シリーズ龍馬伝~龍馬脱藩~

日曜8時はイッテQな我が家なので、大河は録画です。
その龍馬伝にやっと追いつきました。

龍馬に凄みが出て来たぞ。

「ま~だ…やるかえ?」 って、なんかカッコ良かった。

でも、袴のひもだけ斬るって漫画かい! って突っ込みたくもなるが…。


で、武市瑞山がなんかダークな感じになってきたねぇ(嬉)

人斬り以蔵は早くも弱虫キャラ全開(笑)。
早すぎねえか?

そして、勝海舟…(絶句)

容堂公と東洋さんの年寄りぶりにも驚かされたが、これまたジジイを登用したもんだ。
海舟は40歳ぐらいなはず。おいらと同じぐらい。っていうか福山さんと同じ位の歳…。

NHKさんは、なんかプロダクションとの絡みみたいもんがあるのかね?

明治維新は書生の革命ともいわれてるんだから。

勝海舟だって、若くて無役の御家人が奉行にまでなるっていう幕府内の改革を象徴している人物なんだから、もっと若くて活きのいいのを登用してほしかったな。

歴史の流れ的には、ドラマでは小さくしか扱われなかったが、島津久光の挙兵(実際はその気はなかったが…)は、尊攘派にとっては一大センセーショナルな出来事だったんだと思う。
だから、吉村らも武市の藩政改革を待たずに脱藩したんだと思うし、龍馬も当時はそうだったんだと思う。

まぁ龍馬のストーリーにはあまり時間を割けないかも知れないが…。

細かいところを気にしなければ、だいぶ面白くなって来た。

弱々しくて良い人の龍馬にもようやく馴れて来た。

続きが楽しみだ。
[ 2010/04/08 10:39 ] 歴史もの | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/188-5c4b185d