痩一号作戦 橋頭堡確保の報告

 



ワタクシゴトデ大変恐縮デアリマス。

作戦進捗状況ノ報告デアリマス。




デアリマスは、長州言葉デアリマス。



HANZOダイエット計画「痩一号作戦」を発動させたのが6月26日の記事だった。


トータルで7kgダウンを目標に定めた。


その前に第一段階として2ヶ月で4kgダウンの73kgが第一目標とも書いた。

あれから2ヶ月が経過した。




土曜日、区の健康診断に行った。

区の検診は8月31日まで。

行く隙がない!!

最後の最後、8月31日(土)期限ギリギリで病院へ飛び込んだ。

まず、身長、体重、胴囲、血圧を測った。


■身長→→0.1mmぐらい縮んだかな?
 10年前は確実に170以上あった。今は169.……


■胴囲→→2cm増えた!!!
 ※三年前(昨年は別の病院)より


■血圧→→ちょっと高め(140-90ぐらい)
 こりゃ呼び出し喰らうな。


■体重

だららららららららららら

だん!




72.6kg!



第一段階の目標達成!!


三歩進んで二歩さがるだったが、なんとかクリヤした。

ご褒美の青砥のハンバーガー食べに行くぞ!

え?

結構好きなもん食ってるじゃんか? って?

それ以外の日々は結構頑張ってたんすよ。

いやほんとに。

うそじゃないってば。




さて、トータルの目標まであと3kgダウン。

目指せアンダー70kg。



6歩進んで5歩さがるでガンバリマス!!

もっと頑張りたいけど、美味しい物の記事を楽しみにしている方もいらっしゃるでしょう?

はははは〜^^;

え? いない?

またまた〜〜。




以上、作戦進捗状況の報告でありました!




いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
[ 2013/09/01 07:37 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(16)

初! 川崎競馬場

130903-01.jpg


Dart & SKY!


天高く馬肥ゆる秋!



土日返上の激務を乗り越え、平日の競馬場へ行ってきた!


130903-02.jpg


おいらが行く競馬場は船橋、中山、大井のいずれか。

だが今回、初めて川崎競馬場へ足を伸ばしてみた。



川崎駅から徒歩20分ほど。



130903-03.jpg


言ってみれば大都会のど真ん中にある競馬場だ。


だからかわからんが、パドックは凄く小さいw

とっても可愛らしいパドック。



よしよし、ふむふむ。

1Rは15:30発走。

もちろん1Rから買う。



念入りに馬をチェックしたら


130903-04.jpg


これでしょ!


まずは手始めに馬場内のビアステーションへ。


生ビール(600円)

イカの唐揚げ(450円だったかな)

フランクフルト(200円だったかな)


イカはその場で揚げてくれるから揚げたてアツアツ、旨し!


130903-05.jpg


このゴチャゴチャ感が大好き。


船橋の田久保(2Fの)を彷彿とさせる。



ここは1号スタンド(?)馬場から見て左側の建物の2R。

店名忘れた。

ここでは餃子(350円だったかな?)


焼きたて熱々、具はほぼ野菜、今はなき高砂の丸美屋を彷彿とさせるタイプ。

まいうー。

ビールが進む進む。


130903-06.jpg


これは2号スタンド(だったかな)の2Fにある「志ら井」


煮込みはここが旨いとリサーチ済み。


130903-07.jpg


煮込み(450円)とレモンサワー(500円)


この煮込みがまた驚いた。

臭みが全くない。

それどころか上品な脂の甘い香りと味がマイルドに口の中に広がる。

具は牛白と白こんにゃくのみ。

こってり過ぎず、あっさり過ぎず、絶妙な味の煮込みだった。



これは、船橋、中山、大井、とここ川崎の4場の中でナンバー1かも知れん。


130903-08.png


肝心の馬券の方はというと、1Rからなんと4連勝。

ま、ちょびちょび買ってるから、払い戻しもほそぼそだが。



飲みの分だけでも稼いでやるぜ。



130903-09.jpg


ここ川崎は、スタンドから馬場までが近い。


見下ろす真下にコースがあるのだ。


この臨場感は他では味わえない。



楽しい。

楽しすぎる。

だが、家で子供たちが腹をすかせて待っているので、レースは5レース(17:30発走)までで切り上げ帰路につく。



結局その後は勝ったり負けたりで、トータルで+1300円。

ま、いっぱい遊ばせてもらったからいいだろう。

交通費が戻ってきたような感じだ。



帰ったら仕事が山積…orz

さあ、遊んだら頑張って仕事すっぞ〜〜。



いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
[ 2013/09/04 14:08 ] お馬さん(競馬) | TB(0) | CM(8)

お台場にMTBコース!?

 



東京にまたオリンピックがやってくるんだって!



そしたらね、

お台場にMTBコースが出来るんだって!

すごいね!



猪瀬のだんな、ありがとう! ※他の人達も



オリンピックのMTB種目はクロスカントリーだから、お台場に山を盛るのかな?

築山コースか!



ああ〜ワクワクするね〜♪

早くコース作ってくれないかな〜。


クロカンコースじゃとても走れないけど…



130909-01.jpg


これ欲しい!





か、買えないけどね…~_~;





2020年。


7年後。


おいらはゴジュウ…


と、とにかく楽しみだね!




景気もうんとよくなればいいね!

こんなバイクが買えちゃうくらいにね!



追記

動画もつけちゃったりして



[ 2013/09/09 22:56 ] ちゃり(MTB) | TB(0) | CM(10)

新中川産 天然うなぎを食す

130912-01.jpg


うなぎ。


葛飾区新中川某所産。


もちろん天然うなぎ。



これを釣ったのはいつだったか。

ブログの過去記事を遡ってみたら、どうやら8月28日のようだ。
(過去記事参照:http://mtbfish.blog107.fc2.com/blog-entry-742.html

ずいぶんと寝かせてしまった。



仕事がパンパンで、土日も休みなく、うなぎを捌いている暇なんてなかった。

一度仕事の合間に捌いてしまおうと、クーラーに氷を大量に投入して仮死状態にさせている時に仕事の電話が鳴った。

あわてて、少し硬直しだしたのを蘇生させて、再びクーラー生け簀に戻ってもらった事もある。



昨日木曜日。

ようやく仕事に狭間が出来た。

よし、捌いて食っちまおう。



クーラーに氷と塩(温度を下げるため)、焼酎を投入して、仮死状態になってもらう。

仮死状態じゃないととても裁けない、かといって死んでしまうとよろしくないらしい。

うなぎ職人さんによると「しらいれ」と言って、生きてるうちに捌いてすぐに焼かないと味がだいぶ落ちてしまうそうだ。



130912-02.jpg


採寸。


釣った時は50cmぐらいかと思ってた。


130912-03.jpg


63cm。

アゴを含めると63.5cmwww。


この20日間でずいぶんと痩せてしまった。

生け簀の中ではあまりエサを食べてくれない。

モエビを10匹以上同居させてたにもかかわらず、食べたのは3匹くらいだ。


130912-04.jpg


仮死状態のまま頭に目釘を打って、開いて、背骨を取る。

YouTubeではサササッと捌くが、素人にはとても無理だ。

ゴリゴリ、ギコギコ。

背骨に肉がいっぱいついてしまうToT;

ま、背骨もタレの出汁に使うけどね。


あんまりモタモタやってると蘇生してグネグネやりづらいから、適度に手早く。

背骨を断っても動くからね。


気をつけなくてはならいないのは、うなぎの血にはイクチオヘモトキシンという毒が含まれているので、手に傷があるときは厳重にガードしたほうが良い。化膿することもあるらしいので。

また、目に入ると結膜炎になるらしいのでメガネなしの人は気をつけて。

まあ毒といっても、加熱によって無害化するから刺身で食べなきゃそれ以外は問題はない。

※綺麗に洗って刺身で食べる地方もあるそうです。おいらも同様の毒がある穴子を刺身で食べたことがあります。



130912-05.jpg


くっきりとうなぎ特有の“綸子(りんず)”模様が浮き出てるね。


捌く前の生きてる状態はもっと綺麗に出てるのだが、生きてる状態は撮影しづらい。



130912-15.jpg


綸子(りんず)ってのはこういうことね。


これは着物の生地かな。(画像無断拝借)




今回も内臓は食べないことにする。


頂いたとある情報を元にね。

おいらは知識のある人(そのことを扱っている人)に従う。

おいらには知識がないから。


130912-07.jpg


見て、この身の厚さ。


これでもずいぶんと痩せてしまったのだ。


串を打たなくてもいいけど、焼くと結構反るから打ったほうが焼きやすいと思う。



130912-08.jpg


脂がじゅくじゅくじゅわぁ〜〜〜。


ファイアーーー!!


皮はすぐ焦げるから目を離さないように。



130912-06.jpg


焼いている間にタレを作ろう。

タレは、醤油とみりんと酒と砂糖。

ま、だいたい同量だ。

こんなもんどうやったって旨くなる。


頭と骨は捨てずにここで使う。

頭と骨をしっかりと焼いて、タレにぶち込に煮詰める。



ただの醤油ダレが「あの」うなぎのタレに変身する。


130912-09.jpg


ちょっと目を離すとすぐこうだorz


まめにひっくり返すのはそんなわけだ。


コンロ前でひたすらひっくり返す。

俺はうなぎ職人だ。


あ、暑い。

この日は久しぶりに暑かった。

今日はご飯だなと思ったけど…


130912-10.jpg


これを冷やしておこうw

※うなぎで使った氷再利用。


130912-11.jpg


いい感じに焼き目が付いたら、

蒸す!

関東風蒲焼きにとって、これはかかせないファクターだ。


これをすることで脂が適度に落ち、ふっくらと焼きあがる。


130912-12.jpg


蒸したら最終工程、タレを付けて焼く。


ただ脂が凄いのでタレは乗らない。


ほとんど下に落ちて凄い煙と匂いをご近所中にばら撒くことになる。

これは間違いなくテロだ!


130912-13.jpg


完成。


身の厚さ、わかるかな。


130912-14.jpg


ふっくら焼きあがった。

脂もかなりジューシー。


そして、天然うなぎの最大の特徴は皮だ。

皮が分厚くざっくざく。

そこから甘い香りと旨みと脂がじゅわ〜〜〜〜。


あまりに脂がすごいので、酒の肴にはなりません。

ご飯と一緒じゃないとちょっと手ごわいです。

タレを掛けたご飯と一緒にばくっと行って、キンキンに冷えたビールで脂ごと流しこむ!


くぅ〜〜〜!

やばし!




2年ぶりの天然うなぎを満喫した。



ここからはつまらない話。

ただし、このうなぎにはおよそ20ベクレル(/kg)ほどのセシウムを含んでいる。
(過去記事参照:http://mtbfish.blog107.fc2.com/blog-entry-715.html

この数値をごくごく簡単に説明するならば、1kgの個体なかに20本(/秒)の放射線を出す物質が含まれている。ということになるだろうか。

このうなぎの身が推定350gとしたら7本(/秒)の放射線を出す物質が含まれていることになる。

数値に関してはそれぞれの考えがあるだろう。

おいらは美味しく頂いた。

ただ、基準値以下が安全だとは決して思っていない。



今回、子供たちに食べさせるのは念のため控えさせた。

かわりに近所の鰻屋さんの愛知県一色産鰻を買ってやろう思ったら、いろんな事情で店を閉めてしまっていた。

残念だ。またひとつわが街から旨いものが消えた。

仕方なくスーパーで北欧産静岡加工の鰻を買ってやった。

それを一口食べたお姉の顔で全てを察した。

おいらも一口試食してみた。

……。

うちの子たち、うなぎには大変舌が肥えてると見える。



今度は遠征して余計なものが入っていないのを釣ってくるからな。

カンベンな。





さて、ここからもつまらない話。

閉めてしまった(元)鰻屋さん話によると、仕入元の養殖業者(愛知県一色)の池には1匹もうなぎがいなかったそうだ。

御殿が立ち並び栄華を誇った町も、今は閑散としているらしい。

まるでニシンの時と同じじゃないか。




先日、マグロやカツオがニシンやハタハタと同じ運命をたどるのではないかと心配している事を書いた。

うなぎは間違いなくその道を歩んでいる。



天然うなぎに関しては、江戸川、荒川だけで年間11トンの水揚げがあるのだという。(出典:http://sankei.jp.msn.com/region/news/130607/tky13060719580010-n1.htm)

養殖うなぎは関しては、卵からの養殖は出来ないので、遥かマリアナから泳いできた幼魚(しらすうなぎ)を獲り、それを養殖する。


つまり親うなぎと子うなぎを両方獲っちまってるってことだ。

他の魚のように来年もどってくるように稚魚を放流したりなどはしない(できない)。

個体数はどんどん減るばかりという寸法だ。



たかが1人の釣り人が年間数匹釣ったくらいでは生態系に影響を及ぼすとは考えられないが、バタフライ効果ということもある。

ということで、おいらのうなぎ釣り平成25年度はこれにて閉幕ということにしたいと思う。

来年のことはまた来年考える。



うなぎの人工孵化の研究が進むことを切に願っている。




いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
[ 2013/09/13 10:37 ] 釣り ウナギ | TB(0) | CM(10)

京浜某所 キス釣り

 


釣りに行きたい。

ここんとこずっと仕事場に閉じこもりっぱなしで地底人のような生活を送ってきた。


その山のような仕事がやっと山場を越えた。


行こう。

釣りに行こう。

って思っていたら11日ごろからの青潮のニュース。
(ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130912-00000000-maiph-soci.view-000


はぁぁ〜、やはり浦安のキスは終わりだな〜〜。

なんてときにBBさんの新釣り場開拓の記事(こちら)。


これは便乗させてもらうしかない!

ってことでご一緒させていただくことにした。


いつもより少しだけ遠征。

高速を飛ばし、京浜地区の某所へ。


誰もいないけど早速竿を出す。

この日はシンプルな仕掛け。

バレットシンカーにキステック1本針。

エサは紅イソメ。


ちょいと投げる。

ぶるるん♪

130914-01.jpg

やたっ!

一投目からキスが釣れた〜〜。


その後も立て続けにキスが4尾釣れて、もしかして爆釣?

なんて期待が膨らんだが、その後は

130914-02.jpg


ギラ(ヒイラギ)。


ギラギラギラギラギラギラギラギラギラギラギラギラギラ


もういやになっちゃう。

ギラのアタリはコツ、コツ、コツ。

突っついてる。

慌てて早くさびいてギラを避けようと思うのだが、奴らは追ってくる。

コツ、コツ、

早く巻く、止める

コツ、コツ、

早く巻く、

ジッタンバッタン

もう掛かってる。


アタリがあって、乗っても引かないのは

130914-03.jpg


ハゼ。


足元に落としてみたら


130914-04.jpg


マイクロギマ…


か、かわいい。

でも刺身で食せるサイズではない。


ギラ?

大物か?

と思ったら

130914-05.jpg


チャリコ


くっそぅ。

キスはどこにいるのだ。

諦めずに色々探っていると。


ごごごん!


130914-06.jpg


キタ〜〜!


やや良いサイズ。



その後もキスのアタリは単発。

足元に落としてみたり、沖目を探ってみたり。


ギラギラギラギラギラギラギラ キス ギラギラギラギラギラギラギラ キス

こんな感じかな。



朝方は曇っていてよかったが、お昼前にもなると猛烈な暑さ。

日焼け止めを塗ったのにあちこち日焼けした。



これ以上は危険ということで撤収。


BBさんお疲れ様でした。

素敵な釣り場をありがとう。


130914-07.jpg


キスは全部で16尾。


1尾だけ大きいのは19cm。

惜しい! 今年はまだ大台が出ていない。



130914-08.jpg


それとフッコが2尾。



130914-09.jpg


メジナが4尾。


あ、これはウソです。

フッコとメジナは、いつものご近所の釣り好きおじさまから頂いた、長浦沖堤産です。

これは漬けにして美味しく頂いた。


130914-11.jpg


キスはやっぱり天ぷらで。


さくっとふわっと美味しいね。

ビールをぎゅ〜っと。



そして、甘い甘いメジナの漬けは海苔で巻く。

そうすると甘さが際立ってさらに美味しい。

このメジナには…

130914-10.jpg


雪中梅。


内房の魚と越後の酒のコラボレーション。


さて、JRAも夏競馬が終わり、いよいよ秋に突入ですな。

台風が青潮をシェイクしてくれるでしょう。


そうしたら今度は何を釣ろうか。

そんなことを考えながら、旨い肴と美酒に酔いしれる。



いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
[ 2013/09/15 22:17 ] 釣り シロギス | TB(0) | CM(14)