南房・保田へ一泊釣行(二日目)

南房・保田へ一泊釣行(一日目)の続き。

朝です。

ケータイを見るとAM5:30ぐらい。
辺りはまだ薄暗い。 ※別に韻を踏んでいるわけではない。

家族はぐっすり熟睡中だが、朝マヅメのチャンスは逃すまい。
一足お先に釣り開始だ。

100314-01

昨夜は風が強くて諦めたメバルポイントだが、今日はうそのように風がない。
さっそく胴突きを2本投げてみる。

隣のファミリーさんがキスをあげていたので投げ天秤を1本。

さらに足下に小さな魚が泳いでるので、100円サビキ仕掛けを入れコマセを撒く。

最初のアタリは投げ天秤。
上げてみたら10cmほどのちびマハゼ
リリースサイズだが残念な事に針を飲み込んでしまったのでキープ。

その後、15cmほどのメゴチ。※段々人が増えてきたので写真は恥ずかしくて撮っていない。

そして、サビキには昨夜と同じ6~10cm小さなヒイラギ(ギラ)がぽつぽつと釣れ出した。

家族は昨日のばんやへ朝食を食べに行った。
太刀魚の定食だったらしい。

おいらは竿から離れるわけにもいかずパンをひとり食す。
太刀魚か…羨ましい。

AM9:00ごろ、キレイなハゼが掛かった。

100314-02

一見そこらにいるダボハゼだが、顔のまわりのエメラルドグリーンの斑点と、尾びれのコバルトブルーがとてもキレイだった。※先ほどググったら、どうやらイトヒキハゼというらしい。

これでイシモチ、ヒイラギ、マハゼ、メゴチ、イトヒキハゼの五目(?)達成だ。

しかし、その後日が昇るにつれぱったりアタリが遠ざかった。

まだちょっと寂しい釣果だ。
思い切って移動しようっ!

ってことで、車で20分ほどの富浦新港へ。

富浦新港


海は奇麗だし釣れそうな雰囲気はぷんぷんしていたが、本格的っぽい釣り師で混み合っていて、我々ファミリーは入りづらい雰囲気だ。
折角来たがのんびり釣りをしたいので、結局保田に戻ることに。

100314-03

まったく同じ場所も芸がないので、先ほどの突堤の対岸の吉浜埋立地で竿を出す事に。

こちらでも、メゴチはぽつぽつ掛かる。

そして、おなじみ

100314-04

あかおびしまはぜはここでも釣れる。

最後にチビ1号のサビキ竿にヒイラギ(ギラ)の群れが来た様で、忙しく竿が揺れる。

チビ2号、ライター2号(かみさん)と代わるがわる釣りを楽しみ、ここで納竿。

帰り道はいきなり渋滞で始まり、千葉辺りで高速を降りて下で帰った。
帰りは3時間半も掛かってしまった。疲れた~。
でも、楽しかった~。

今回の釣果。

100314-06

イシモチ1尾、メゴチ4尾、マハゼ1尾、

100314-05

ヒイラギ9尾、イトヒキハゼ1尾、シモフリシマハゼ1尾でした。

100314-07

もちろん、イシモチ、メゴチ、マハゼは天ぷらで、ヒイラギは唐揚げで美味しく頂いた。


小さいのばかりだったが、やはり南へ行けば釣れる事は証明された。

高速代2400円(往復)とガソリン代と食事代のみで、ちょっとした旅行気分も味わえた。

なにより、連敗脱出!
[ 2010/03/16 01:00 ] 釣り その他魚種 | TB(0) | CM(2)

i-179すごい凄いこんなにたくさん釣れたら楽しいですねi-179i-276
こういう釣りの過し方も良いですね。我が家も泊まりで
行く程は贅沢出来ないから参考になります。
写真も美味しそうに撮れてますよねi-68
さらにMTBのカテゴリ見たら金町駅前の立ち食いそばが美味しい
とか葛西神社登場でビックリi-183
初詣は葛西神社に行ってますよ。
金町在住なので・・・
でも、立ち食いそば屋美味しいとは知らなかった。
行ってみよう
その先のマルエツの魚はいつも美味しいですよ。
[ 2010/03/20 22:48 ] [ 編集 ]

いやいや、どうも。

うーこさん、ありがとうございます。
貧乏旅行も子ども達には冒険旅行のように思えるらしくて助かります。
葛西神社はチビ2号の産土神です。七五三とかもこちらでお願いしてます。
立ち食いそばは、自転車でポタリング(ゆったりぷらぷら)の時によく利用します。
まぁ美味しいといっても、そこは立ち食いのレベルでと思って下さい。
マルエツって、あのビルの中に出来たお店ですか?
今度行ってみます。
[ 2010/03/21 09:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/177-212b182f