(4)FOES号⇔CHROMAG号 フレームスワップ日記その4 組み立て編

170806-4.jpg

  

『FOES号』『CHROMAG STYLUS』フレームスワップ(交換)日記のつづき。


今回は第4段、組み立てをやっていきたい。


 
その2“コンポ編”で、シフトワイヤーのアウターが総取り替えになるため急遽取り寄せることに。

その3“Fサス編”では、コラムスペーサー取り寄せることになり、

パーツ待ち状態になっていた。



170804-01.jpg
 

そのパーツが届いた。


安物だが仕方ない。


170804-02.jpg
 

『CHROMAG STYLUS』はリヤディレイラーからトップチューブ下までがアウターになる。

その寸法をざっくり測ってじょきんとカットする。


本当は「ワイヤーカッター」で切断するのだが、持っていなかったのでニッパーで。

あとで検索したらそれほど高価なツールではないので、買ってしまってもよかったかもね。

ニッパーじゃ切りづらい。



170804-03.jpg
 

切った断面は棒ヤスリでスリスリし、なかのチューブを尖った工具で拡げといてやる。



170804-04.jpg
 

リヤディレイラーのアウターをセット。


バッシュガードやホイールのリム、ペダル、ステムのブルーに合わせて、アウターもブルーに。


170804-05.jpg
 

ワイヤー類の取り回し。


コラムスペーサーは、あとでポジション出しをするまでは仮配置。

現状は、ステムの下にひとつ、上にふたつ。



170804-06.jpg
 

アジャスタブルシートポストも意外に簡単にセットできた。


手元でサドルの上げ下げの操作ができるので、これもワイヤーをハンドルまで取り回す。


170804-07.jpg
 

リモートレバーはハンドル左側に。


右側はリヤの変速操作で忙しいからね。


何かの時に手をぶつけると痛そうなので、前側に突き出た感じでセットした。



170804-08.jpg
 

シートポストの操作も加わったので、ワイヤー類は4本。

最初からフレームに4本のガイドがあるということは、アジャスタブルが前提なのかな。



さあ、ここまで来たら、ホイールを装着して完了。


…のはずなんだけど。


170804-09.jpg
 

リヤのクイックの締め方がわからない。


『FOES号』から外した時は普通のクイックかと思ってたんだけど、クイックより軸が太いね。

スルーアクスルならクルクル回して締め込んでいけばいいんだろうけど、これはちょっと違うみたい。



ネットで検索してもヒットしない。


というわけで、今回はここまで。



つづく。

[ 2017/08/10 12:14 ] ちゃり(MTB) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/1000-ce0c8991