白点病その後…

水槽大掃除の後、白点病を発病したタナゴ二匹。

ネットで検索してとんがらしの薬浴で治るかも…

ってことで…

100302-07

やってみる事を前回記事に書いた。

塩は水草へのダメージを考え、ペットボトルを代用して、本水槽はとんがらしのみにした。

ペットボトルの水温はじょじょに高めていく。
やつらは水温が高くなると宿主(魚)から離れて分裂し、また魚へ寄生するの繰り返しらしい。
宿主から離れたスキに塩やとんがらしで攻撃する作戦だ。

しかし、看病の甲斐なく一匹はすぐに昇天し、もう一匹が今朝天に召された。

それだけでなく、ウグイまで発病していることが発覚した。
さらに水草は急速に元気がなくなり、葉が溶け出している。

我が家の水槽は有史以来の危機に立たされているのだ。

原因はわかっている…。

奇麗にする事ばかり急いだために、水を全取り替えし、バクテリアが激減してしまったこと。
魚たちを避難させたり戻す際、水温に馴れさせないで移動させたこと。
ソイルが足りずに古いものを洗って使用したこと。

すまん。
すべてわしのせいだ。

もう間に合わんかもしれんが、水元の水を汲んで来る。
肥料も投入する。
元気な水元産アナカリスも植える。
だから、がんばってくれ!
[ 2010/03/08 11:04 ] 淡水魚水槽 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/170-cf161b0c