釣り遍歴

拙が釣りを始めたのは小学生のとき。
思いっきり大ブームが到来した。昭和50年代の話。
釣りキチ三平の影響かな?

夏は鯉のぶっ込み、鮒のウキ釣り。
冬は小さい延べ竿でタナゴ釣り。
水門の上では極小のリールセットでタナゴ釣りなんかもやった。
けなし池で手長エビ釣りもやった。
夏休み土手で仲間と夜釣りしてると、近くに住む担任の先生が夜食を持ってきてくれたっけ。
今だったら叱られるかな? おおらかな時代だった。

ばぁちゃん家の近くの沢では、三平の練り餌でハヤ(だっけ?腹のだいだい色の魚)を入れ食いで釣った。

叔父さんに丹沢の方の渓流へマス釣りに連れて行ってもらった事もあった。
今じゃ見かけない
こんなカタチの目印をみて釣っていた。
あのニジマス(だったかな?)の引きの感触は忘れられないな。

近所のおじさんに霞ヶ浦の方へヘラ釣りに連れて行ってもらい、巨鯉を取り込み寸前でバラした記憶も鮮明に残ってる。

中学になると、チャリで遠征して海まで行くようになった。
今の新木場の南西角の危ない堤防上を歩いて行った浮き桟橋だった。(…たしか)

それからしばらく釣りから離れて大人になった。

車に乗るようになった頃、友達の彼女の家が行徳の運河の脇で、よくそこでハゼ釣りをした。
とにかくサッパかコノシロがいっぱい釣れて、隣のおじさんに食えないよと教わり全部棄ててた。
もったいなかったなぁ~。

寒い時期、千葉県市原の人気のない所で投げ釣りを夜通しやった。
鍋でおでんを煮ながら一升瓶を二本あけて寒さを凌いだ。
その時は投げればすぐに食いついて、いい加減ほっとくとアナゴが仕掛けにグルグルにこんがらがって大変だった。
手のひらサイズのカレイが20~30枚ぐらいとキスが20~30尾、アナゴが10本ほど釣れた。(たしか)
タコもいっぱい釣れたっけ。途中でほったらかしてなかったら、もっと釣れてたんだろうなぁ。

その後また釣りをしなくなって、結婚して、子供が生まれて、チビ1号が金魚をお祭りで穫ってきて、タナゴ穫りを始めて、また釣りをするようになった。

昨年70cmの鯉を二本上げて、海釣りに移行して今に至る。

今年はランカーシーバス、旨いハゼ、秋にヒイカ、キスやカワハギなんかもやってみたいなぁ~。
お金も掛かりそうだな。
お馬の神様頼むぜっ。
[ 2010/01/23 12:01 ] 釣り その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/12-f4fb97df