(完)FOES号⇔CHROMAG号 フレームスワップ日記完成編

170806-7.jpg

  

『FOES号』『CHROMAG STYLUS』フレームスワップ(交換)日記のつづき。


今回は第5段、最終回。


 
完成間近だが、前回の後輪のクイック? スルーアクスル?

その取り付け方がよくわからない。

ネットで検索したりして数日費やした。


だが、検索にはヒットしないので、色んな方向から構造を考えて、結局強く締めていきゃいいんだなと解釈。


キッチンペーパーで養生して、モンキー(スパナのサイズがなかった)で締めていく。

結構抵抗があったけど、ねじ山にグリスを塗って締めていく。



どうにかリヤホイールもセット完了。



170804-10.jpg
 

完成!!



白のパーツは配色的にどうかと思っていたが、なんとかいい感じになってるんじゃない?




170804-11.jpg
 

フロントビュー。



もともとの『FOES号』が生粋のDHバイクなだけあって、タイヤは2.4の極太タイヤ。


ホイールも頑丈そうな重いヤツ(リムはatomlab)だし、全体の総重量もクロカンのSalsa号と比較したら超重い。


高級なチャリ=軽量

と思っていたが、頑丈さを追求するパターンもあるんだねえ。



170804-12.jpg
 

リヤビュー。


懸案だったフロントの変速もなんとか出来ている状態。


コンポ類は良いパーツをおごってあるので調整がすごく楽だった。


こんなにすんなり調整できるとは正直おもってなかったな〜。




170804-13.jpg


あ、そうそう。


最後にチェーンステーに古チューブを巻いて養生。


これで本当に『CHROMAG STYLUS』完成!!


早速試走してみたいが、あいにく雨がつづき数日待ち。



170804-14.jpg


試走。

近所のダートコースを走る。


暑いけど走る。




おおお!

素晴らしい!



170804-15.jpg


サルサ号と乗り比べてみた。


同じマウンテンバイクとは思えない程まったく別の乗り味。


クロカン向きのサルサ号は、軽くてギヤが大きい分スイスイ登り、取り回しがクイック&レスポンシブだけど、やや硬い乗り味。

一方下り向けの『CHROMAG STYLUS』は、重いけど安定感抜群で、どこまでも滑らかに走り続けていくような柔らかな乗り味。

正直DHバイク(下り向けバイク)でこれほど楽にサイクリングできると思っていなかった。


ちなみにフレームのマテリアルは、サルサ号が軽量だが硬いスカンヂウムなのに対して、『CHROMAG STYLUS』は重いが靭やかなクロモリ。

つまり『CHROMAG STYLUS』は鉄なのだ。


乗車姿勢も、やや前傾でペダル幅・ハンドル幅ともに狭いサルサ号にくらべ、やや後ろ寄りに座り、ペダル幅もハンドル幅も広いのでドッシリ感のある『CHROMAG STYLUS』

試しに江戸川土手の段差のある急な斜面をスピードを出して下ってみたが、抜群の安定感だった。

乗車姿勢にプラスして、Fサスのトラベル量の違いとフレームのしなやかさの違いかな。


ブレーキ性能は『CHROMAG STYLUS』の方が数段上。
さすがはMAGURA。
繊細なブレーキコントロールも急制動も人差し指1本でまかなえる。


何と言っても不思議なのが、直線でぐんぐん進んでいく感じ。

これがクロモリの良さなのかな〜。



これは富士見やふじてんで走ったら最高だぞ。

楽しみ♪


おら、わくわくすっぞ。


というわけで、これにて『FOES号』『CHROMAG STYLUS』フレームスワップは完了〜〜〜。



おしまい。
[ 2017/08/14 09:11 ] ちゃり(MTB) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/1001-44f152b7