シリーズ龍馬伝 ~最終回~

僕はねえ、

龍馬が大好きなんすよ。



もうハンパなく。



僕が25歳くらいのとき、勤めていた会社を退社し、実家に帰って(今の家だが)いわゆるニートってやつになった。

自分で何がやりたいかわからなくて、日々仲間と酒を飲んでは鬱積を晴らしていた。



どうにもわからなくて龍馬に聞こうと思った。


翌日バイト先に
「旅に出るから1ヶ月休みをくれ」
と言ったら断られた。


で、すぐバイトを辞めて旅に出た。



龍馬の足取りを辿る旅のつもりだった。



鈍行列車でゆっくり進んだ。

一泊目は、静岡の諏訪原城趾のそばだった。

ユースホステルに泊まる貧乏旅行だった。

ま、ここは龍馬とはまったく関係ない。

名古屋、岐阜、関ヶ原、彦根と進み、

何泊目かに京都に来た。



東山の霊山にある龍馬や幕末に散った志士たちの墓を詣でた。



神戸にも行ったし、土佐にも行った。


土佐は離れがたく、ここだけ二泊した。


長崎にも行った。

亀山社中跡にももちろんいったさ。



あのときは、なんちゃあ答えら出んかったが、その後もつねに龍馬を意識していた。


自分が27歳になったときは、龍馬が勝海舟と出会った歳だ。

なんて思ったり。

33歳になったときは、龍馬が死んだ歳だ。

と感慨深く思った。



2010年。

大河ドラマがどうやらやる気のようなので観てみると同時に、何度か目の龍馬がゆくも読み返した。

龍馬がゆくは、何度読んでも面白く、あっという間に読み終わってしまった。

また、泣いた。



さて、龍馬伝。

龍馬伝については、当ブログで何度も取り上げた。
(カテゴリーの歴史もの参照)

中盤当たりすこし面白くなったかなぁと思うこともあった。


ただ、ラストの5話はすべて早送りで観た。

音声も早送りのやつだったり、音声も出ない早送りのときもあった。



後半はうんざりだった。

ペコペコ謝ってばかりの龍馬。

西郷や桂のごときに罵声を浴びせられる龍馬。

ありがとぅございますぅ。

が口癖の龍馬。

後藤の手下のように成り果てた龍馬。

大政奉還の意味さえ間違った解釈。




もう、うんざりだったがぜよぉ。




でも、最終回ぐらいは観てやろうと思った。


観た。


が、思わず画面から目を背けた。


ラストまでは観られなかった。





四方八方から恨まれて、惨たらしく殺された龍馬。

あれじゃ、単なる皆の鼻つまみもんじゃんか。



原作者、脚本家、演出家、出演者、制作に携わるすべての人たちがきっと

龍馬のことが大嫌いなんだろう。


そういう描き方に思えた。



おもえば、いつも番組の最後に暗殺までのカウントダウンなんかをやって、まるで殺されるのを待たせてるかのよだった。


龍馬のファイナルは、大政奉還成るでよいはずだ。


なのに、完全に殺されるための物語のようだった。



うちは地デジ1chより早い時間に放送するNHKハイビジョンの方を録画するからわからなかったが、本放送では暗殺シーンでなんかのテロップの邪魔が入って苦情が殺到したと聞く。

バチがあたったんじゃい!

製作陣に天誅がくだったんじゃ!




僕は、今回の大河が始まる前にブログ上でこう言った。

いっそのこと制作をそっくり海外の外注さんに投げてしまえ。
その方がよっぽどいいものが作れるはずだ。

と。




ちょっとでも期待したおいらが馬鹿だった。


おれの龍馬をめちゃくちゃにしやがって。





坂の上の雲も少し褒めたことがあったが、もうやめろ!

司馬さんはテレビでやってくれるなと言っていたじゃないか。

原作者の意志に背くな。




NHK。

おまんらぁ、ゆるさんぜよ。

再放送の繰り返しとパクリばっかで高けえ金獲りやがって。
[ 2010/12/01 09:03 ] 歴史もの | TB(0) | CM(0)

ヒイカ トライアル

めっきり寒くなって、釣りものもすっかり減ってしまいましたね。


ハゼは先日のボウズでもう諦めました。
↑記事にしてなかった(汗)浦安の境川で強風の中ボウズ…。

また来年。



湾奥ブロガーさんたちは、もうヒイカモードに突入されている様で、うらやましい記事たちにウズウズさせられます。



ヒイカ…。

まだ釣ったことないっす。


釣ってみたい…。

食ってみたい…。




でも、今諸事情があってあまり時間の自由が利かなくなりました。


昨日12月4日土曜日。


本日幸いかみさんが家にいるそうなので、夕方出撃しました。


101104-01.jpg

船橋港。

先週も、浦安の帰りにちらっとだけよってみたのだが←記事にするヒマがありませんでした。


ここはサッと来てサッと帰れるので、時間がない時には丁度いい釣り場だ。



黄昏時。

真っ正面にうっすら富士山が見える。

いいロケーションだ。



肉眼ではもっと大きく見えるんだが、携帯カメラはものすごく広角だ。



クイックスナップに小さなスッテをつけて、さらにその先にハリス(?)を50cmほど垂らし、その先にエギをつけます。

エギは、だいたい安物の2.0~2.5号。

それで釣れなかった時用に、とっておきのヒイカ用の1.5号のケイムラのエギもリリーフとして控えさせている。



最初からエースを出して釣れなかったらつまんないもんね。

最初はしょぼいヤツから投入する。


101104-02.jpg

陽が落ちましたね。


若干富士山のシルエットがはっきりしてきた。



アタリはナシ。


お隣さんは、ぼちぼち釣れてたけど、来なくなっちゃったねぇ。とのこと。


タイミングをしくったか?


今は満潮を越えて、下げ初めだ。

上がってるときがいいのかな?


101104-03.jpg

富士山、だいぶハッキリ見えてきた。



アタリはない。


嵐の後は爆釣だ。

ってのはデマか?



おいらの聞き違いか。


101104-04.jpg

日没。


寒くなってきた。


ぐる~ッと移動しながら偵察するが、投光器組もあまり釣れていないようだ。


潮はかなり動いている。

っていうか流れてるみたい。


もう少し静かなほうがいいのかな。




ボウズ確定。


釣行数がめっきり減って数少ない出撃機会をものにできなかったのは悔しい。



昨年は、年が明けても釣れているところがあったとそうだ。

今年は水温が下がるのが遅いからまだまだチャンスはあるはずだ。

懲りずに行くぜ。



待ってろよ。ヒイカちゃん。
[ 2010/12/05 08:12 ] 釣り イカ類 | TB(0) | CM(2)

水槽ハゼ・全滅!!

101124-01.jpg


我が家の淡水魚水槽で飼い始めた3匹のマハゼ。



釣ったが食べるには数が少なく、小さかった為、次の収穫まで水槽で生かせておこう。

ってのが、きっかけだった。



ところが観察すると、餌の食べ方などがとても参考になるのでそのまま飼ってしまったというわけだ。




最近の気になる点。


アオイソメは急に食いが悪くなった。

鮮度はあまりよくないイソメだが、底に落ちればうねうね動くくらいだから問題ないはずなのに。

むしろタナゴがよくつつく。
これは意外だった。



先日浦安で使ってみたBTの残りを上げてみたら、これがHIT。

ものすごい勢いで食べていた。



そういえば、モエビも好きだったもんなぁ。

モエビはまた採取しに行かなくては。

それまではBTで食いつないでもらおう。



と、思っていたのだが・・・



夜は元気だったマハゼ3尾。

朝起きて、水槽の照明を点けたら・・・



101103-01.jpg

真っ白になって底に沈むマハゼくんたち・・・


101103-02.jpg

3匹とも・・・



どした?



何があった?



天敵はいないはずだ。

BTがお腹に合わなかったか?



それとも旨すぎて食いすぎたか?



酸素不足か?

夜は照明を消してしまうので、その点気にはなっていたが、

でも、それだったらタナゴにもダメージはあるはずだ。

タナゴは全尾元気に生きている。



水温は22度前後、問題ない。


水槽の中でマハゼだけに異変が起こった。



水槽内青潮・・・まさかな

でも、水替えしてないな・・・



ん? 潮か?

そういえば川のハゼも冬になると海に落ちるな。

ある程度の水温(もしくは成長過程)になったら塩水じゃないとだめなのか?






いずれにしても原因究明が急がれる。
[ 2010/12/06 13:25 ] 淡水魚水槽 | TB(0) | CM(2)

家族が増えた

101205-01.jpg

池上本門寺に行ってきた。

初めてだったんだが、大きいお寺だね。


この石段は加藤清正公寄進とか。せいしょこさんね。

鬼平犯科帳で平蔵が手練の刺客に襲われて、犬に助けられるあの石段だとか。


101205-02.jpg

悪いことをしたお仕置きかな。

鬼が重そうな甕(?)を担がされているよ。


でかでかとしたトレードマークは、井桁に橘。

ともに井伊家の家紋だが、なにか関係があるのかな?
 

101205-03.jpg

ここには加賀藩の藩祖・前田利家公の側室や力道山なんかのお墓もあるのだが、

戊辰戦争のときの薩軍(官軍)の本営になったところでもある。


西郷さんと勝海舟さんの江戸無血開城のための会見が行われた場所でもあるという。

知らなかった。

三田の薩摩藩邸かと思ってた。



う~ん、なかなかどうして歴史遺産ではないか。

立地も天然の要害で、昔だったら周りをぐるっと見渡せる土地だったのであろう。



おっと、今日ここに来たのには理由があって、

実は赤ん坊のお宮参り(お寺だからお初参りというのだそうだ)に来たのだった。



誰の赤ん坊だって?

もちろん、我が家ではない。



おいらの末弟夫婦の赤ん坊だ。

10月に生まれたばっかり。

元気な女の子だ。



101205-04.jpg

じゃぁ~ん。

美人ですよ。

ホントキレイなお顔。

うちの子達はガッツ石松だったり、大滝秀治だったりしたと思ったが…。



祈祷してもらいました。

お焼香をするのにはビックリした。

うちはふたりとも神社だったからね。

葛西神社。

101205-05.jpg

帰りにいかにも年代物な酒屋を発見。


聞いたら築130年だと。

明治6年。

西郷さんと勝さんは見てないんだね。


101205-06.jpg

お酒も買いましたよ。

大好きな澤乃井って書いてあったからね。

でも、本醸・大辛口じゃなかったから、辛目の「一ノ蔵・本醸造辛口」と「酔鯨(すいげい)」にした。



帰りに弟夫婦&姫の家に寄らせてもらった。


多摩川沿いのマンションなんだが…

101205-07.jpg

ほほう。

いい景色だ。

眼下を流るるは多摩川の清流。

101205-08.jpg

足元をみれば行き交うチャリンカーたち。


101205-09.jpg

川沿いには鯉狙いかぶっこみアングラーたちが。


羨ましい。

家を出たらすぐサイクリングコースで、そのまま釣りに行けちゃう。


さらに対岸には川崎競馬場の調教(?)コースがある。


101205-10.jpg

日が暮れたよ。

キレイだね~。

ってか冬だね~。


101205-11.jpg

良く見ると右側の双子ビルのビルとビルの合間に富士山が見える。


いいところだ。

春になれば、シーバスやうなぎも釣れそうだ。

101205-12.jpg

姫や。

あたらしい家族だね。

ようこそ。


すくすく育つんだよ。


May the force be with you
[ 2010/12/09 15:42 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(0)

ヒイカが釣りたかったんだが…

101212-01.jpg

日曜日の朝。

陽は先ほど昇った。



遥かにそびえる富嶽が見えるだろうか。
※画像をクリックすれば大きめ画像が別ウィンドウで開くよ。


ここは船橋港。

性懲りもなくヒイカ狙いだ。


釣り人無し。

アタリもナシ。


しかもここは空気が汚い。
※船というか艀というか、エンジンの排ガスが…


撤収。


101212-02.jpg

検見川浜突堤。

初めて来た。

やっと来た。


いいロケーション。

こちらは釣り人まずまずいます。


101212-03.jpg

中ほどまで行って、内側でエギ&スッテを投げてみる。

投げる。

落とす。

ジッジッとしゃくる。



まわりをみるとしゃくり方がスローだ。

しゃくぅ~る、といった感じ。


真似してみる。



無反応。



お隣のおじ様に聞いてみる。

「前日の強風で濁っちまって今日はダメだな」


「…」


がっくし。



帰宅。



ちょっとお仕事。



午後2:00頃、仕事も終わり、ジュベナイルも買ったし。


チビたちばあさんが見てくれるって言うし。


出動!


101212-04.jpg

日本丸かな?

途中有明西によったら海王丸が停泊してたから、きっとそうだ。



ここはお台場の潮風公園。

昨年何度か来たな。



ここは何かしら釣れる。

まぁ、釣れるといってもセイゴかアナゴなんだけど…。

ここんとこボウズ続きだったんで何でもいいから釣りたくなったのだ。



先行のルアーマンさん曰く、まだ釣果なしだそうだが、先週は釣れていたとの事。

にやり。

フッコでも釣れねえかな。




あ、もちろんメインはヒイカさ。




エギングの前に根がかり防止の胴突き仕掛け(メバル8号)を、アオイソつけて軽~く投げておく。



そして、エギング開始…

と思ったら、投げておいた竿先がぐいーんぐいーん。


101212-05.jpg

いきなりセイゴ。


ボウズ回避(ほっ)


リリース。ぽちゃん。



さて、エギングを再開。

投げて、しゃくって、戻ってくるたびに、エギに海草がもや~っと付いてる。


う~ん、かなわねえな。



そうこうしていると、置き竿の竿先がぐいーんぐいーん。


ほい、きた。



ちょっと重いぞ。

フッコか?

それにしてはおとなしいな。


101212-06.jpg

セイゴ一荷。

三本針とはいえダブルで来るとはな。


ぽちゃん、ぽちゃん。

デカくなれよぉ。




エギング再開…。


また置き竿が…。



どうせ…。


101212-07.jpg

セイゴ一荷。

こいつらのがっつき様はダボハゼ以上だな。


でも、アタリがあるって楽しい(♪)


エギング再開せず。

もう、やめた。


暗いし(ヘッドライト忘れたorz)寒いし、帰ろう。



と思ったら、置き竿がぐいーん。



101212-08.jpg

はい、最後もセイゴ。


さいなら~。



結局、朝も夕方もヒイカは釣れなかった。

いつになったら逢えるのか?



でもこれからは、ボウズに耐えがたくなったら、セイゴちゃんに遊んでもらおう。

夜になればアナゴもハゼも釣れるしね。
[ 2010/12/13 13:26 ] 釣り イカ類 | TB(0) | CM(8)