【艦船模型】1/700戦艦長門(4) 〜兵装編〜

 


さて、1/700戦艦長門のつづき。


今回は兵装偏。



170516-01.jpg
 

第1・第4主砲塔。


世界のビッグセブンの所以である世界で7隻しか存在しない40cm砲搭載。


分厚い装甲で鎧われた馬鹿でかい大砲である。


手すりとラッタル(梯子)をエッチングで追加。

ちょっとペーパーがけのあとが汚いが、あとできちんと洗浄する。



170516-02.jpg
 

砲身。


キットでは砲口が開いていない。


なのでピンバイスで開けてやる。

最初にセンターを上手にとらないと悲惨なことになる。



170516-03.jpg
 

砲身基部は防水のためのキャンバスが貼られているのだが、なんか角ばっていて雰囲気無いので、ヤスリで削って布っぽく。





170516-04.jpg
 

これは第2・第3主砲塔。

空中線支柱をエッチングで追加。


第2・第3主砲塔には10m測距儀がつく。

測距儀とは光学式照準装置のことだが、本来環境にある測距所の測距儀がやられた際、この主砲塔上の測距儀で照準合わせるのだ。

左右の四角いレンズ部分がキットでは埋まっているので、カッターやヤスリでそれっぽく。


170516-05.jpg
 

副砲。

50口径三年式14cm砲。

これもピンバイスで砲口を開けてやる。

写真は割り箸に貼り付けてあるのだが、その大きさがわかるだろう。

センターをきちっと出すには実に精密な作業を要する。


長門には左右に8門ずつ、計16門搭載される(開戦後順次減っていくが)。


170516-06.jpg
 

対空装備。

40口径八九式12.7cm連装高角砲。

いわゆる弾幕を貼って敵機の攻撃を防ぐ。


キットの物は大雑把な作りなので、プラ材で色々手を加えている。



170516-07.jpg


機銃。

九六式25mm連装機銃。

飛来する敵機を撃ち落とす機銃。


キットの左右を削って、エッチングパーツを貼り付けたニコイチ。

今はもっとマシなパーツが発売されているようだ。




軍用艦には様々な艦種とそれに伴う役割があるのだが、戦艦というのは文字通り戦う艦。

敵の艦船を沈めることに特化した艦である。

敵艦よりも遠くから攻撃し、敵艦よりも頑丈で沈まないことを目標に建造された艦である。

砲が大きくなればその巨大な砲を積むための巨体が必要であり、その巨体を敵に晒すには分厚い装甲が求められるのである。



そういう意味ではそこに航行速度も加わって、この長門は実に完成された艦であったと言える。

しかし、巨大な砲で巨大な砲弾を飛ばす時代は、航空機の発展により次第にその役割を終えていくのである。



つづく。


次回は偽装、仕上げ編。
[ 2017/05/16 18:02 ] 艦船模型 | TB(0) | CM(5)