息抜きハゼ釣り

 


先週末は少しだけゆとりがあったのだが、天気が悪かったりすれ違いで出撃せず。



閉じこもって仕事ばかりじゃ身体に毒なので外の空気を吸いに。

っていうか潮風を吸いに。



141130-01.jpg
 

しょっぱいとこ東。

GT港。


良い天気。

穏やかな海面。



141130-02.jpg
 

富士山も見える。


ありがたや〜。



141130-03.jpg
 

GT港の奥の立ち入り禁止区域の護岸が新しくなっていた。


なんか展望デッキのような体裁だが、こんなとこ展望に来る人いるかな?


塀の向こうはかなり広くコンクリートで埋めてあり、中に侵入しなければ釣りは出来そうにない。

ざっと見たところ釣り禁止とも立ち入り禁止とも書いてはいなかったが、釣りをしている人は一人もいなかった。



ちょっと手前のいつも釣り人がいる護岸の人達はまったく釣れないと嘆いておられる。

工事の影響なのかな?



おいらも冒頭写真の場所でぶっこみ&キャロランヨーコをするもアタリなく、エサのイソメは一向に短くならない。



プチ移動。


I市とU市の境目の川の河口あたりで夕まづめ。



ここは底に牡蠣殻が群生しているのでサビけない。


ちょいっと投げて、ふわっと浮かせて巻いて、また落とす。

の繰り返し。


こここんっ!

と小気味の良いアタリ。




141130-04.jpg
 

やたっ!


ハゼ釣れた♪


写真は小さい型だが、15cmぐらいのやつも釣れた。


3尾釣ったところで、PEがジャムってハサミでジョキン(T_T)



終了〜〜。



141130-05.jpg


元気がよいので我が家の水槽にて。


写真は大きかった15cmのやつ。



今年は小さいね〜。

20cmのやつだって出てもいい頃なのにね〜。



ああ〜、いい息抜きだった。



いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
[ 2014/12/03 13:41 ] 釣り ハゼ | TB(0) | CM(20)

Exciting! ハゼの穴釣り

 



急に寒くなりましたな…。

こうなってくると湾奥は釣り物が厳しくなる。



寒くなると思い出すは昨年のあのハゼの穴釣り(こちら参照


そんな時、昨年穴釣りワールドへいざなってくれた影法師さんから

ポキポキ♪「土曜日仕事なんですが、午前中時間が取れそうなので穴釣り如何ですか?」


\(^o^)/


仕事もうまいこと週末に少し時間がとれる感じだったので即バイトwww






土曜日。



満月がピッカピカに輝く早朝に出撃した。


朝、車のフロントガラスがカッチコチだった……冬だねえ


141206-01.jpg
 

分かりづらいけどビッカビカに光ってるのが満月。



影法師さんと合流し、淹れたてのコーヒーとサンドイッチをご馳走になる。

影法師さん、ご馳走様でしたm_ _m



途中エサの販売機でアオイソメの小さいパックを買うが、1個めのパックが全滅状態!!

カネカエセ〜〜(T_T)

2個めのパックが元気なやつだったので影法師さんと元気なやつと死体を半分半分シェアwww



そして現地へ。



141206-02.jpg
 

朝陽がビルヂングに輝く東京ウォータフロント。


この足元のゴロタの隙間にいるハゼを釣るのさ!



141206-05.jpg
 

以前、影法師さんから譲り受けた通称ビンビン竿。

さらにそこにニューリール。



じつはこれ影法師さんのブログで使っていたリール(参照)が良さ気だったのでそのリールについて聞いてみたら当日の朝これを頂いてしまった!!

ありがとうございます!(T_T)


これが実に良かった!

穴に仕掛けを投入する際、ロッドを持つ右手の親指でラインの巻き出しができるのだ。



仕掛けは

中通し1号オモリ→ハリス止→ホンテロン0.8号10cm→金ビーズ→キステック6号


141206-06.jpg
 

エサを付けてこのようなカキ殻の隙間の深そうな穴に仕掛けを落とす。


ちょっとでも雑にやろうものなら、たちまちカキ殻に引っかかってしまうので集中力が必要だ。


エサを底に置いてしまうとカニの猛攻に合うので少し浮かせてやる要領で軽く誘いを入れてみる。


すると…


ごん!

チヌの筏釣り用の超軟調穂先がお辞儀をする。


穂先が柔らかいのでハンパな合わせは禁物だ!

磯釣りよろしく鬼アワセをガッと入れてやる。


ぐりんぐりん。

竿が曲がる!

くぅ〜〜。

この引きを楽しみたいが、潜られてカキ殻にラインを擦られると厄介なので、慎重かつ大胆にずっぽ〜〜んと引っこ抜く!


141206-03.jpg
 

東京DBマハゼゲット!


昨年のよりは型が小さいがここのハゼは綺麗だ。





141206-04.jpg
 


アベレージは13センチぐらいか。

昨年は16センチくらいあったかな。




その後も朝の下げ始めの時合だったのか入れればアタリがあり、ずっぽ〜〜んと引き抜くのに成功するが、なぜか空中でバレてしまう。


怒涛の空中バラシ5連発orz


針をキステックから袖6号に替えるとバラシはピタリとなくなった。


が、しかし、

日が昇るとチチブ、ドロメが圧倒的に多くなり、加えてカニの猛攻でエサが消費されてゆく。


141206-07.jpg
 

さらにサゲが効いてくると、カキ殻は干上がってくるのでこういった隙間を狙う事が多くなる。


同じ穴から3尾くらい出てくることもあるので、カニ、カニ、カニ、チチブでも諦めずに探る。



途中爽やかに挨拶してくれる野球青年たちがゴミ拾いをして行ってくれた。

ありがとう。

帰りに持って帰ろうと思っていたエサパックを回収されてしまった。

それは持って帰ろうと思っていたんだよ〜本当だよ〜。



お昼過ぎ、エサも尽き、時間切れとなり終了〜〜。



141206-08.jpg
 

コンディションの良いマハゼ14尾ゲット。


上出来すぎる。



シンプルな仕掛けと好感度なタックルで小さな穴に全神経を注ぐ。

こんなに手軽なのに神経を研ぎ澄ませないと多くの獲物と仕掛けをロストすることになる。


そしてその小さな穴から獲物が飛び出したとき、ドーパミンとセロトニンとなんちゃらかんりゃらないわゆる快感物質が脳から大量に分泌するのである。

これは実Excitingな釣りなのである。




141206-09.jpg
 

影法師さんの釣果まで頂いてしまった。


影法師さん、リールを頂いてしまい、さらに朝食と獲物のハゼまで頂いてしまい、恐縮です。

そして、Excitingな釣りを教えて頂き、今回も誘って頂き、

本当にありがとうございました\(^o^)/



ふたりの釣果は…


141206-10.jpg


鉄板の天ぷらとなった。


サクッとフワッと…というかトロッと表現しても良いかもしれないこの触感と旨味の濃さ。


やっぱりハゼは旨いな〜〜。



141206-11.jpg


土佐鶴の新酒と一緒に。


軽やかな辛口と合う!



穴釣り is Exciting!




いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
[ 2014/12/08 12:21 ] 釣り ハゼ | TB(0) | CM(24)

忘年会 その1

 


忘年会のシーズンですな。



おいらはフリーランスなので社内の忘年会というものはないのだが、それでも数年前の平常時(民主政権になる前)はお得意様の忘年会に呼ばれたりして、親睦を広める機会もあった。


いまではそういうのもすっかりなくなってしまったな。


逆にかみさんは毎週のように予定が入っており、おいらは留守番の時が多いのだ。



仕事関係の忘年会がないのなら、無理やり忘年会の口実をつくるしかない。



141212-01.jpg
 

釜めし錦。



ちゃり友まさぴー氏に車の点検をお願いして、納車に来てもらってそのままふたりで直行。


当ブログ『ちゃり時々めし』に相応しく、ちゃり友とめし。

カキ鍋、刺盛り、あん肝、イカワタなどなど…。


年末ライド計画もあるのだが、都政がMTB排除の動きもあるようなので心配だ…。



釣りといい、どうも俺の趣味は社会から排除される傾向にあるな……



そして昨日金曜日の夜。


かみさんが急遽早くあがれることになり、おいらも一つ材料不足で週明けに伸びた案件が発生したので…



141212-02.jpg
 

鳥孝 江戸川店へ。


何度か同ブログでも取り上げたが、最近はあまり記事にしていなかった。


そしたらお店に入って開口一番ママが

「HANZOくんのブログを観て来てくれたお客さんがいたよ!」



うれしいねぇ。

このブログを観て鳥孝江戸川店へ行ってくださった方。

ありがとうございます\(^o^)/



141212-03.jpg
 

つくね(4本390円)。


ここのつくねが食べたくなってここへ来る、と言っても過言ではないほど好きだ。

好いちゅうがやき。

好いっとっと。

好っきゃねん。


一見素朴な風体だが、口に入れると旨いジュースがじゅわ〜〜〜。


141212-04.jpg
 

ネギ付き(4本430円)


チキンの殿堂!

だからね。

鶏は旨いさ。



141212-05.jpg
 

ぼんじり(4本390円)


この値段で、この大きさ!

って思うはず。


鳥孝さんとはハタチの頃からのお付き合い。

だから、かれこれ25年かぁ。



141212-06.jpg
 

唐揚げ(たしか520円)※写真は2人前



おいらの目指す唐揚げの味はこれ。


過去の記事にも何度も書いたが


マスターの唐揚げは世界一!!


主観だが何度でも言うさ。


きっと家族全員この3倍は食べたいと思っただろう。


141212-07.jpg
 

そろそろチューハイタイムか。


梅チューハイ(390円だったかな?)


天羽の梅使用。

炭酸はビンのやつ(コダマかな?)
※シュパンっという音から推定


141212-08.jpg
 

ママが甘栗をくれた。


みんな無言で剥き始める。

たしか前回はお菓子をたくさん頂いた記憶が…。


いつもありがとうございます。



141212-09.jpg
 

肉豆腐。


おいらの中で肉豆腐といえばコレ。

シンプルな味付けなんだが奥深い。


もちろんおいらが家で作るときもこの味を目指している。


大の偏食家だったおいらを何でも食べられるようにしてくれた、味覚の基礎を形成してくれたのは鳥孝江戸川店のマスターなのだ。



141212-10.jpg


鶏皮の辛子和え。


本当に、本当に、何を食べても美味しい。


そしてマスターとママの優しい笑顔を見ると癒やされる。


忙しすぎて忘れてたけど、何かに疲れたらここに来よう。




あれ?

忘年会の記事じゃないみたいになっちゃった。


あ、ちなみにタイトルに「その1」を付けたのは、第二弾、第三弾を期待してのこと。



さあ、今年もあとわずか。

頑張りまっしょい!




鳥孝江戸川店
住所: 〒133-0051 東京都江戸川区北小岩4丁目36−12
電話:03-3671-0140




いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
[ 2014/12/13 10:25 ] 呑み歩記 | TB(0) | CM(8)

加齢?穴子?石餅? を狙ってぷち遠征

 


さて釣りの記事(くだらないけど長いよ)




一旦落ち着いたかのように見えた仕事だが、進行中19件。

そのうち未校了13件。



今週からふたたび忙しくなりそうだ。

ってことで先週末出撃をこころみた。



金曜夜は我が家の忘年会。

土曜日朝は学校公開日(まあ土曜登校日のことだ)。

おいらは学校には行かないけど子供たちを送り出さないといけない。



一度は引退(卒業?)した奥方の朝の副業だったが、奥方が辞めたあと手が回らなくなったようで救援要請がきたので短期で復帰することになってしまった。

なので今だけまたかみさんが朝いないのだ。



ってことで出撃するなら土曜の夜か日曜の朝。



土曜の午後は風が強いらしい。

ならば日曜の朝か。



幸いひとり前日釣行で心も何もポッキリ折れて尾羽打ち枯らしたがいたので元気づけるために付き合ってやることにした。

まぁ選挙もあるし、近場で………

え? 内房方面?

ちょっと遠いn……

え? 加齢に穴子に石餅??


えー…と…

しゃあないな、付き合ってやるか。



ってことで甘い罠にすっかり落ちてしまったHANZOだった……





141214-01.png
 

日曜の朝3:50。


会社の飲み会から帰ってきた奥方と入れ違いで出撃。


ガラガラの下道をひた走る。

ああ遠い。

運転が嫌いなおいらにはとても遠い。

なんでこんなガラガラなのにこんな頻繁に信号に捕まるんだ。

エコじゃないよ。




5:30ごろ現地到着。

ポッキリ男ヤチオさんは先に到着していた。

するとこの男はこう言うのだ

ヤ「先にやってろつったのに後から来るとは何事だ」

ハ「いやだって俺のが遠いんだよ。」

ハ「ほらあの対岸に見える街の明かり、あすこから来たんだよ」

ヤ「わしじゃってコンビニ寄って釣具屋でエサ買って○×△□…ブツブツ」



どうやら昨日のポッキリのダメージでやさぐれているようだ。

そっとしておいてやるのがおいらの優しさってもんだ。



141214-02.jpg
 

さって始めっか。

真っ暗だね。

場所はSGU(八千代市の一部地域では○柄とか○殻とも言うらしい)



加齢仕掛けの投げ2本、穴子仕掛けの投げ1本の3本体制。

エサはJ州屋のオレンジイソメ。



ぶっこんで鈴付けて待つ。

昨年買った100均の穂先ライトは電池が全部腐ってた。

141214-04.jpg
 

それにしても真っ暗だね。


でもすぐに空が白んできた。

あっという間に穴子タイム終了。



やさぐれたヤチオさんにコーヒーを淹れて差し上げる。

釣り場といえどもドリップするところに欧州仕込みの紳士の所以がある。



するとヤチオさんがおいらにアンパンをくれた。

どうやら人の心を取り戻したようだ。

よかったよかった。


空がだいぶ明るくなった頃。



シャン、シャン、シャン♪

サンタがトナカイに乗ってやってきた。

わけではなく


りん、りん、りん♪

と、竿先に付けた鈴が鳴った。



しめしめ。

加齢か穴子か石餅か♪



141214-05.jpg
 

ハゼだった。



となりでヤチオさんが

「俺のハゼと比べて写真撮る?」

「俺のハゼと比べて写真撮る?」

とうるさいんだ。


そんなにデカイのを釣ったのか?




りん、りん、りん♪

と、鈴が鳴る♪



141214-06.jpg
 

ハゼだ。


となりでヤチオさんが

「俺のハゼと比べて写真撮る?」

「俺のハゼと比べて写真撮る?」

そんなにデカイのか?


しかし穴釣りではあんなにエキサイティングなのに、ブッコミ釣りのハゼはなんとも面白みがない。



141214-07.jpg
 

それにしても平べったいのも長いのもグゥグゥ鳴くのも釣れないぞ。


途方に暮れ、霊峰富士にお祈りする。


※撮影&写真提供ヤチオさん



お祈りが効いたのかエサの交換をしようと巻いてみると重い。

それにしても重い。

これはマグロか…?

でもまったく動かない。

あがって来たのはウサギの置物だった。ビビッた



これを取り込もうとしてくれたヤチオさんの膝が泥んこに……~_~; スマネッス

ヤ「敵の将校を前に固くなるのは仕方ないが、せめて礼ぐらい言って欲しいものだ」

ハ「あ、あああああありがとうございました」タタタタ、バタン、ブゥーン

ヤ「ん?どうしたというのだ彼は」

ラ「ビビったんですよ、大佐があの紅いポッキリヤチョリストだと知って…ウフフ」



そのあとまた重かったが牡蠣殻の塊だった。

ヤチオさんにお詫びに進呈したかったのだが、なぜか頑なに固辞されてしまった。



141214-08.jpg
 

なんかヘチ釣りしてみる。



なにげに初体験。

指先で糸を出したり巻いたりする為に金属のように冷たくない木のリールを使っているそうなのだが…

手がかじかんで巧く動かせない。



この日の朝は気温1度の予報。

きっと海っぺりはもっと寒いはずだ。



141214-09.jpg
 

ぷーやん釣れた。


でもヘチじゃなく投げの方。


さっきから微妙にエサが囓られ、小さなアタリはコイツのせいか。




もうここはダメだ。

ヤチオさんの残業許可が降りたのでプチ移動。


ヤチオさんの釣果はヤチオさんのブログ「八千代からの釣行記」にて。




141214-11.jpg
 

俺んとここないか?アフーイ港



人はいっぱいいるけど皆バケツには水が入っていない。


地元師の方に話を聞くと晩秋恒例の大羽さんは一匹も来ていないらしい。

ハゼならポツポツ釣れるかも。

ってことでチョイ投げをしてみる。



釣れない。

まったくアタらない。



ぐる〜っと埋立地を1周してやっと足元で

こつこつ



141214-12.jpg
 

小さいハゼドン釣れた。


もう手も心もガサガサだ。



こつこつとは違うココーンというアタリ



141214-13.jpg
 

可愛らしいミニメバル。


可愛くてもおいらの手や心はガサガサだ。




どうしようもないからここで撤退…じゃなく撤収。


するとヤチオさんがハゼをくれると。

なんでもヤチオ家はハゼ持ち帰り禁止らしい。

では、遠慮なく頂きます………って



え??



141214-10.jpg
 

!!


ウソ……だろ……


20cmの太っちょハゼ。

一瞬小さいマゴチかと思った。



家に持ち帰ってあらためて見てみると……


141214-14.jpg
 

わっはっは



デカイな。




141214-15.jpg
 

こはだも興味津津。


これは久しぶりにハゼの刺身だわい。



141214-16.jpg
 

しかしここは一工夫。


一瞬昆布締め(塩を軽く振って酢で湿らせた昆布に30分だけ重ねる)に。


こうすることによって臭みと水っぽさを取り、旨味が増すのだ。



141214-17.jpg
 

骨は骨せんべいに。


ちょっと揚げ過ぎたぞ。

少ない油でやるとだめだな。


でも家族には好評だった。


141214-18.jpg


マハゼのお造り(一瞬昆布締め)。


包丁はアレだが、味は抜群。


甘くて旨味が濃厚で、身がぷりっぷり♪




ヤチオさん、貴重な釣果をありがとうございます。


お礼にせめて麺処HANZOをご利用頂きたかったが…。

今度平べったいのを沢山釣りますのでその時は差し上げます。

え? もう年内は行けねえって?

まあまあそう言わずにまた付き合ってあげますよ^^




いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
[ 2014/12/15 11:23 ] 釣り ハゼ | TB(0) | CM(16)

どうしてもカレイを釣りたかったのじゃ!

 



湾奥の釣り物はその季節季節で実にめまぐるしい。



初春の小魚から始まって晩春のシリヤケイカ。

初夏のイシモチ、夏の間はシロギス。

秋が訪れるとサバ、深まるとサヨリ、マイワシ。

寒くなるとハゼ、ヒイカ、カレイ。


中にはごくごく限られた期間でしか釣れないものもあるし、マイワシのごとくは今年ついに訪れなかった。


そんな貴重なチャンスは逃したくない。

多少無理してでも逝きたいのだ。



先々週。

ヤチオさんに誑かされてSGU〜俺んとここないか港で、カレイ、アナゴ、イシモチなんかを狙ってみた。

結果は撃沈だった(参照

こいうことを巷ではヤチョる、というらしい。

てかおいらがネーミングしたのだが…。



リベンジしたい。

平べったい奴は釣っておきたい。

おいらにしては相当な執念を燃やしていた。



141219-01.jpg
 

仕事の合間にせこせこ自作仕掛けを作った。


ビーズじゃらじゃらタコベイトがうっすら光る仕掛け。


砂ずりだってグリグリグリグリグリグリやって編んださ。3本も。




んでもって、金曜夜。


仕事を終えた夜の9時半ごろに出撃した。




141219-02.jpg
 

ここはQWP下というところ。


実はここで釣りをしたことがない。

来たのも初めてだ。



先行して出撃していた☆Nさん(都合により匿名)情報によると平べったい魚のメッカは満杯。


☆Nさんはわずかに東へ移動し、そこを攻めるという。

おいらは西に位置するこのQWP下調査を仰せつかったというわけさ。



だがね、

BBさんがメールで丁寧に教えてくだすったんですが、その一番奥は赤いランプをクルクル回した白と黒の車が鎮座ましましていて、とても近づける様子じゃござりゃせんのでござんすよ。

だもんで、ちょっと手前の階段をふたつリサーチしたんだわさ。


そしたら皆口々にこの日はダメだと仰るわけさ。


やっぱメッカじゃないとダメだと判断し、ここでは竿を出さずにメッカにアキが出てることを期待して移動する。


メッカはメッカでも釣れるポイントってもんがあるんだわさ。

そこはもう竿を1本だって入るスペースがありゃしませんでさ。


だからそこで釣りをなさってる方に平べったい魚を見せて頂いたりしてたんだわさ。

なんでこんな変なしゃべり方になってるんだろう。



そしたらその先釣者様渋い中ぼちぼち釣れたのでもちょっとした帰るとな。

で、そのあとに入らせて頂いたってわけ。



ちょっと東で試していた☆Nさん(匿名希望)も挫けて撤収するというので、こっちへおじゃれと道連れにしてしまった。

さらのヤチオさんも参加されて、皆で右に左に絡んで絡ませ、組んず解れつお祭り騒ぎに講じてたのさ。


そしたらおいらの竿がか弱くりんりんりん…と。


いまのアタリかい?


アタリじゃねえのかい?


ちょっと巻いておくなせえよ。


はいはい、巻き巻き。



141219-03.jpg
 

ぷーやん。


※tsunaさんご夫妻、これ美味しいやつじゃないかも…。



それほど寒くはなかったが、心のなかに一筋の寒風が吹き去っていった。

※Nさん(匿名希望)は2:00過ぎに撤退。

わたくしHANZOは3:00ごろ撤退。

ヤチオさんはごにょごにょ「満潮間際に来るような気がする…」などとのたまっていらっしゃったので、きっと寒さとヤチョり過ぎと老化で脳みそが○×△□になってしまったんだろうと、その場に放置して釣り場をあとにした。


ね…眠い。

残念な気持ちと連日の疲れといろいろどっと出てくる。


家に辿り着こうかという早朝4:00近くに複数人宛にメール配信してる人が!!


なんだこんな時間に、とメールを見てみるとメッカに居残り残業でヤチョってるはずのヤチオさんからだった。


ふむふむ。


えーとなになに、46cmのカレイを釣ったと…。


な・ん・で・す・と!


あのあと、あのエサを囓られもしないアソコで釣ったのか…。


これは完全に負けたわい…。



そのあと早朝に変なヤケ酒とチーズパンなんか食らって、翌日は家の用事やらで夜もガブガブ飲んだら夜中にお腹がgyurururururu〜〜。

日曜の早朝出撃はとても不可能な常態に陥ってしまった。



そして翌々日の12/23(火・天皇誕生日)


この日も夜から出撃することはすでに決めていた。


けん房のけんちゃん(大将)もお店を終えてから来るという。


よぅし!今度こそ仕留めてやるぞ。




141223-01.jpg
 

夜の9:30に出撃してメッカへ。


もうあのピンポイントの場所しか眼中になかった。


祭日でいい陽気だったので混んでいると想定していたが、どうにかその場所に食い込んでやると心に決めていた。


だが、着いてみたらそこはガラガラ。


ひとりで竿10本分ぐらいだせそうなぐらいだった。



なぜ??

もう終わってしまったということ???



ひとまず、自作ビーズ&タコベイト仕掛け、市販のエッグボール仕掛け、市販のシンプル仕掛けの3本でスタートした。


エサは金曜のアオイソメ1パックとオレンジイソメ1パックがほとんど余っている。

ふっさふさに太いのを房掛けにして遠(といっても30mぐらいか)、中(20mぐらい)、近(15mぐらい)に投げる。


と!

お隣の方も来たばかりということだが、なんといきなり良型ゲット。


これは期待できるか。


数分後の11:40頃…。


ちりりん、ちりりん。


アタリアリ。


待つ。


…。


…。


あれ?


聞いてみる。


ぐいんぐいん。


やや重い。


巻いてみる。


141223-02.jpg
 

やったーーー!


今季は初カレイ!


30cmと小ぶりだが本命は本命。


1投目から本命とは幸先が良い。



さらに続ける。



ところがあとが続かない。


日付が変わって2:00前にけん房のけんちゃん到着。


だが、おいらの鉄板ポイントは混んでいると勘違いして随分と遠いとこで開始したと…。


あとで知ったがガラケーに着信が…ガラケー車に置きっぱだった…。



それにしてもアタリがない。


まわりも全然釣れていない。


もうぼちぼち帰ろうかと思った3:50頃。


鈴がリンリンと鳴った。


待つ。


…。


…。


聞いてみる。


ぐいんぐいん。


重い。


巻き巻き、ずっぽーん!




141223-03.jpg
 

やたっ!


最初のより少し大きく厚みもある34cm。



これで…帰れる…。


戦いは終わったのだ…。


ヤチョる匂いがプンプンするけんちゃんをひとり残しお先に帰還。




141223-04.jpg
 

オスですな。


何ガレイなのかはちょっと勉強不足でわかりません。


朝の5:00台に台所で下処理をする。



141223-05.jpg


ひとまず5枚におろしておく。


子供らを起こして学校へ行かせる。

ちょっと寝たかったがちょいちょい仕事の依頼が入ってあまり眠れず。




今宵はクリスマス・イブ。

眠いが料理する。


昨年はパエリアやローストビーフを作った。

今年は……



魚介のイブだ!!!




いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
[ 2014/12/24 17:20 ] 釣り カレイ ・ アナゴ | TB(0) | CM(16)