MacOSアップグレードその後

180306-03.png
 

前回の記事(こちら)で仕事用MacのOSを「10.8.5」から「10.11」にアップグレードしたことを書いた。


OS10.11.6、通称「El Capitan」。


本来であれば10.8(Mountain Lion)からなら10.9(Mavericks)にアップグレードすべきであったろう。

ところが10.9のインストーラーをもっておらず、お借りしたインストーラーではうまくインストールできなかった。

10.10(Yosemite)と10.11(El Capitan)は持っていた。

色々ネットで読んで10.11を選んだのだが、これが間違いだった。


あとで知ったのだが10.11になるとAdobe社のアプリのCSシリーズがうまく作動しなくなるらしいのだ。

Adobe社のアプリは仕事上三種の神器ともゆうべきInDesign、Illustrator、Photoshop。

これのCSシリーズ(旧シリーズ:現在はCCシリーズ)が使えなくなるのは死活問題だ。


実際CS3シリーズはライセンシングがうんちゃらかんちゃんらで起動しなくなり、CS5は終了時に落ちる。

InDesignCS6は「落ちる」「[メモリ不足]というエラーで固まる」「真っ白なダイアログが出て固まる」と言った症状でとても仕事にならない。



これはアップグレードのやり直しだ。

仕事用のファイルは本体内蔵HDDに入っているので、ようは分身システムを入れ直してやればよいだけだ。

面倒だけど。



今回気付いたのだが、どうやらメインの方のMacはどこかに障害があるっぽい。



だいぶ前の環境で少し不安だが、今回はサブのMacから環境、設定、アプリを復元していこうと思う。



ってことで、今回アップグレードしたSSDを、また真っさらにフォーマット。


で、サブのマシンに繋いで、ひとつバージョンの低いOS「10.10(Yosemite)」をインストール。



180322-02.png
 

インストール自体は30分ぐらいで完了。


で、SSDで起動。

サブのMacにつなげたまま。



で、サブのMacの環境、設定、アプリケーションを「移行アシスタント」で復元。

これでサブのMacの分身10.10システムディスクが完成。



これをメインのMacに繋げて、SSDの10.10で起動。

順調に移行できている。

Adobe CS5以降も問題なく動いてくれている。

ただ、CS3はやはりライセンシングがうまく作動せず、新たにインストするかサポートに問い合わせろと出る。

まぁ、CS3はとっくにサポート対象外だからな。捨てよう。

っていうかサブMacの10.6.8(Snow Leopard)で動かすことが出来る。


これで無事アップグレード完了。



さて、今回は古いサブの環境、設定、アプリで復元したので、Adobe CCシリーズが入っていない。

なので一気に

InDesign CC、CC2014
Illustrator CC、CC2014
Photoshop CS6(CS3が使えなくなったので)

をAdobe Creative Cloudからダウンロードし、インストールした。


あとはCSシリーズの設定をCCシリーズに移行させてやらねばならない。


以下備忘録的にここに記しておく。


InDesignは[ユーザー/ライブラリ](optionおしながら「Finder」メニューの「移動」にある)の[Preferences/Adobe InDesign/ja_JP/InDesign Shortcut Sets]の中の

180322-01.png

下位バージョンで保存していたショトカ(拡張子が「.indk」)をそれぞれのバージョンフォルダ内の「InDesign Shortcut Sets」フォルダにコピーしてやればよい。

あとは立ち上げた各バージョンでショトカを読み込めばいい。



イラストレータは[ユーザー/ライブラリ](optionおしながらFinderメニューの移動にある)の[Preferences]の中の各[/Adobe Illustrator 〜各バージョン名〜 Settings/ja_JP]の中の

180322-03.png

下位バージョンで保存していたショトカ(拡張子が「.kys」)をそれぞれのバージョンの[ja_JP]フォルダ内にコピーしてやればよい。



Photoshopのショトカとアクション(←これ大事ね)は[ユーザー/ライブラリ](optionおしながらFinderメニューの移動にある)の[Application Support/Adobe Photoshop 〜各バージョン名〜]の中の

180322-04.png

ショトカは[Keyboard Shortcuts]フォルダ内の拡張子[.kys]を

アクションは[Action]フォルダ内の拡張子[.atn]を

上位バージョンの同じフォルダにコピーすれば出来るはずだ。



今回はだいぶ古いシステムから分身を作ったので、この作業が必要だったが、普通にTime Machineや最新の環境から復元したのであればこんな作業は必要ない。

でも、新しいCCシリーズも続々出てきてるから、新しいバージョンに移行する際は参考にして頂ければと思う。



今回はかつてないほど大変な引っ越しだったな。

これで落ち着いてくれることを願いたい。



おしまい。
[ 2018/03/23 11:21 ] Mac・iPhone・DTP | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/1022-bd1640ff