博物館めぐり(4)(浦安郷土博物館編)

 


博物館めぐり第四弾。



今回は片道12km(最短で)。


脚を鍛え直すためチャリで行こう。

今回はCHROMAG号で。



180131-01.jpg
 

夏はハゼ釣りで賑わう境川。


今(2月のはじめ)は誰一人釣りはしていない。



180131-02.jpg
 

がーん…。


事前にグー●ルさんで調べたら本日営業ってなってたのに!



180131-03.png
 

仕方ないので帰る。


片道12kmのはずだったが、帰ったら往復34kmだった。





懲りずに日を変えてリベンジ。


前回来た時、資料館併設のお食事処に「あさりめし」なるものが目に入ったので(前回は施設と一緒に休みだった)


180204-01.jpg
 

あさりめし♪(1,100円)


こういうところのご飯ってあまり期待できない印象だったが、これは美味しい!

フタをあけるとふわ〜っとアサリの良い香り。


煮物は具によって煮方を変えている感じがした。



180204-03.jpg
 

さて、今度こそ『浦安郷土博物館』へ!


入場は無料!



180204-04.jpg
 

屋外に昭和27年頃の浦安の町並みが再現されている。


(スタッフの方に撮影OKか聞いて許可を頂いています)


これは船宿。



180204-05.jpg
 

タバコ屋。


缶ピースぐらいならわかるが、あとのは見たこと無いな。



180204-06.jpg
 

タバコ屋内部。


中に入れる。


裏には小さな庭があり、洗濯物が干してある。

トイレも再現されていた。



180204-07.jpg
 

海苔漁師の作業場。


手前の井戸はちゃんと水が出る。



180204-08.jpg
 

電線がなければ映画やドラマで使えそう。




180204-09.jpg
 

天ぷら『天鉄』。


実際に浦安にあったお店らしい。

山本周五郎著の小説『青べか物語』に登場し、作者自身も実際通われていたお店らしい。


この屋外展示は実際のものと再現したものがあるらしい。


180204-10.jpg
 

昼間から天ぷらで一杯やっているのか。


メニューにはハゼ、メゴチ、キス、ギンポなどの札が掲げてある。

江戸前の定番ですな。



180204-11.jpg
 

なんと本物の駄菓子屋がある。


中にはお婆ちゃまが店番をしてらして、実際駄菓子を買うことが出来る。

僕の子供の頃とはラインナップが変わっているが懐かしいに変わりはない。


このほか中に入れないのもあるが風呂屋、寿司屋、豆腐屋、魚屋などがある。



外の町並みをあとにして、今度は博物館内部に入る。

内部の展示も充実している。


180204-12.jpg
 

これはかつて湾奥全域に広がっていた干潟を再現したジオラマ。


よく出来ている。

素晴らしい出来だ。


ハゼ、トビハゼ、カニ、貝類、鳥たちで賑わっている。



180204-13.jpg
 

水槽には実際の魚もいる。


これは見たこと無いほど巨大なマハゼ。

ヌシクラスの大きさだ。


今はいなくなったアオギスや聞いたことない名前のハゼなども泳いでいた。



180204-15.jpg
 

かつて浦安前に広がっていた海苔の漁場の航空写真。


左下の干潟部分辺りが現在の●ィズニーリゾートになるのかな。

浦安市は市の大部分が埋立地だ。



180204-16.jpg


こうしてみるとどれほどの干潟を壊してきたのかがわかる。


人間の繁栄のためと言ってしまえばそれもそうかも知れないが、失ったものの大きさをまざまざと知ることも出来る。


出来うるならば共存してく道も考えてほしいものだ。



さて、この『浦安郷土博物館』。

入場は無料で、駐車場も無料(市役所の総合駐車場)である。

中は駄菓子屋があり、子供たちが竹馬やべエゴマで元気に遊んでいる。

素晴らしい施設だと感じた。


全国のガラガラの博物館・資料館。

ここ『浦安郷土博物館』を参考にした方が良いかもしれない。





おしまい。
[ 2018/02/13 10:12 ] 博物館めぐり | TB(0) | CM(2)

これみて

お久しぶりです!
釣りにはいけてないみたいですね〜
僕は釣れないけれどちょくちょくKには行ってますよ。

この記事見て、浦安市郷土博物館に行っちゃいました。
子供たちは駄菓子屋が新鮮らしく、また連れてきてねの繰り返しでした。
いいとこですね!!

釣り堀ができればなお良いんですけどね😊
[ 2018/02/26 06:14 ] [ 編集 ]

りーさん

おお!それはそれは。
お子達も喜んで頂けたようでなによりです。

釣り堀ねえ。
っていうかアサリ漁に関する展示物が多々あるから、潮干狩り体験でもいいかもね。
また、どこか発掘します。
[ 2018/02/26 16:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/1020-ed2de2cf