カテ淡水魚水槽 最終回

12655374424b6e91a243e34.jpg

HANZO家の淡水魚水槽。

通称ミニ水元。

当ブログのカテゴリーは「淡水魚水槽」になる。


上の画像はブログを始めてからの全盛期の頃(追記:全盛期を過ぎて放置期の頃)である。

水槽の仕様についてはこちらを参照



さてこの度、水槽を撤去することとなった。


実に残念だ。


水槽の荒廃の第一因はやはり震災による節電だろう。

あれで水草はアヌビアス・ナナ、ウィローモスのぞくほとんどが死滅した。

水草にとって照明は生命線だったのだ。


さらに追い打ちを掛けたのが濾過器の不調。

数ヶ月に一度水漏れを起こすのだ。

その頻度は増していき、ついに濾過器をストップし、自然のままに任せるという、いわゆる放置状態となって半年が過ぎていた。

もう生き物はいない。


この状態のまま放置するのもよくない。

ということで泣く泣く撤去の決意をしたというわけだ。



161211-01.jpg
 

12年間水漏れせずに頑張った60cm水槽。

安物である。



最初は45cm水槽だった。



161211-02.jpg
 

濾過器。


最初は上部フィルターだったが、水草が増えるにつれスペック不足となり、外部式の濾過器を導入した。

たぶん水を呼ぶ手押しポンプのあたりのパッキンが傷んでいると思われる。

まだモーターもインペラも問題なく回る。



161211-03.jpg
 

なにより10年近くの年月で培ったバクテリアたちがもったいない。


こればかりは一朝一夕ではつくれないのだ。


161211-04.jpg
 

照明は蛍光灯60W×3灯。


さすがに震災後の節電中にこれを灯そうと言う気は置きなかった。

結果水草はほぼ全滅した。



161211-05.jpg
 

うんこ、ではなく流木。

これは買ったものである。


これにウィローモスという苔の一種を活着させると綺麗だった(本記事下部参照)


161211-06.jpg

 
ソイル。

いわゆる土だが水草を育たせるに良い成分が入っている。



以上

12年間ご苦労様でした。

これにて『ちゃり時々めし』のカテゴリ「淡水行水槽」は最終回となりました。


最終回スペシャルとして、この水槽に住んでいた生き物たちと植物を最後にご紹介します。



順番はバラバラです。

12655353944b6e89a26f1dd.jpg
 
ヤマトヌマエビ

コケとり名人です。

近所の河川敷の公園の水路に沢山います。


12655354004b6e89a8de65c.jpg
 

ウグイの稚魚

マルタの稚魚だと臭いです。



12655354074b6e89af48351.jpg
 

ツチフキ。

近所の大きな公園にてガサガサで捕れました。

この辺では珍しい魚なんじゃないかと思う。



120616-05.jpg
 

スジエビ。

時に釣り餌用のストックという悲しい住人であったことも…

近所の大きな公園で死ぬほど捕れます。



12655354204b6e89bc168ec.jpg
 

ふなっ子。

これもガサガサで捕獲。

大きくなる前に死んでしまった。


手は冷えている状態だけど、あまり触ってはいけないよね。


12655353814b6e89956e3cf.jpg


モツゴ。

いわゆるクチボソ。

水槽内の雑魚キャラ的存在。

恋の季節になるとオスの顔に追い星が出来、凶暴になる。

そしてメスは卵をたくさん産んで、自分たちで全部食べてしまうというなぞの行動。


100704-04.jpg
 

タイリクバラタナゴ。


これがメインの魚になる。



120603-17.jpg
 

婚姻色がでると実に綺麗であるが外来種である。


これも近所の大きな公園で捕れる。


120708-02.jpg
 

タニシ。

これは水槽内で生まれた子供である。

つまり二世。


ほかに画像はないが石巻貝がいた。


130802-05.jpg
 

カダヤシ。

最初はメダカかと思ったが、当ブログを見た方から「カダヤシ」だよとご指摘を頂き間違いに気づいた。

これも近所の大型公園で穫れる。




120531-09.jpg
 

テナガエビ。


一時水槽内に生き物がいなくなったため、釣ってきたテナガエビを入れておいた。



101124-01.jpg
 

マハゼ。


テナガエビ同様、寂しい水槽内を潤すために食べられずに水槽で半年暮らした。

じつは越冬をした。


他にもブルーギル、ドジョウ、チチブ、白メダカ、モロコなどが住んでいた。



次に水草たち。



100704-06.jpg
 

グロッソスティグマ。


CO2添加が必要だが底面をミドリの絨毯にすることができる。

栽培はやや難しい。


100704-07.jpg
 

アマゾンソード(奥)と

ピグミーチェーンサジタリア(手前)


後者はCO2添加が必要(だったかな)



100419-01.jpg
 

なんかやたら小さいサムネイルなのはブログがまだヤフー時代の頃の画像だから。


流木に活着させたウィローモスとアヌビアス・ナナ



100419-02.jpg
 

同じく南米ウィローモス


他にもカボンバ、アナカリス、バリスネリア・スピラリス、スクリュー・バリスネリアなどが茂っていた。



12年間、我が家を癒やしてくれてありがとう。



最後にもう一度在りし日の水槽の画像を載せておしまいとします。


12655374424b6e91a243e34.jpg

おしまい。

[ 2016/12/12 10:03 ] 淡水魚水槽 | TB(0) | CM(10)

暮れの恒例カレイ釣り

 

今年もあと僅かですね。


今年はなにもなかった一年でした。

何もないというのはきっと良いことなんでしょう。



ただ、今これを書いている僕は布団とトイレの往復です。

ウィルス性の胃腸炎かと思ったけど、熱が出ないから何かに当たったのかな。



当たったといえば有馬記念。

キタサンブラックから流したが残念。

辛うじて滑り止めの馬単で負けにはならなかった。


東京大賞典は惨敗。




さて。


毎年、クリスマス、暮れの忙しいこの時期に必ず行くカレイ釣り。

昨年はボウズだったのでブログの記事にはせず、Facebookでのみアップした。

また、釣りはしなかったが、暮れにブロガー仲間が集って酒盛りなどもした。


つまり昨年はカレイを釣っていない。



今年は釣ってやるぞと勇んで行ってきた。


その前日かみさんとふたりの忘年会で小岩の「けん房」で飲んだ。

けん房の大将「けんちゃん」が翌日出撃するというので、便乗することにしたのだ。


当日お店を途中で抜けだしたwけんちゃんを乗せて現地へ向かう。(本当はけんちゃんは休みの日だったのだ)

途中地震速報が鳴り、信号待ちで揺れる。

津波の心配はないとのこと。現地へ向かう。


161228-01.jpg


現地到着は10:00頃かな。



人はそれ程混んでないが、ひとりで10mぐらい占拠してる人もいるから竿はビッシリ。

奥の方が空いていたのでそこに入り、ふたりで3本ずつ出す。



幸い風はなく、気温も高く過ごしやすい。



アタリは全然ないのだが、お隣の紳士はダブルでかけたり、ポンポン釣れている。

この違いはナニ?



まずけんちゃんに待望の1枚。


しばらくして



161228-02.jpg


やっと釣れた。


だが小さいね。



沢山釣ってるお隣さんを参考にさせて頂きようやく1枚。

その後3:00ぐらいまで粘ったが追釣なし。


撤収。


ま、ボウズは免れたので良しとしよう。


最後に釣りができてよかった。

けんちゃんお疲れ。

腹壊してないよな?




では皆様、来年もよろしくお願いたします。



おしまい。
[ 2016/12/30 13:14 ] 釣り カレイ ・ アナゴ | TB(0) | CM(2)