不釣(ふちょう)

100730-00.jpg


日曜日に釣りに行く予定を立てた。
そのエサの捕獲のため盛夏の水元へ。

100730-02.jpg

目当てはスジエビ(獲る段階ではスジエビだが、釣りエサになるとモエビと呼んでしまう)。

100703-07.jpg

こいつのエサをネットに入れ、ヨツデにくくり付けて、ぶっ込む。

待つ事1分。


ざざぁ~~~、ぴちぴちぴち。

いっぱい掛かるがどれも小さい。
やり直し。


ぶっこむ→1分→ざざぁ~~ぴちぴちぴち。

同じ。

それにしてもブルーギルの稚魚の多い事。

ブルーギルに罪はないが、水元の生態系の為にこいつだけは水には戻さない。
すまない、なんまいだぶ…


スジエビ狙いだったが、たまにこんなのも

100730-03.jpg

タナゴ(タイリクバラタナゴ)。

いいサイズだし、傷もなく奇麗だ。
観賞用にお持ち帰り。
思えばこいつも外来種だが、他の魚の卵を食ったりはしない…。

モエビ20匹ほど捕獲。




翌日(7/31日曜日)

100730-04.jpg

ミストの出る有明西へ。

今日はエサ代も駐車代もかけない0円フィッシング。

昨日のモエビを胴突で足下に落とす。

サッパ狙いでサビキも入れる。



…音沙汰ねぇ…


モエビを付けたチビの竿を持って遠征。

ゴロタの方まで行ってみるが、アタリどころか泳いでる魚一匹もいねえ。

戻るとようやくサビキにアタリが

100730-05.jpg

サッパ。

やっと回ってきたかと思ったが、それっきり。

お隣さんに聞くとやはりサッパが二匹のみとのこと。


これはダメだ。

無難にハゼでも釣ろうと妙典へ移動する。


モエビの中身のみで始めるが、アタリがない。
モエビじゃダメなのか?

アオイソを大量に棄てて行ったので、それを拝借して再チャレンジ。

アタリがない。

ハゼにまで嫌われてしまった。


結局1時間やって5匹のみ。

数週間前の入れ食いがウソみたい。

どうなっちゃってるんだ。

真夏の釣り、絶不釣です。
[ 2010/08/01 11:36 ] 釣り イワシ ・ サッパ | TB(0) | CM(0)

食べられるの貝?

100802-00.jpg



土曜日のハゼ惨敗に懲りずに、再度出動した。

場所は同じく妙典。


100802-02.jpg

朝方は涼しかったのだが、日が昇るにつれて暑くなってきた。

ぷちBBQをやりながら、釣りに勤しむ。


アタリは少ない。

3週間前がウソのようにアタリが少ない。

場所を移動したのか?


しょうがないのでおチビさんたちと潮干狩りだ。

大きい貝が結構採れた。



本命のハゼはと言うと…

100802-04.jpg

たったこれっぽっち…。

腑とっててんぷらに。


問題は掘った貝。

ホンビノスだと思ってガーリックワイン蒸ししてみると…。

100802-05.jpg

身が赤い。

キモイ。

100802-06.jpg

アオヤギ(足)がないからバカガイじゃないし、ホンビノスは食べた事ないけど赤くはないはず。

赤貝は殻にスジがあるはずだし、もちろんアサリでもハマグリでもない。


いったい何じゃ。

とりあえず食欲は失せてしまった。

もったいないけどさようならした。



この貝、いったい何でしょ?
[ 2010/08/03 09:44 ] 釣り 貝類 | TB(0) | CM(0)

珍客

我が家に可愛らしい珍客が来訪した。

100803-01.jpg

ケンシロウ。
仔猫だ。

チビ1号の友達が拾ってきて、飼い主が現れるまでうちで預かることに。


鳴き声はまだニャーではなくキューってな感じだ。

可愛すぎる。

左後ろ足を怪我していて、びっこ引いているのだが、ヤンチャだ。
ぴょこぴょこ走り回って、いつの間にか隙間に入り込んで寝てる。

翌日の朝、こつ然と居なくなって、チビたちと近所中を探しまわった。
いくら探しても見つからずに、チビ1号がべそをかきながら帰ると、
脱衣所のタオル置き場の下で寝ていた…。
首輪に付けた鈴の音でわかったのだ。

子猫ちゃんに振り回される四十路のおっさん…。


我が家のじいさんはというと…

100803-02.jpg

う~ん、マイペース。

ケンシロウが「フ~ッ!」っと威嚇しても、
「なんだ、こいつ?」
って感じで、さすが長者の風格だ。

預かった翌日には、飼ってくれる人が現れて、去って行った…。

家族全員寂しがったが、その中でも

100803-03.jpg

このひとが一番寂しそうな気がしたのは、気のせいだろうか…。
[ 2010/08/05 08:13 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(0)

中華彩花(さいか)

100729-01.jpg



暑い…

こういう日は、ギョービー(餃子とビール)に限る。

ってことで中華料理の採花(さいか)に行ってきた。


奥の座敷へ。

100729-00.jpg

やっぱりまずはコレ。




ぎゅぅ~~~ぐびぐびぐび…。
100729-.jpg
いつもかなり大きな声で言っているらしく、はすかっぷではご主人に笑われます…。


餃子の前に

100729-02.jpg

おつまみチャーシュー。
180円。
や、安すっ!
ごま油と豆板醤がかかってて旨い。
※レギュラーメニューではなくホワイトボードメニューのものなのでいつもあるとは限りません。


そして、

100729-04.jpg

焼き餃子。340円。
ビールのベストパートナーですな。


100729-03.jpg

むし鶏のニンニクソース。
380円。
安いね~。

ニンニクが効いていてビールが進みます。
※レギュラーメニューではなくホワイトボードメニューのものなのでいつもあるとは限りません。


チビさんたちは

100729-05.jpg

この暑いのにラーメン。500円。


100729-06.jpg

チャーハン。650円。

味も値段も普通です。
でもこの普通が大事です。
中華は普通が旨いんです。

8月9日訂正。
ラーメン+チャーハンセットだったらしいです。
だから両方で700円だそうです。




100729-09.jpg

酢豚。
380円。
安い。
この辺が彩花の凄いところ。

100729-08.jpg

レモンハイ。380円。

100729-10.jpg

にらレバ炒め。
380円。
スタミナ抜群。

今宵もやはり

100729-11.jpg

紹興酒へ突入。400円。

100729-07.jpg

ライター2号の大好物、シュウマイ。
360円。

いやぁ~食った、飲んだ。

食欲が無くなりがちな季節です。
スタミナ溜めて乗り切りましょう。


中華料理 彩花(さいか)
[ 2010/08/07 11:48 ] 美味なるもの | TB(0) | CM(0)

一期一会

昨日の日曜日、やっと時間が出来たのでウナギ釣りに出動した。

その日の昼間、エサのドバミミズを探しに近所の公園や河川敷をチビたちと探しまわったが、居ない。
前回は釣り場近くであっさり確保したのに、今回はぜんぜん見つからない。
地面がカラッカラで道路に干涸びたミミズたちのミイラが散乱している。

連日の酷暑で、地中の水分も干上がってしまったのだ。

仕方なく車で水元まで行ってみたが、枯れ草の下にもどこにもいない。

結局、ちっちゃいのを二匹だけで、あとは先週のハゼの残りのアオイソ(全滅しかけてる)を携えて出動した。


100808-01.jpg

一投目でミミズたちは品切れだ。


100808-02.jpg

前回はにわか出動だったので、ハゼ・カレイ仕掛けだったが、今回はウナギ専用の針を買ってみた。

今回は時折小雨がぱらついたので、前回の釣り場ではなく、車横付けできる対岸の国府台の里見公園下だ。

ほぼ同時に開始したお隣のおじさまとお話しする。
なんでも平均週5日出動で、今年40本をあげられている超常連さんだ。
釣れるポイント、潮のタイミング、仕掛け、エサ、エサ取り対処法、色々なことを教わった。
昨日までウナギ釣りドシロウトだったが、三段階ぐらいレベルアップした気分になった。

あげく、ゴン太ぴっちぴち元気なドバミミズをお裾分けして頂いた。
こういうミミズだったら釣れるだろうなっていうほど、おいらのとは違っていた。

潮が思ったほど動かなく、さらに透明度が高すぎる(どちらもおじさま談)のか、残念ながらウナギは釣れなかった。

おじさまは今日はダメだと先に撤収され、残ったドバミミズをすべて下さった。


過去にも同様のことを記事に書いたが、釣り人は見ず知らずな人にでも色々な情報を下さる。
だからといって、お互い連絡先を教え合ったり、次に同行する約束なんかは一切しないのだ。

まったくの赤の他人同士、現地でのみの交流が生まれ、また赤の他人に戻る。

釣り人はまさに、一期一会だ。

※おじさま本当に色々ありがとう。感謝。
[ 2010/08/09 11:09 ] 釣り ウナギ | TB(0) | CM(0)