リアルな放射線量

110703-01.jpg



始めにおことわりしておく。

小さなお子様を持つ親御さんでも、放射線量を気にする方とそうでない方がいらっしゃる。

放射線被爆が健康に及ぼす数値はいまだ明確ではない。

年間1mSv/h(ミリシーベルト/毎時)でも発ガン率は高まると唱える学者さんがいれば、100mSV/h浴びてもなんら健康に被害がないなどと放言する学者さんもいる。

僕は0.001μSv/hでも子供たちに浴びせたくないと考えている親だ。

それほど気にしないよ、と言われる方々がいてもそれは自由だ。

そんな方は多分読んでも面白くないだろうから読まない方がいいかも。

それだけおことわりしておく。





我が葛飾区は他の区より放射線量が高いらしい。


らしい、というのは実際に自分で測った訳ではないので、あくまで諸情報による知識に過ぎないからだ。


3月15日に大気中に放出された大量の放射性物質の一部は、おりからの北風に乗って南下し、3月21日の雨で東葛地域に降り注いだ。




おいらはつい最近まで、自分の住んでいる地域の放射線量がどのくらいなのかを知るすべを持たなかった。


唯一知る手段と言えば、東京都健康安全研究センターが発表している東京都新宿区百人町のビルの天辺で測定された数値だった。

その数値は、なんら心配するような数値ではなかった。



その後、いわゆるネット上で葛飾区は新宿区なんかよりはるかに数値が高い事が、民間の調査によって明らかになってきた。


やがて、テレビでもホットスポットなどと呼ばれて報道されるにいたり、区もようやくその重い腰をあげ、区内各所の線量を測定して公表を始めた。
葛飾区公式サイトhttp://www.city.katsushika.lg.jp/index.html


その数値は、一連の報道やネット上での数値と違わない数値で、新宿区の5倍ほどもある数値だった。


これは正確に測定している証でもあるが、じつは同じ地域でも測定する場所によってはさらに数値の高い場所が存在する事を知った。


雨樋の下や落ち葉が溜まるような、いわゆる吹きだまりや雨水がしみ込んでいるような所だ。


つまり、ホットスポットの中のホットスポットだ。




いったいリアルな数値はどのくらいなのだろうか。


我が家の周りはどの程度なのだろうか?


ガイガーカウンターでも手に入れなければ知るすべはない。


そう思っていた矢先、我が家の周りで不審な行動(失礼^^;)をされている方が。


そ、その手に持っているのはもしかしてっ!


110703-02.jpg


ガイガーカウンター!


お話を伺うと、お子様が同じ学校に通っているお父さんお母さんであった。


子供たちの被爆を憂慮して、ご自身で放射線量を測定して、線量の高い場所にお住まいの方々と地域ぐるみで除染していこうと活動されているとの事だ。

ブログを教えて頂いたので、了承を得て掲載させて頂く。
mamaが一眼レフを手にしたら・・・
http://plaza.rakuten.co.jp/tomatoazukizippo/diary/

以後、勝手ながら「Zippoが好きなトマトママ♪さん」夫妻と呼ばせて頂く。


ちょっとお願いして我が家の周りを測定して頂いた。

110703-03.jpg

家のすぐわきの花壇から。


ここは土なので、きっと雨水が浸透して高い数値を出すに違いないと思っていた。


測定開始、1分間待つ。


110703-04.jpg

ちょっと見づらくてすまん。※こんな時に限っておいらの携帯充電切れでかみさんの携帯借りたら画像サイズちっちぇ…。


測定値、0.20μSv/h(マイクロシーベルト/毎時)

その場所にずっと佇んでたら年間1mSv/h(ミリシーベルト/毎時)を倍近く超える数値だ。

だが、葛飾区が発表している数値とほぼ変わらない。


お次は、

110703-05.jpg

この雨樋の下だ。

ここはモロに雨水が集まって落ちて来るところだからさぞかし高いと踏んでいた。


測定。1分間待つ。

110703-06.jpg

ちょっと見づらいだろうが、0.18μSv/h。

おお、さっきより低い。


雨樋の下だからといって一概に高いとは限らないらしい。

Zippoが好きなトマトママ♪さん夫妻いわく、特に我が家のは下の配管に繋がっているのでそのまま流れて行っているので低いらしい。


しかし、我が家のすぐそばで高い所がある、とのことで教えて頂いた。


110703-07.jpg

アパートの雨樋のいわゆるタテ樋の部分だが、よく見ると割れて破れている。


そのすぐ脇において測定開始。

1分待つ。


110703-08.jpg

ぎょぎょっ!

1.28μSv/h!

年間にすると、11.2mSv/h(ミリ)

これは高い。

今朝の読売新聞に掲載の全国各地の放射線量を参照すると、福島県いわき市や、南相馬市より高い。



さらに、もっと数値の高い場所があるとの事。


ついて行った。


110703-09.jpg

ここは、我が家とご近所がゴミを集積させて頂いている場所だ。

雨樋のゴールがここにある。

そのゴールの先はコンクリのようでいて、土のようでもある。

その土の部分に置いて測定開始。


110703-10.jpg

見えるかな?

残念ながら今回はかみさん携帯のちっちぇ画像なので拡大できない。


その数値は、2.84μSv/h。

年間にすると24.8mSv/h(ミリ)だっっっ(滝汗)


今朝の読売新聞公表の全国の放射線測定値を参照すると、福島県飯館村と同等の数値だ。

これは福島県浪江町につぐ全国二位の線量である。


これはちょっとシャレにならない。

本当に局地的かもしれないが、これが1軒1軒の軒下にあるとしたらこれが葛飾区全体の線量を高めている要因といっても過言ではないかもしれない。


その雨樋のほんの3メートルほどとなりにもう1本雨樋のゴールがある。


110703-11.jpg

こちらは、半分土ではなく、完全にコンクリ&アスファルト上に放出されるようになっている。


そのすぐ下で測ってもらう。


110703-12.jpg

0.51μSv/h。


ほんの3メートルほどしか離れておらず、同じ家の屋根の配管から来ているにもかかわらず、こちらは先ほどの1/6ほどの数値だ。


やはり土だ。

葛飾区は都内でも比較的緑の多い土地柄だ。


コンクリやアスファルトは雨水とともに落ちてきた放射性物質を下水にまで流し、土はそれを吸い込んで溜めてしまっているのだ。


緑が多く、自然豊かのこの区の特色があだとなった。


しかし、滲み込んだ土はほんの数センチだと言う。

数センチ土をよけてやると劇的に放射線量が低くなるという。

さらにアスファルトやコンクリでも定期的にホースの水で流してやると、線量がぐっと下がるという。



Zippoが好きなトマトママ♪さんご夫妻が言うように、行政がやってくれないのなら、地域の皆さんが力を合わせて除染するよりほかないかも知れない。

おいらは、その事に協力を惜しまないつもりでいる。


子供たちは、この先まだまだこの土地で生きて行くのだから。




数日前の新聞のコラムにこう書いてあった。


ネイティブアメリカン(たしか)の言い伝えでは、

土地は先祖から授(さず)かったものではない。

子孫から預(あず)かっているものなのだ。



綺麗な土地を子孫に返したい。


[ 2011/07/03 18:51 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(7)

テナガ再デビュー…orz


ちょっと今日はさぼりDAY。



月曜なんだが、遊びに出かけます。



まずは、アリオ亀有にて映画を見る。

「SUPER 8」

気になってたんだ~^^

意外な展開だったけど、面白かった。



映画を見終わったら、こそこそアリオの裏手へ。


110704-01.jpg

たにたにさんのブログでここにウジャウジャとテナガエビがいるのを見た。


しかし…


ごぉぉぉーーーーーー


凄い風だ。


これはとても釣りにならない。



どこか風が避けられていい場所はないか…。


ピコーン!


れおんくんでおなじみのエドックがあるじゃないか!



環七を車で走らせ30分。


110704-02.jpg

エドック。※さんずいが見えちゃってるけどもう雑誌に出ちゃってるからいいよね…


何気にお初です。

平日だし、ガラガラ。


110704-03.jpg

第一印象、ゴミだらけ…orz

魚の死体がいっぱい *o*;


青潮の行徳港を思い出す…(思い出したくないが)


110704-04.jpg

しかも、ド干潮。

水深およそ20cm…(滝汗)



ここでも風がけっこうあるから、浮きは使えない。


シモリ玉で様子を見る。






アタリあり。


ぐぐぐ、びこびこ。


110704-05.jpg

ダボハゼ(汗)


そうだよね、テナガってこんな引きじゃないはず。







アタリ。


110704-06.jpg

2011年もののマハゼ。


いわゆるデキハゼ。






テナガエビも掛る。

掛ることは掛る。



だが、フッキングしないで途中で落ちてしまう。


何度やっても、

じっくり待っても、

落ちてしまう。



な、なんで(焦)


110704-07.jpg

針がデカイのか?


テナガエビ用2.5号。



これを、


110704-08.jpg

タナゴ用極小に変えてみる。



シモリ玉がすぅ~っとヨコに動く。


待つ。


5cmあげる。

ぐんぐん。


待つ。


5cmあげる。

ぐんぐん。


待つ。


5cmあげる。

ぐいーんぐいーん。


もういいか?


ゆぅっくりあげる。



ホワイティな綺麗なテナガが掛ってる。



でも…



ぽちゃんっ。


ほぉぅりぃしぃっと。




何故だっ~~~!!!




くそっ意地でも釣ってやるっ!


この時点でもう2時間以上経過している。




シモリ玉がビュっとヨコに走る。


こんなアタリはテナガじゃない。


110704-09.jpg


何だおまいは?

今年の1番子か?

それとも留年組か?






テナガエビ。

30年越しの再デビューは…



ボ・ウ・ズ

orz



悔しいっ。


にょろりさんのハウツーも読んだのに。





おれ、テナガの才能無いかも。


[ 2011/07/06 09:02 ] 釣り テナガエビ | TB(0) | CM(18)

湯麺 餃子 タカノ ~オムライス編~

110612-02.jpg


先日激安・激旨あっさりラーメンを食した「湯麺 餃子 タカノ」。


その後、たにたにさんからチキンライスが旨いという情報を得た。


ただ、たにたにさんからチキンライスと聞きながら、なぜか頭の中にはオムライスがこびりついていた。


先日、三郷の某ホムセンの帰り、方角は全然違うが寄ってみた。

もちろんチキンライスはメニューにあったが、なんとオムライスもあった。


オムライスの中には、チキンライスが入っている。

どっちも楽しめるではないか。


迷わず注文した。


110703-13.jpg

素晴らしい。


最近流行のチキンライスの上にオムレツ乗っけて、ぱっか~ってやるやつじゃないぞ!

あれはチキンライスのオムレツ乗せであって、オムライスではない!

巻いてこそのオムライスだっ!
注)当ブログ主観で書いています。



ここのオムライスは完全無欠。

卵の薄さ、カタチ、ケチャップ(ドミグラスじゃないぞ!)の懸け具合。

すべてがおいらの好みに適っている。


110703-14.jpg

中身♪

ざく切りした玉ねぎはざくざくした食感を残し、大きめの豚肉(ここがポイント)と濃いめの味付けとの見事なハーモニー。

旨し。


次回から我が家で作るオムライスも、ざく切り玉ねぎと豚肉に決まりです。


110703-15.jpg

前回も注文したひとくちさいずの餃子。200円。


これは、うちのかーちゃんのおつまみ。


おいらはドライバーなので飲みません。


ひたすらメシを食います。


110703-16.jpg


チビ2号は相変わらずチャーハン。

食が細くて偏食家のチビ2号がガツガツ食います。




オムライスを食いつつも、前回のあのラーメンが忘れられず、やっぱり…


110703-17.jpg


頼んじまった*o*;

ラーメン(こってりで)300円。


20代ならペロリの量だが、40代には無理があったか。



110703-18.jpg

いやいや、そんなことはありませんぜ。

ペロリと平らげましたぜ。



昭和の味。

懐かしい味。

美味しゅうございました。


[ 2011/07/09 09:09 ] 呑み歩記 | TB(0) | CM(5)

平成23年 ハゼ釣りスタート   ※閲覧注意

110704-09.jpg


先日のテナガボウズの日にハゼが釣れてたじゃんかって?


釣り好きの人にはおわかり頂けるかと思うが、テナガを釣っててハゼが釣れてもそれはあくまで外道。


ハゼをターゲットにした釣りが昨日の土曜日スタートしましたっちゅうことです。




先週、とある方からハゼ釣り会のお誘いを頂いた。

その日が先日の土曜日なのだ。


110709-01.jpg

10年以上使っているボロボロの短のべ竿ではみっともないと思って、その日の為に安物ではあるが短のべ竿を新調した。


土曜日の直前になって判明した事実。


学校公開(昔でいう授業参観)orz


絶句。

葛飾区は土曜日登校が結構あります。

夏休みも1週間ほど短いです。

学力が他の区より劣っているかららしいです。

学力なんぞおとなになってつければいいんじゃい。

子供の本分は遊ぶことじゃい。
※当ブログ主観で書いてます。



土曜日かみさんは仕事でいない。

しかも授業ではなく生徒たちが催すおまつりだってんだから行かない訳にはいかない。



お昼に行けば顔だけでも出せるかもしれない。



110709-02.jpg

結局、現地到着午後の1:00。


誰もおらんかった…orz



仕方なしにチビ2号とふたり、平成23年のハゼ釣りをスタートします。


ぷぅあぁぁ~~。※別にラッパは鳴らしてないが気分ね。気分。



110709-03.jpg

チビ2号はサクサク釣ります。

おいらは、魚はずし、エサ付け係兼自分の釣り。



本日は二種類の仕掛けを試しました。

ひとつは道糸PE、ウキ無しでおもり浮動式。

もうひとつは、最上段玉ウキ、その下に3連しもり玉。



どちらも試した。


どちらも釣れるが、玉ウキの方が飲み込まれやすく、ウキ無しの方がダイレクトにアタリがあるので、いい感じのフッキング。

それは、チビ2号がやっても同じ結果でした。

チビ2号が本人の希望によりウキ無しでやることに。


110709-04.jpg

この位のサイズがマックスかな。


ぶるぶる~、となかなかいい引き。


110709-05.jpg

灼け付くような猛暑の為に、2時間程で撤収。


釣れたハゼは、ネットの魚籠に入れておいたのだが、小さいのがだいぶ網目から逃走していた…*o*;オーマイガ

まぁ小さいのは調理もめんどいし、それだけ元気だったんだからリリースってことにしておこう。


110709-06.jpg

ほんの2時間ほどだが、真っ赤に焼けたぜ。


おまけにコケで滑るとこでやってたから、チビに滑るから気をつけろって言ってたら…




おいらが滑ったぜ。


110709-07.jpg
※グロ画像ですまん。

手のひらをがりがり~っと *~*っっ


どんくせえ。


110709-08.jpg

可愛いな~。


今年の湧きも良いようです。


110709-09.jpg

ウロコを取って、腹と頭ん中を空っぽにする。


110709-10.jpg

一緒に釣れたシロギスも捌きます。





ウソつきました。


これはスーパーで買ったヤツです。



110709-11.jpg


さくさくまいう~。


三番瀬の恵みに感謝です。






※次回も懲りずにお誘いください。
本当に楽しみにしてたんですよ。

[ 2011/07/10 09:04 ] 釣り ハゼ | TB(0) | CM(14)

リベンジ the テナガ ~チームナカガー初参加~

110711-01.jpg


先日のテナガ大惨敗。
参照:http://mtbfish.blog107.fc2.com/blog-entry-411.html

そんなおいらを哀れに思ったたにたにさんが、チームミッドナイトナカガー(勝手に命名)によるテナガ釣り大会に誘ってくれた。

夜9:00現場に駆けつけると、すでにたにたにさんと一発屋さんがルアーを投げておられた。

どもども^^
はじめまして、HANZOです(汗っ)

なにげにブログを通して他のブロガーさんと実際にお会いするのはこれが初めてなんです。


でもお二方ともコメントを通じてやり取りさせていただいているので初対面な気がしません^^



おしゃべりしてるとヘンリーさんが参入。

ヘンリーさんとも初対面ですが、コメントの交流がございます。

お酒好きとうわさのヘンリーさんはビールを持ってきてくださいました。

ちゃっかり僕も頂いちゃいました。
(ごちそうさまでした。)


途中、一発屋さんの携帯にBockeyさんから着信。

お電話にてはじめまして^^

おいらの副業職場とお近くだったことが判明。

今回もすれ違いでしたが、今度是非ランデブーしましょう!



その後も続々と参加者がいらっしゃいます。

モトさん、45rpmさん(注)、Kさん(注)
(注)教えていただいたのがご本名で掲載許可を頂いてなかったので…

はじめまして。

どうぞ、よろしくお願いします。

110711-02.jpg

中川シャローの闇夜に集うミッドナイトナカガーたち。
※お顔大丈夫ですよね? まずかったら消しますのでご一報を。


おしゃべりしていると、たにたにさんがすでにテナガを釣っていた(早っ)


テナガ釣り開始です。


基本的に前回と同じ仕掛けだが、今回は2本使った。

先日のハゼの仕掛けにテナガ用の針をつけたものだ。


エサは赤虫。


今日は是が非でも釣りたいので大定番なエサを用意しといたっ!

※たにたにさんは砂肝でばんばん釣ってたけど…。



杭のそばで、たにたにさんに教わりながらいざ投入。

ちょっと風で扱いにくいので向きを変えるべく仕掛けをあげたら




110711-03.jpg

釣れてた!


やたっ!

30年ぶり。


開始して1分であっさりリベンジを果たしました。


たにたにさん、ありがとう(泣)


110711-10.jpg

にたにたにさんカメラで記念撮影。


これでも42歳です。



たにたにさんは使命を果たしたかのようにご自分の釣りに戻られ(あざっす!)、おいらはヘンリーさん、モトさんと杭近くを攻める。


その後も立て続けにテナガを3尾上げ、すでに大満足。



テナガだけはなく


110711-04.jpg

チーバス君


110711-05.jpg

マハゼ君

マハゼ君は10尾以上リリースしたな。


モトさんがチビニゴイ、ヘンリーさんがダボハゼを釣られていた。

合同で五目達成^^;



潮があげてきたので橋下に移動し、45rpmさん(仮名)とバイク話に花が咲く。

この日乗ってこられたバイクも激カッコイイ!



上げどまりなのかな?


アタリは減るが皆さんぽつぽつ釣れる。


数より何よりサイズがいい。


110711-06.jpg

これが今日イチかな?


でも、これがほぼアベレージサイズ。


ヘチ際にすーっと落とし20センチくらい上げる。

すると、こりこりとういうような感触が伝わり、

ゆーっくり上げてみると、

ビンッ


ビンッビンッ


ビンビンビンッ!


という小気味良い引きを味わえる。



テナガ釣り、楽しい~!


皆さんとおしゃべりしながら、楽しいひとときはあっという間に過ぎ、

気がつけば深夜1:00を回っていた。



いつまでもやっていたいが、解散時間です。

おいらもすでに眠気マックスです。
※わたくし普段は夜9:00に布団に入ります。


釣ったテナガは独り占めしていただいちゃいました。


110711-07.jpg

家に帰って眠い目で数えたら30尾ちょい。


110711-09.jpg

2/3が死んでしまったが、可能な限り頭のワタをとって冷凍庫にぶち込みました。


※背中の頭の付け根部分に竹串が入らないほど死後硬直が進んで、真っ白になったものはナンマンダブしました。


110711-08.jpg

サイズ的にはこんな感じ。



10尾ほどはブクブクで今朝は生きてました。

食べるのは少し泥吐きさせてからですね。

死んだやつを処理してるとやはり臭いは気になりますから。



画像の日付をみると2:50ぐらい…睡魔との闘いでした。




いや~楽しかったです^^

たにたにさん、お誘い下さりありがとうございます。


参加者の皆さんも遅くまでありがとうございました。

お蔭様でリベンジを果たせました。



また、誘ってくださいね~。
[ 2011/07/12 13:17 ] 釣り テナガエビ | TB(0) | CM(15)