FC2ブログ









博物館めぐり(1)(貨幣博物館編)

 

さて…


ネタがない。


釣りやらチャリやら呑みのネタがない。

(いや、呑みのネタは無限にある。記事にするのを食傷気味なだけ)


ので…


新シリーズ。


「博物館めぐり」


我が東東京には「江戸東京博物館」や、地元葛飾には「寅さん記念館」など有名な博物館、史料館があるが、もっとマイナーな、それでいて内容の素晴らしい、さらに言えばできれば無料の

そんな埋もれた博物館、史料館をぶら〜っと巡っていきたい。



というわけで第一弾は少し都心方面へ。



171203-01.jpg
 

片道15kmほどなのでチャリで出発。


途中大きな木の下でパチリ。


171203-02.jpg
 

近頃何かと騒がしい国技館を前にパチリ。


古き良き伝統は残ししつつももう少し現代的に改革して、さらに栄えて欲しいと思う。



171203-03.jpg
 

で、到着。


日本橋。


家康公が入府した初期の頃は「二本橋」であったという説も。

文字通り二本の橋が掛かっていたとか。



171203-04.jpg
 

ドラゴン系クリーチャもいる。


これを倒すとおよそ20,000ソウルゲットできる。


名前はカラミットだったかな。



171203-05.jpg
 

こっちは霊廟の聖獣。


変わったカタチの盾を装備している。



171203-06.jpg
 

橋をわたるとひらがな表記。


書いたのは確か…



171203-07.jpg
 

日本銀行。


空の上からこの建物を見ると「円」の字になってるんだっけかな。


目的地はこっちではなく



171203-08.jpg


こっち。


日本銀行金融研究所「貨幣博物館」。


貨幣というだけあってまさにお金の博物館。

中は撮影禁止なので写真は一枚もない。

だが、中には大判小判がざぁ〜くざくぅ〜〜(ルパン風に)



入ってすぐ荷物検査(磁気ゲート)を受けるんだけど、それって出るときにするもんじゃないの?


入場料は無料。

なかなか見応えあった。



くわしくは貨幣博物館のウェブサイトで(こちら



どうでもいいんだが、たかが往復30kmだってのに、帰りの平井大橋で足が攣りそうになった。

運動不足も極まれり。



このシリーズ、続けたほうが良さそうだ。



おしまい
[ 2018/02/05 16:36 ] 博物館めぐり | TB(0) | CM(2)

次回も楽しみにしております♪
[ 2018/02/06 08:08 ] [ 編集 ]

きのこ三十郎さん

いつもありがとうございます♪
内容がわからなくてなんだか恐縮ですが、実物の昔のお金が展示されていて、面白かったですよ。
豊臣秀吉の慶長大判、江戸期の小判、西郷軍が発行した西郷札などなど。

いくつかネタは確保してあるので近々またアップします。
[ 2018/02/06 11:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/1017-c62d900d