シリーズ龍馬伝~土佐郷士とは~ ※ネタバレ注意

大河ドラマでは、ついに土佐郷士(劇中では下士と呼んでいる)が土佐勤王党を結成したが、肝心の上士と下士の成り立ちの説明がされていないように思える。(されてたらゴメン)

儒教という生い立ちが人生を決する因循な世界では、人間社会に複雑な格差や階級を生じさせる。

士農工商という職業別の差から、おサムライの中にもまた格差があるのだ。

おサムライで一番偉いのはもちろん公方様だ。
つまり、征夷大将軍、江戸時代だったら徳川宗家の主だ。

その次は大名家。その大名の中にも、親藩、譜代、外様などに大きく分けられ、さらに柳営では詰め間や席順などを細かく決められている。
将軍家御直参のお旗本も大名と同じクラスに分類され、お殿様と呼ばれる。

その下は、将軍お目見え以下の御家人、さらに一代限りのアルバイト的な同心(足軽)とあり、各大名の家来(陪臣)にも同様の階級がある。


さて、土佐藩の場合

ここは全国でも差別の激しいところ。

その理由を知るには関ヶ原の役まで遡らねばならない。

関ヶ原の役で天下(日本)は真っ二つに割れた。

土佐の大名は四国の雄長宗我部元親の次代・長宗我部盛親
かれは石田三成の西軍に加担した。

のちの土佐に封じられる山内一豊は徳川家康の東軍に加担した。

ご存知の通り東軍は勝利して、土佐は長宗我部氏に代わって山内氏が治める事となり、長宗我部家は解体された。

皮肉な事に長宗我部も山内も一発の銃弾すら撃っていない。
あっという間に戦が終わり、一瞬にして両者の立場が逆転してしまったのだ。

長宗我部盛親は大坂の陣で敗れて処刑され、その家臣たちは浪人した。

浪人した敗残の士は、戦勝国に召し抱えられて再就職するのが常だ。
徳川氏も、織田氏とともに滅ぼした武田氏の旧臣をずいぶんと召し抱えて強くなったのだ。

土佐においても、普通ならば戦勝国である山内氏が、敗残の長宗我部侍を登用してやるところだが、なんと逆にだまし討ちにして大量虐殺してしまう。
司馬遼太郎氏の小説「功名が辻」で、山内一豊の女房のお千代さんが気鬱してしまうほどのこの愚挙のせいで、山内侍と長宗我部侍の間に埋める事のできない溝ができてしまったのだ。

なぜそのような事をしてしまったのかは定かではないが、山内氏は女房の功名で成り上がった有名なエピソードがある位あまり武勇で鳴ったお家ではない。
かたや、長宗我部家は信長の頃、四国一円を一代で制覇しかけたほどの豪傑の集まりだ。※一領具足という
つまり山内家ではその南海の豪傑たちを御せられないと思ってしまったのではないだろうか。
いつか彼らに土佐を取り返されるんじゃないかという不安と恐怖がその愚挙をおこしてしまったのだ。

その恐怖が、郷士での登用という形で一応の決着をした後も、融和ではなく隔離と差別というアパルトヘイト政策になり、幕末まで続いたのだ。

郷士の中にも山内侍なにするものぞという気風が残り、山内氏を主家とは見ず、朝廷をもって主家となす、つまり勤王運動に発展したのだと推察される。

幕末の尊王攘夷運動で多くの土佐藩士が斃れた。
坂本龍馬や中岡慎太郎をはじめ、残念大将・吉村寅太郎や那須信吾など天下国家のために散ったものたちも数多い。
だが、党首・武市瑞山(半平太)や平井収二郎など土佐勤王党の多くの郷士が、
上士によって処刑された事は、悲しい事実である。

前者が早くに土佐を見切って脱藩してしまったのに対し、後者は最後まで土佐という300年の怨念を抱いた国に固執してしまったための不幸だろう。

ご一新が成り、政権は薩長を中心とする太政官へと移譲され、陪臣(またもの)と呼ばれて蔑まれていた者たちが殿上人になった。

土佐もまたその功績が認められ、多くの土佐藩士が栄達というご褒美が与えられた。
だが、それらは板垣退助、後藤象二郎、福岡孝悌、谷干城など、ほぼ上士が占めている。

郷士が勤王運動で築いた功績を、彼らを処刑して葬った上士が栄達の甘い蜜をすすっている。



辛うじて郷士が残したものに海援隊がある。
坂本龍馬没後、土佐藩と岩崎弥太郎に移譲され、のちの三菱の前身となった。

長宗我部氏の恨みは300年の年月を経て、土佐勤王党と海援隊になり、三菱財閥となった。

ちなみに岩崎弥太郎の家は、もとは郷士である。
[ 2010/03/27 10:36 ] 歴史もの | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/183-7090c212