南房・保田へ一泊釣行(一日目)

当ブログの主力カテゴリのひとつである釣り。

ここんところ玉砕続きである。
3月5日、有明ボウズ
2月21日、葛西ボウズ(これは遊び程度だが)
1月31日、木更津ボウズ
1月30日、有明ボウズ

そんな戦況を打破しよう対策を講じてみた。

まず何故釣れないのか。
腕が悪いからか、寒くて魚の活性が悪いからか。

多分その両方だ。
前者はいかんともしがたい。
後者なら比較的暖かい場所(水温が高めの場所)へ行けば腕の悪さはカバーできるはずだ。

という事で千葉県の南の方、俗に言う南房へ繰り出してみる事にした。

だが、ここんとこ週末は雨が降るか、寒いかの連続。
暖かくて雨の降らない週末が来るのを待っていた。


3月13日土曜日は、場合によっては汗ばむような陽気だ。

今日をおいて他にない。

タイトルには一泊と書いたが宿に泊まるような予算はない。
車中泊だ。

だが、チビ達は逆に大喜びだ。

以前、お台場→木更津車中泊釣行に行ったのがお気に召しているようだ。
(過去記事参照http://mtbfish.blog107.fc2.com/blog-entry-38.html

午後3:00家を出て、5:00現地到着。
行った先は、千葉県鋸南町の保田。

なぜ保田にしたかと言うと、有名なめし屋24時間温泉があるからだ。

わはは、何しに行っとんねん! というツッコミが来そうだが、これもファミリーフィッシングという諸々のバランスを考慮した上での選択なのだ。

というわけで、腹が減ったので早速その有名なめし屋ばんやへいってみた。

このお店、昼時には2時間待ちもあたりまえと聞いていたので、小さい店かと思ったら巨大な店だった。

中に入るとまず目に飛び込むのがこのメニュー

100313-01

めまぐるしく売り切れになったり、値段が変わったりする。※魚の大きさとかで変わるのか?

で、腹減らしのチビ達のために

100313-04

850寿司。850円。

ネタは、バチマグロ、ワラサ、スズキ、イカ、各2カンずつと玉子。
比較的安いネタばかりではあるが、1カンが大きくてまずまずの量だ。

そして、のんべのライター2号のために(おいらは運転がありそうなので我慢)

100313-02

青柳ぬた。270円。

量は多いと言えないが、ビッグサイズのあおやぎが4、5個入っていてこの値段はまぁまぁ。

100313-03

ゲソ唐揚げ。310円。

このボリュームでこの値段。これもまずまず安いぞ。
何よりイカが柔らかくて、甘くて旨い。

ライター2号の加速装置に火が入る。ぐびぐびぐび



さて、腹がふくれたのでいざ釣りへ

ばんやからすぐ近くの小さな突堤で軽くメバリング。

後から来たご常連さん曰く25cm級のメバルが釣れるとの事。
むむむ! これはアオイソさん出動だ。

ちなみに今回、先週の有明の残りのアオイソに、新しいアオイソとコマセも用意してある。

やる気マンマンだ。

だが、やる気とはうらはらに1時間経過しても…釣れない。

ご常連さん曰く、今日は波があるからねぇ~

メバルは凪がいいと言う。
今日は風がびゅ~びゅ~だ。

家族は皆で24時間温泉へ行ってしまった。

いつのまにかご常連さんもどこかへ行ってしまった。


100313-06

あのヨットの下の緑の光、怖ぇな…

なんて思っていたら突然、港の内側に入れていた胴突きの鈴がりりりんっ。

100313-07

18cm位のイシモチです。

これでボウズは回避した。(-。-;)

続けて同じ竿に

100313-08

ヒイラギ(ギラ)。
10cmぐらい。ちっこい。

よし、いいぞっ!
と気合いが入ったとき、ケータイが。

風呂から出てきたチビさんたちが寝るんだがトイレが無いと。
おや、確かにまわりにトイレらしきものが無い。※実は裏の方にあったのだが…

仕方ない、買い出しも含めて近くのコンビニへ行こう。
一応出した竿などを片付けて、コンビニでトイレを拝借し、保田漁港近くに戻ってきた。

チビさんたちはセレナ号後部の仮設宿泊施設でまったり。
ライター2号もすでに缶疑似麦飲料をしゅぱんっと開けている。

またひとりであの緑が怪しく光る真っ暗で風がびゅうびゅうな堤防に戻るのか…。


…。


…。


ドラクエ、スイッチ・オン。

というわけで、一日目は終了です。


つづく。

ばんや
[ 2010/03/15 10:51 ] 釣り イシモチ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/175-0dcdb848