さようなら船の科学館 ※画像点数37枚。携帯閲覧注意

110904-01.jpg

湾奥某所。


奥にキリンの首が見えますね。



110904-02.jpg

水の色は白濁したカーキ色。


クリームソーダまではいかないが、青潮気味なのかな…。






おっと、本日は釣りをしに来たのではない。


日曜日。


家族全員でお別れをしにきた。



110904-03.jpg

ここに。


110904-04.jpg

そう、船の科学館。





僕は船に乗れないが、船が大好き。

特に旧帝国海軍の艦艇ならばマニアの域です。



ことのきっかけは、小学生のとき。

近所の駄菓子屋兼模型屋みたいなところへ宇宙戦艦ヤマトのプラモを買いに行った。

おばちゃんがくれたものはやまとはやまとでも、ヤマトではなく大和の方だった。


だが、その美しさに一目惚れし、小学生ながら軍艦マニアとなったのだ。



だから、ここ船の科学館には小学生の頃よりよく来ていた。



しかし、惜しくも今月一杯で閉館が決まったのだ。

惜しい、惜しすぎるぜ。



110904-05.jpg

早速中に入ると、数えきれない程の巨大船舶模型群が出迎えてくれる。


上の画像は英艦ビクトリー号。

トラファルガー海戦でネルソン提督が座乗していた旗艦だ。



110904-06.jpg

世界最初のディーゼルエンジン。


3気筒か?


110904-07.jpg


これは現在のディーゼルエンジン。


見上げる程の大きさだ。


110904-08.jpg

ガスタービンエンジン。


航空機で言えばジェットエンジンだ。


この展示物は音がでるのだが、やはり「キュィィィィーーン」だった。


110904-09.jpg

客船。


かなり大きい模型である。


こんなのがそこかしこに展示してある。


時間がいくらあっても足りねえ。



110904-10.jpg

湾奥名物キリンの首。

の模型。



ちゃんとUFOキャッチャーのように掴んで持ってくるのだ。


110904-11.jpg

船尾にプールを備えた豪華客船の模型。


子ども達もミニチュアの世界が大好きなので食い入るように見ている。



110904-12.jpg
         ..
クジラを仕留めるもり。


かつてのアメリカのように乱獲してる訳じゃねえんだ。

四の五の言うやつにはこいつをお見舞いすっぞ。

とピンクのシャツのお嬢ちゃんが申してます。※うそ


110904-13.jpg

海保のコーストガード。

巡視船。


機銃が付いてるね。


なかなか発砲許可が下りないのが現実らしいが、民主政権だったら一生おりなさそうだな。

友愛ってか?

そんなもんくその役にも立たんぞ。

人んちの敷地に入ってきて悪さをするヤツには、容赦なくぶっ放してくれ。



どうも今日の僕チンは口が悪いようです。




110904-14.jpg

それを何千倍にも巨大化させたもの。


戦艦大和の主砲だ。

単純に砲弾径だけでいえば、これ以上大きい艦船砲は世界に存在しない。



重さは主砲塔1機(3門)で2500トンもあり、撃つ前に甲板員を退避させないと、発射の爆風で皆吹き飛ばしてしまうという恐ろしいものでした。


ちなみに艦の大きさ(排水量)で言っても大和以上に大きい戦艦はこの世に存在しない。


110904-15.jpg

指揮系統を守る為の防御砲群。

対空砲と対空機銃だ。

どちらも普通はむき出しなのだが、主砲の発射時の爆風で機銃員が吹き飛ばされてしまうから、大和はシールドに鎧れた形式をしているのだ。

同型艦武蔵では実際機銃員が吹き飛ばされた(たしか)こともあった。



こんなハリネズミのような防備をもってしても所詮単艦では防ぎきれず、いまは九州沖の海底にひっそりと眠っている。



110904-16.jpg

戦艦三笠。


横須賀に本物があるね。


東郷提督と秋山参謀が日本海海戦時に乗っていた艦だ。



英国製で当時世界最先端だった。


まだ勤めていた頃、出勤の電車の中で坂の上の雲を読んで、駅を4つも乗り過ごしてしまったことがある。


110904-17.jpg

陸奥。


国民のアイドル長門の姉妹艦だ。


戦時中に呉で謎の爆沈をした。



110904-19.jpg

空母もあるぞ。


瑞鶴(ずいかく)。


真珠湾を含む数々の作戦に参加した、歴戦の猛者だ。



110904-20.jpg


潜水艦もある。



110904-21.jpg


うちのチビがなにやら潜水艦内で操船している。



密室の潜水艦の恐ろしさは、数々の映画の中で語られている。



潜水艦映画にハズレ無しという。

眼下の敵、レッドオクトーバーを追え、Uボート、U-571、クリムゾンタイド、K-19…など。

あ、ローレライとかは上記に含まれておりませんから。



110904-22.jpg


和船もある。


これは北前船だね。


司馬遼太郎の「菜の花の沖」を読んだ人なら隅から隅まで見てしまうに違いない。




110904-23.jpg


やはり、舵は巨大だ。



ウラータイショウ!

ウラーじあな号!



110904-24.jpg


咸臨丸。



幕末、勝海舟が艦長になり米国まで航海した船だ。


この位の時代の船が一番美しいと思う。




110904-25.jpg


徳川家光の船。



舷側の大勢の人がオールを漕ぐ仕組みになってる。


つまり動力は人力だ。



こんな模型が数えきれない程ある。



110904-26.jpg


ラジコンもある。


お姉は空母を、チビは客船を操舵した。


110904-27.jpg

エレベーターで展望室へ。


う~ん、やっぱり青潮っぽいかな。


せっかくだから釣りもしようと思ってたのだが。





110904-28.jpg


戦艦陸奥の主砲。


戦艦陸奥は、ネイバルホリデイ(軍縮条約により各国の建艦競走がお休みしてる頃)時には、世界のビッグセブンと言われた40センチ砲を搭載した7艦のうちの1艦である。

ちなみに姉妹艦長門もビッグセブンのうちの1艦に入る。


110904-29.jpg

東京駅のあたりからドンっと撃つと、戸塚のあたりまで飛ぶのだ。

ちなみに大和だともっと遠くまで飛ぶ。



まあ、航空機が爆弾を運んだり、ミサイルが自力で飛ぶようになったら、あまり意味がないのだが。


110904-30.jpg

横付けされた南極観測船宗谷には、いいストラクチャが。


確実にいるな、シーバス。


110904-31.jpg

宗谷に乗ります。


といっても走らないが。


110904-32.jpg

チビが操舵しまてます^^


「とぉーりかぁじ、いっぱぁい」

「ようそろう」


110904-33.jpg

宗谷のおけつ。


うーん萌え。



110904-34.jpg


青函連絡船「羊蹄丸」の中は、なぜか昔の函館のセットが。


リンゴ売りのおばちゃん。


駅員さんや列車に乗り込む人


110904-35.jpg

駅の食堂で酔いつぶれてしまう人も。


ちなみにこのカレーライスは100円だそうだ。


オールウェイズの頃か?
(リチャードドレイファスじゃないほうな)


110904-37.jpg

チビは羊蹄丸でも色々いぢりたおす。


メカ好きか?


おいらに似たのか?

そういえばマグロ漁でつかう毛鉤というかサビキのような、いわゆる疑似餌が展示されていたが、そのジグヘッドの美しさに見とれてしまった。

おいらは、アルミ削り出しのようなものに弱い。




110904-38.jpg

羊蹄丸のおけつ。


こちらは、あまり萌えない。






というわけで、朝一番からじっくりと観させてもらって堪能した。

前回の某国立博物館があまりにしょっぱかったから、余計ここが素晴らしく思えた。





それにしても、とても老朽化しているようには思えないのだが、やはりレンホーとかエダノあたりが予算かなにかをいぢりやがったのか?

科学の追求や技術の温存などに無関心な連中だからな。

目の前の銭のことしか頭にねえんだから。

ますますこの国の未来が狭くなるわい。


もし閉館の理由が上記じゃなくても謝らねえよ。




アナウンスでは一応将来的にリニューアルするということだが、まあ期待はできない。

交通博物館が埼玉にいっちまったときも悲しかったが、今回はさらに悲しいな。




造船技術というのは一朝一夕にはいかないと聞いた。

日本は明治の頃より欧米列強に負けまいと造船技術を磨いてきたバックボーンがあるから今でも優れた船舶を造れるのだ。

こればっかりは、ご近所の成り上がりの国たちにも真似できんのだ。

そういうものを誇らないと、どんどんこの国は弱体化してしまうぞ。








110904-39.jpg

どうでもいいが、帰りに有明によってみた。



エサがなかったからジグヘッドにパワーイソメで探ってみたが、お魚はお留守のようだった。


もしくは、おいらがへたくそだっただけか?



お魚、釣りてえよう。
[ 2011/09/04 22:52 ] おでかけ | TB(0) | CM(12)

ブレーキのメンテでもするかな~

山に行きたいサルサ君。


毎日つまらない通勤路ばかりでごめんよ。


おわびにブレーキをキレイにしてやっからな。


110423-01.jpg

まずはパッドを外す。

パッドを外す前にピンを抜くんだよ。


110423-02.jpg


パッドを抜くとぽかーんとしてる。



110423-03.jpg


ブレーキレバーをニギニギしてピストンを出してやる。


出しすぎたらあきませんよ。

オイルに気泡がはいったりしますから。

(おいら実際それやってショップさんで直してもらったことが)


110423-04.jpg


飛び出たピストンをパークリつけた綿棒ですりすり。

仕上げにフッ素系のをシュッてやるのもありなのかな?


110423-05.jpg


ティッシュかウエスをかまして、ドライバーでピストンを押し戻す。

専用工具があったらそれでやっちくれい。


110423-06.jpg


パッドを戻す。


110423-07.jpg

ピンを差して完了。


ここんとこピストンの戻りが悪く、シュッシュ音がしてたからね。


まだまだ頼むぜサルサ号!

Let's Ride!
[ 2011/09/09 13:00 ] ちゃり(MTB) | TB(0) | CM(5)

第5回? 黒うさハゼ釣り隊会~♪

110911-01.jpg

江戸川放水路。

ぐねぐねした江戸川の流れを、いざというとき行徳側に逃がすように掘削された人口の入り江。

その「いざ」というときが先般の台風であったようで、何年ぶりかに開放されて大量の「ま水」がこの「しお水」の入り江に注がれた。

おかげでハゼ君たちは深い場所かどこかへ移動してしまい釣れなくなってしまったという。

その辺の詳しい事情は、諸兄のブログを参照してほしい。



そんな理由で無期延期になった恒例の「黒うさハゼ釣り隊会」であったが、れおんくんのお知り合いの釣り名人「つりっこくん」の調査でハゼ君健在だったことが判明し、急遽開催されることとなった。


急遽、本当に前日お知らせが来たので今回は皆さんバラバラに参加しそれぞれの事情で抜けられた。



今日はPより距離があるので、サルサ号で出動。

前日の痛飲もなんのその、ヘーコラヒーコラ土手をRIDE!


110911-02.jpg

8時開始にいたメンバーは、主催者れおんくんのママBBさんとおいらの三人。

まったかさんは別ポイントで別開催の模様。


れおんくのママはリールや延べ竿をチェンジしながら、場所を転々とされていた。




BBさんは上の画像の場所で最初から最後まで、ちょい投げ二刀流作戦。

チラッと拝見したがどうやらにょろり式ハイパーパニック延縄戦法でいくようだ(たぶん)。

おいらがまだ2匹の頃すでに10匹以上釣っていた。

や、やばい(@o@)っっ



110911-03.jpg


おいらの作戦はこれだけ。


前回エサ箱を忘れて(実は冷蔵庫でミミズ、アカムシ保管に両方使用^^;)、雨の中手にジャリメを数匹握り締めながらの釣りで難儀したので、今回新調してしまった。

前から欲しかったんだよね。

エサ入れが2室あるやつ。

この季節のハゼ釣りはジャリメにしてもアオイソにしてもちぎって使うからね。

元気なジャリメ室と、ちぎったジャリメ室別々に使えるのだ。




それをBBさんのをパクった竿受けくくりつけにして、潮が引くとともに自分と一緒に移動出来る様にした。

今回これはすこぶる便利だった。



釣りが下手な分、手返しを極力よくしたのだ。



途中本日開催の発起人である「つりっこくん」が遅れて参加され、挨拶もそこそこに釣り始め、ほんのわずかな時間でごっさり釣って帰られた。

う~ん、名人だな。

次回ぜひご挨拶&手ほどきを願いたい。



110911-04.jpg

途中参加のにょろりさんミキオさん


かなり遅れての参加だったが、開始早々ばんばん釣っている(焦)


変幻自在のにょろりさん、本日は正攻法。

延べ竿に1本針の脈釣り(たぶん)。



時速500匹の男ミキオさんはリールでちょい投げ足元自在法。

さすがに水温や水の濁り、潮の動き、さらには雲のかかり具合(つまり暗さ)などまで分析しつつ色々試されている。

勉強になりましたぜ。



110911-05.jpg


本日は放水路は放水路でもやや下流、通称ムーミンハウス下が釣り場となった。



型がいいと聞いていたので期待したが、おいらにかかるのはマックスで上の画像ほど。


ただ、お隣にいたベテラン延べ竿ハゼ師はあきらかにヒネクラスのビッグサイズをばんばん釣られていたので、どこかにポイントかコツがあるのだろう。



110911-06.jpg


とにかく今日は調子が悪い。


アタリも少ないし、アタッてものらない。


カニにまで馬鹿にされる始末だ。



110911-07.jpg


っと、ここでにょろりさん途中参加で途中退場。

で上の釣果。



げげげ~。

たったあれだけの時間(1時間もやってない?)でこれだけの釣果。

こんなに渋いのに?

さすがだな。




毎度雨にたたられる本大会。

ついに不本意な雨男に認定されてしまったおいら…orz

今回こそは降らないかと思ったが、船橋方面より黒い雲がみるみるあがっていく。

雨男の面目躍如。

降りました。(ちょっぴり)

さらに雷までゴロゴロ。

雨男に磨きがかかってるぜ^^;



10時。一応解散。


れおんくんママとミキオさんは居残りするらしいが、チャリで雨が心配なBBさんとおいらは撤収。


110911-08.jpg


本日の釣果36匹。


帰り際BBさんのバケツを覗かせて頂いたが、BBさんは60匹!


倍近く差をつけられて完敗(*o*;)

凄すぎる~(滝汗)



110911-09.jpg


本日はチャリなので、ハゼ君たちはすべて絶命してました。


そりゃそうだ、背中のバッグじゃ暑いもんね。


110911-10.jpg


上は時速500匹の男ミキオさんから帰り間際に頂いたお賽銭。


れおんくんママはつりっこくんからお賽銭をもらっていたし、今回はお言葉に甘えて頂く事にした。

あざっす!


ちなみに35匹いた。

ずいぶんあとから参戦したのにおいらとほぼ同数って…orz




110911-11.jpg


さて、本日も江戸川水系の命のめぐみを頂きます。



今日は型が小さいので、開いたりめんどくさい。


れおんくんママ式でウロコ取って、頭と腹を切り落とすだけ。



110911-12.jpg


あとは片栗粉つけて揚げる。


110911-13.jpg


揚げたそばからジュッとタレに漬ける。



タレは、酢=1、めんつゆ(にんべん)=0.5、水=0.5、砂糖=大さじ2



110911-14.jpg


スライス玉ねぎと油通ししたピーマン、パプリカも漬ける。



冷蔵庫で2時間ほど冷やす。



110911-15.jpg


ハゼの南蛮漬けの出来上がり。


これは面倒なくていいね。




でも、骨とってないから子供らには食べさせられないね。

南蛮漬けが大好きなHANZOキッズどもは、ブーブーブーイングしてた。

も少し大きいのが釣れたらちゃんと骨も取ってやっからな。



今回も楽しかったですよ~^^

ぜひまたお誘い下さ~い。



[ 2011/09/12 16:56 ] 釣り ハゼ | TB(0) | CM(16)

泡盛祭りじゃ~

110912-01.jpg


泡盛っ!


お土産に頂いた。

カルヴァドスさんから。

南風。


なんぷー。


沖縄読みだと「はえ」というはず。

東風だと「こち」




こうみえて一升瓶ではない。



110912-02.jpg


手のひらサイズだ。


これぐらいならおいらでもって、

orz…やられました。



110912-03.jpg


なんてったて飲み比べセット。


ウラー琉球。


ウラー泡盛。




おやすみなさい。

カルヴァドスさん、いつもどうも。


また遊ぼうね。
[ 2011/09/16 22:14 ] 美味なるもの | TB(0) | CM(10)

小岩 王民 王民→立ち飲み大竹

110917-01.jpg

○○○○ベリーへ~♪

ルアーを買いに~♪



一発屋さんが買い占めたあとだけど~♪



110917-02.jpg

こんな錆び錆びフックのルアーが420円かよっ!


ありえねえ!

でも買っちまった。



1個しかなかった。



110917-03.jpg

フックは換えるさ!


それにしてもボロい。


110917-04.jpg

夕方小岩のポポのミンミンへ

王民 王民 こんな字だ。




おいらが子供の頃からかよった京成小岩のみんみんとは違う。



110917-05.jpg

ビールセット。



おつまみが付いて



110917-06.jpg

唐揚げが付いて500円。


だったかな。


110917-07.jpg


レバニラ小、380円だったかな。

110917-09.jpg


餃子も食ったな。



110917-08.jpg

そのあとは小岩の立ち飲みの雄、大竹へ。


110917-10.jpg

小岩人ならだれでも知ってる店だな。


ボール。


110917-11.jpg

かしら。


ニンニク風味?


110917-12.jpg

シロ。


甘い。

旨い。


110917-13.jpg

ちょっとお酒に。


110917-14.jpg

イカの塩辛。

ぬたも食った。




お隣のご仁がメニューにないものを食べてたから気になって聞いてみた。


110917-15.jpg

もつ煮込みのじゃがいものみ。



うん通な人の頼み方だね。


110917-16.jpg


そしてまたボールへ。


う~ん。

Go to heaven。





この連休、なんか釣って来るぜ。


[ 2011/09/17 21:28 ] 呑み歩記 | TB(0) | CM(10)