雨のONGR林道

先週仕事の都合で延期にしてもらった埼玉のONGR林道。
昨日22日(月)にやっつけに行ってきた。
天気予報は曇り。前日は雨なので路面状況は期待できない。
さわらびの湯の物産店Pに停めさせていただき、今から登る山を見上げる。


赤い矢印のあたりを通って行くのかな…あそこまで登るのかぁ…
とりあえずバイクを組み立て、今来た車道を下って行きます。
大松閣脇から林道に入り、いきなりキツイ上り。



そして滝のわき水の所で「通行止」。
かまわず進みます。



ここで暑くてヘルメット外した時、愛用のサングラスを落としました。
一瞬パニクって、来る途中で落としたと思って(ヘルメットに差していた)上ってきた道を下ろうかと思っちゃいました。
33rpm氏が「その辺にあるんじゃね?」と言ってくれなかったら戻ってるとこでした。
あぶねーあぶねー



写真ではわかりづらいですが、結構な斜度のダートを延々上って行きます。
33rpm氏は最後のギア2枚が使えない状態なのに、どんどん先に行ってしまいます。
あたしゃすでにインナーローです。



山頂付近は霧というか、雨雲というか、いわゆるガスってきています。



いやー結構上ってきました。
下界が小さく見えます。



路面コンディションはわりかしイケる。
適度にウェットで逆にグリップしてくれます。
崩れているとこも、壁側は何カ所かあったが道側は大丈夫でした。
しかし、それも前半だけ。
後半は、ガレガレで轍だらけ。
雨が降ってくるとマッディな所もあり上りも下りもヒヤヒヤ。
なんせ右側ずっと崖ですから((((;´・ω・`)))ガクガクブルブル。


この辺、少しガレて来た。
この先はガレガレ連続で、そんな所では写真なんて撮れません。
水場のある東屋でおにぎりタイム。
おにぎりふたり分6個を33rpmさんにここまで運んでもらっちゃいました。スンマソン。
休憩後ふたたび走り出しますが、上へ行くほど霧が濃くなって…
仕舞には雨と混じって天然のミストシャワーの中を走りました。
さらに、アブだかブヨだかの大群にまとわりつかれた。
あいつらスピードの落ちる上りになるとどっからともなく集まってくる…
そいつらを振り払おうとして、思わず足を付いた瞬間…
ぐぎゅぎゅぎゅうぅぅぅ~
キターーーーー!イッタァ~~~イ!
脚ツリました。合計5回ツリました。
う○こ座りでなんとか凌ぎます。

前日飲んじゃったので準備不足でした。
忘れ物…ボトル、心拍センサー、着替えのパンツ…。
そして、マップを忘れました。
途中分かれ道でどっち行ったらいいかわからず上りへ上りへと進み…
そしたら…


ゴールでした。バンザーイ!
金比羅の方のトレイルは今日はマッディなのでお預けとして、ココで下山します。


愛用のキャメルバックもドロドロ、ぐっしょり。
写真は携帯ですべて撮ったが、後半は雨なのでジップロックのなかに。
だから後半の写真はほとんどありません。撮ってる余裕もありません。

ここからは、アスファルトの道を下って行きます。
気持ちいい~~~! でも、さっぶ~~~い!
おまけに顔に泥や雨水がガンガン飛んできます。
気持ちいい下りもあまり飛ばせません。
33rpm氏は結構なスピードで下りながら、ずーとウィリー(マニュアル)してました。なんちゅーやっちゃ。
そういえばガレガレなダートのダウンヒルでもバニホとか普通にやっちゃうのね…
後ろで見てるこっちの方が縮みあがるわいっ!



湖まで下って愛車を記念撮影。よく頑張りました。
チェーンも1回しか落ちませんでした。
あのガレガレでパンクもナシです。
後ろに見える山を越えてきたんだと思うと、じわじわと達成感が湧いてきます。
車に戻った時には池に飛び込んだような状態でした。
でもガキの頃に戻った様ですんごく楽しかった。
さわらびの湯に直行。
ふたりして温泉に浸かり、疲れた身体を癒します。
車を止めさせていただいた物産店で、ジャムやらまんじゅうやらじゃがいも(?)やらを買って帰ります。お礼のつもりです。
アミノバイタルプロを最後に飲みました。これ後で身体がカッカするよね。



でもってこちらがそのルートです。
時計回りです。
辛かったけど、しんどかったけど、死んじゃいそうだったけど…
楽しかった。
この年になってこんな遊びができるなんて果報者です。
次回は下りのみでお願いします。
[ 2009/06/23 10:42 ] ちゃり(MTB) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/128-105af507