カテ淡水魚水槽 最終回

12655374424b6e91a243e34.jpg

HANZO家の淡水魚水槽。

通称ミニ水元。

当ブログのカテゴリーは「淡水魚水槽」になる。


上の画像はブログを始めてからの全盛期の頃(追記:全盛期を過ぎて放置期の頃)である。

水槽の仕様についてはこちらを参照



さてこの度、水槽を撤去することとなった。


実に残念だ。


水槽の荒廃の第一因はやはり震災による節電だろう。

あれで水草はアヌビアス・ナナ、ウィローモスのぞくほとんどが死滅した。

水草にとって照明は生命線だったのだ。


さらに追い打ちを掛けたのが濾過器の不調。

数ヶ月に一度水漏れを起こすのだ。

その頻度は増していき、ついに濾過器をストップし、自然のままに任せるという、いわゆる放置状態となって半年が過ぎていた。

もう生き物はいない。


この状態のまま放置するのもよくない。

ということで泣く泣く撤去の決意をしたというわけだ。



161211-01.jpg
 

12年間水漏れせずに頑張った60cm水槽。

安物である。



最初は45cm水槽だった。



161211-02.jpg
 

濾過器。


最初は上部フィルターだったが、水草が増えるにつれスペック不足となり、外部式の濾過器を導入した。

たぶん水を呼ぶ手押しポンプのあたりのパッキンが傷んでいると思われる。

まだモーターもインペラも問題なく回る。



161211-03.jpg
 

なにより10年近くの年月で培ったバクテリアたちがもったいない。


こればかりは一朝一夕ではつくれないのだ。


161211-04.jpg
 

照明は蛍光灯60W×3灯。


さすがに震災後の節電中にこれを灯そうと言う気は置きなかった。

結果水草はほぼ全滅した。



161211-05.jpg
 

うんこ、ではなく流木。

これは買ったものである。


これにウィローモスという苔の一種を活着させると綺麗だった(本記事下部参照)


161211-06.jpg

 
ソイル。

いわゆる土だが水草を育たせるに良い成分が入っている。



以上

12年間ご苦労様でした。

これにて『ちゃり時々めし』のカテゴリ「淡水行水槽」は最終回となりました。


最終回スペシャルとして、この水槽に住んでいた生き物たちと植物を最後にご紹介します。



順番はバラバラです。

12655353944b6e89a26f1dd.jpg
 
ヤマトヌマエビ

コケとり名人です。

近所の河川敷の公園の水路に沢山います。


12655354004b6e89a8de65c.jpg
 

ウグイの稚魚

マルタの稚魚だと臭いです。



12655354074b6e89af48351.jpg
 

ツチフキ。

近所の大きな公園にてガサガサで捕れました。

この辺では珍しい魚なんじゃないかと思う。



120616-05.jpg
 

スジエビ。

時に釣り餌用のストックという悲しい住人であったことも…

近所の大きな公園で死ぬほど捕れます。



12655354204b6e89bc168ec.jpg
 

ふなっ子。

これもガサガサで捕獲。

大きくなる前に死んでしまった。


手は冷えている状態だけど、あまり触ってはいけないよね。


12655353814b6e89956e3cf.jpg


モツゴ。

いわゆるクチボソ。

水槽内の雑魚キャラ的存在。

恋の季節になるとオスの顔に追い星が出来、凶暴になる。

そしてメスは卵をたくさん産んで、自分たちで全部食べてしまうというなぞの行動。


100704-04.jpg
 

タイリクバラタナゴ。


これがメインの魚になる。



120603-17.jpg
 

婚姻色がでると実に綺麗であるが外来種である。


これも近所の大きな公園で捕れる。


120708-02.jpg
 

タニシ。

これは水槽内で生まれた子供である。

つまり二世。


ほかに画像はないが石巻貝がいた。


130802-05.jpg
 

カダヤシ。

最初はメダカかと思ったが、当ブログを見た方から「カダヤシ」だよとご指摘を頂き間違いに気づいた。

これも近所の大型公園で穫れる。




120531-09.jpg
 

テナガエビ。


一時水槽内に生き物がいなくなったため、釣ってきたテナガエビを入れておいた。



101124-01.jpg
 

マハゼ。


テナガエビ同様、寂しい水槽内を潤すために食べられずに水槽で半年暮らした。

じつは越冬をした。


他にもブルーギル、ドジョウ、チチブ、白メダカ、モロコなどが住んでいた。



次に水草たち。



100704-06.jpg
 

グロッソスティグマ。


CO2添加が必要だが底面をミドリの絨毯にすることができる。

栽培はやや難しい。


100704-07.jpg
 

アマゾンソード(奥)と

ピグミーチェーンサジタリア(手前)


後者はCO2添加が必要(だったかな)



100419-01.jpg
 

なんかやたら小さいサムネイルなのはブログがまだヤフー時代の頃の画像だから。


流木に活着させたウィローモスとアヌビアス・ナナ



100419-02.jpg
 

同じく南米ウィローモス


他にもカボンバ、アナカリス、バリスネリア・スピラリス、スクリュー・バリスネリアなどが茂っていた。



12年間、我が家を癒やしてくれてありがとう。



最後にもう一度在りし日の水槽の画像を載せておしまいとします。


12655374424b6e91a243e34.jpg

おしまい。

[ 2016/12/12 10:03 ] 淡水魚水槽 | TB(0) | CM(10)

メダカ(モドキ)、タナゴ、クチボソ、モエビ獲り

130802-00.jpg


久々にカテゴリが「淡水魚水槽」の記事だ。


2011年の節電により壊滅状態となっていた我が家の水槽。

ついに生き物は2匹のタニシと1尾のクチボソ(モツゴ)のみになってしまった。



この日はチビが暇だし、おいらも仕事が暇だし。 

よし水元公園に魚獲りに行こう!(平日だけど…汗)



車で5分。

車停めて1分。



130802-01.jpg


チビガサガサ開始。

おいらヨツデを仕込む。




130802-02.jpg


ヨツデ一発目。

不漁。


クチボソ×6

ミニモエビ×4

ギルっ子×1



3回ほどやってキープは

タナゴっ子×1

クチボソっ子×4ぐらい

ミニモエビ(お掃除部隊)×10ぐらい

タニシ×2



130802-03.jpg


ハスが綺麗に咲いているね。

柄にもなく花なんぞをパシャコ。



蓮池の足元をみると…



130802-04.jpg


メダカがいっぱい♪

h25.9.26追記
メダカではなくてカダヤシでした。凪狭様ご指摘ありがとうございました。


学校と言われるだけあるね。



4〜5匹キープして暑いから撤収。




130802-05.jpg


メダカ(カダヤシ)の学級。


Tシャツ写ってすまん。


130802-06.jpg


モニモエビはお掃除部隊。

食べ残しを綺麗にしてくれます。



タニシはガラス掃除。



130802-07.jpg


ボソっ子とタナゴっ子。


水草はもうほとんど壊滅状態だから、新たに仕入れなきゃなんないかな。



130802-08.jpg


魚が増えたニャー。


旨そうだなニャー。


130802-09.jpg


あたしにも獲れないかしら。

でもあたしちょっと水が苦手ニャー



こはだは本当に手を突っ込んで獲りそうな勢いだ。

その前にいつか落っこちそうだ(普段は上部照明で塞がっているが簡単にどけられる)



かつては、鮒っ子、クチボソ、タイリクバラタナゴ、ツチフキ、ヨシノボリなんかが住んだ水槽もずいぶんさびしくなったもんだ。

水草もかつては、グロッソスティグマ、バリスネリア・スピラリス、バリスネリア・ナナ、スクリューバリスネリア、アマゾンソード、ピグミーチェーンサジタリア、ウィローモス、南米ウィローモス、アナカリス、カボンバなどが茂っていたが、今はアナカリスとアヌビアス・ナナとウィローモス、南米ウィローモスのみ。

一株だけグラス系のが生き残っている。

ランナーを伸ばして増えてくれたらいいな。


水草水槽を維持するためには日中蛍光灯を3灯は灯さなければならない。

今はそんなことをやってはいられないので、蛍光灯1灯と日光のみで育つ水草のみで運営している。



いつかまた、水草水槽を作ってみたい。

いつか。



h25.9.26追記
メダカだと思っていたのは、カダヤシという外来魚でした。
コメントでご指摘を頂くまで気づきませんでした。
カダヤシ、タイリクバラタナゴ、ブルーギル。
某河川ではタマゾン川などという不名誉な呼び名が付くくらい外来魚が増えてますね。
お祭りですくった金魚、ペットショップで買った生き物。
むやみに近所に逃さないようにしなくては。



よかったらクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
[ 2013/08/04 07:48 ] 淡水魚水槽 | TB(0) | CM(12)

魚穫り

120708-04.jpg


昨年の節電で水草が壊滅した代わりに苔だらけになり、その後濾過器の故障、手入れ不足などにより、我が家の淡水魚水槽、通称“ミニ水元”は一時壊滅状態に陥った。


今や魚はタイリクバラタナゴ×2尾、クチボソ×2尾のみとなった。


一時は、鮒っ子、ツチフキ、メダカ、ヨシノボリ、正体不明の鮭科の子などが住んでいた。

また、アマゾンソード、グロッソスティグマ、ピグミーチェーンサジタリア、アナカリス、アヌビアスナナ、ウィローモス、南米ウィローモスなど多彩な水草達が水槽を彩っていた。


今はその面影も無い。


なんとか復活させようと、まず濾過器を修理した。

濾過器は、エア抜き用の手動ポンプの部分のパッキンが硬くなり、そこから水漏れしていたのだった。

パッキンを裏返したらなんとか水漏れは止まった。


水槽自体は、ガラス面の苔を取り除き、苔に覆われた水草は大胆に取り除いた。



さて、あとは魚を少し増やそうかね。

二酸化炭素を出してくれる生き物が居ないと水草も育たないからね。


120902-01.jpg


ってことで、家族で水元公園に行った。

子ども達は、遊具のある遊び場で遊ぶのが目当てだ。



さっそくいつもの場所で四ツ手をぶっこもうとしたら、

「ヨツデ使用禁止」

のカンバンが。



ありゃ、なんかあったのかな?

誰もいなかったが、こういうときこそモラルというものが試されるのだ。



作戦変更。

タモ網でガサガサ作戦。



ガサガサ。


すっごい量の水草(アナカリス)

水草には、何かの種? 卵?

小さな白い丸いものが無数に絡まっている。


気色悪ぅ。


120902-02.jpg


そして、捕れる魚はダボハゼ(チチブ)ばかり。


120902-03.jpg


お、ガラスの掃除屋さん居た。


120902-04.jpg


スジエビも水草のお掃除をしてくれる。



120902-06.jpg


アナカリスは無尽蔵に穫れる。


こいつは良く酸素を出すし、丈夫だし、良く増えるし、よい水草だ。


お持ち帰り。


120902-05.jpg


カボンバという水草も穫れる。


これは金魚草という名で売られている。

その名の通り金魚がよく食べる草だ。


これも持ち帰ろう。


120902-07.jpg


どうだい?


少しは賑やかになったかな。


結局穫れた魚はクチボソ1尾、スジエビ数尾。




ん?


120708-02.jpg


きゃ〜〜〜


タニシが子供を産んだよ!

かわいいね。



死にかけた水槽に生命のサイクルが戻りました。



頑張れば必ず復興できるはず。

頑張ろう。



[ 2012/09/03 22:36 ] 淡水魚水槽 | TB(0) | CM(8)

ミニミニ水槽 ~巣立ち~

120616-09.jpg


我が家のミニミニ水槽。



水槽と言っても魚がいるわけではない。


チビが学校のプール掃除前のヤゴ獲りでゲットしてきたヤゴの水槽だ。

はたして水槽と言えるか。


左右にそれぞれ1匹ずつ入っている。

いっしょにするとテナガ同様共食いする。

現に最初は3匹だった。



120616-10.jpg


いつ羽化してもおかしくないサイズだったので一応割り箸を入れておいた。




体色がややミドリがかっているから少し期待していた。

もしかしてヤツではないだろうか。





そして昨日(19日)の朝。









120619-01.jpg


やっぱり!


ギンヤンマ!





おいらがガキの頃は水元に行けば飛び交っていたのだが、最近ではめったにお目にかかれないレア物だ(そうでもないか?)。


最大の大きさで画像を保存したので是非クリックして欲しい。



120619-02.jpg


オスならばお尻の部分はもっと鮮やかなスカイブルーになる。


何時間でも飽くことなく見とれていられる。



嗚呼、なんて美しいのだろう。

世界で最も美しい種族のひとつだろう。





主観だが?




今日(19日)は台風だから1日我が家にて我慢しておくれ。




翌日。


120620-01.jpg


台風一過の碧い空に向かって逞しく羽ばたいていった。




チビよ。

お姉と違い、何をやってもぶきっちょなチビよ。

今度ばかりは値千金だ。



グッジョブ!






もう1匹はたぶんムギワラトンボだよ。


[ 2012/06/20 13:07 ] 淡水魚水槽 | TB(0) | CM(12)

水槽の忍者

東葛地域で釣りをし、釣った獲物を食べる人は少なからず気になっているはず。


セシウム(とそれ以外の放射性物質)のこと。


大人気ブログ☆浦安釣日記の☆にょろりさんが色々測って下さった。

まず、江戸川下流のワカサギの測定を試みてくださった。
http://urayasu1fish.blog47.fc2.com/blog-entry-305.html

さらに浦安の海のチアユの計測も行ってくれた。
http://urayasu1fish.blog47.fc2.com/blog-entry-314.html


同郷のうなぎ釣り/グルメ/育児のワークライフバランスブログのフィッシングパパさんがウナギの計測をしてくれた。
http://fishingpapa.blog90.fc2.com/blog-entry-58.html


本当にありがたい情報だし、その行動力に心から敬意を表したい。


おいらにもお手伝いできることはないかとテナガエビをちょっとずつ冷凍とタナゴ水槽に蓄えていた。


120610-01.jpg


ところが前述の☆にょろりさんがテナガエビも測ってくださった。
http://urayasu1fish.blog47.fc2.com/blog-entry-341.html


実は正確な計測には量が不足していたみたいだったのだが、もう我が家のテナガは用済みだと早ガッテンしたおいらは、


120610-02.jpg


冷凍テナガを解凍し、水槽でタナゴに悪さをするテナガたちにも退出いただいて…




120610-03.jpg


食っちまった!

(6月10日の話)


※これぽっちの量で計測も何もないのだが…





テナガに退去頂いてすっきりした水槽…


120616-01.jpg


ウィローモスの新芽が出てきた♪




120616-02.jpg


南米ウィローモスもコケだらけの流木にまだ芽が残っている。




120616-03.jpg


グラス系の水草もしきりに新しい芽を出し始めた。


壊滅的だった我が家の水槽は、徐々に回復しようとしている。


テナガがいなくなって、タナゴたちも安心…


カサカサカサ…


ん?


120616-04.jpg


ふわっ!


テナガっまだ居たっ!




120616-05.jpg


あれ、ここにも。




120616-06.jpg


まだいるっ!




120616-07.jpg


えええ!?




120616-08.jpg


おまいたち、どこに居たの???


全部取り出したと思ったら6~7匹まだ水槽内にいたwww



う~んテナガエビは忍術を使うらしい。

にんにん



画像で見ると水槽汚いな~*0*;

[ 2012/06/19 12:55 ] 淡水魚水槽 | TB(0) | CM(8)