。


予報では振らないはずなんだがな。



170610-06.jpg
 

そうそうこの夜(前夜だったか)はストロベリームーンらしい。


たしかにイチゴミルク色に見える。


え? 見えない?



おいらの肉眼では


170610-07.jpg


このぐらいピンクに見えたんだけどな〜。



って事で「ウナギ」は釣れず。ニゴイ一匹(抜き上げ時にバラシ)のみだった。


もうそろそろ得意分野というのをやめた方がいいかな?




おしまい。
[ 2017/06/17 11:03 ] 釣り ウナギ | TB(0) | CM(0)