シリーズ龍馬伝~松平春嶽~

龍馬伝。

松平春嶽が出て来たけど、またもやジイサン…。
いや夏八木さん大好きだけど…。
春嶽公は30代半ばぐらいのはず。
龍馬より10歳も離れていない。
っていうか福山さんより年下だぜ。

どうなってんの?

四賢侯全員ジジイにするつもりなのかな?

島津久光と伊達宗城はまだ出てないっけ?
四賢侯+1扱いの一橋慶喜卿は眉のない公家ライクな風貌。

幕末は若い書生達の改革だっ!

その方が物語として遥かに面白いはずなのに、
改革派(思想はさておき)の大名が揃いも揃ってジイサンばかりとはいかに?

松平春嶽さんは面白い人だ。

大名(この頃は隠居だが)なのに、龍馬のような浪人に面会して莫大な資金援助をしたり、幕臣でも低い身分出身の勝海舟なんかと友達だったり、徳川家康直系の家柄なのに倒幕派に少し肩入れしてたり。

自身も30代半ばで同じく若い勝海舟や坂本龍馬などとは日本をどげんかせんといかん、という若いパワーと情熱で結ばれていたのだと解釈していたが、今回の龍馬伝ではまるでイメージが違ってしまった。

別に年寄りは出すなとは言ってない。
以前にも同様の事を言ったが、ストーリーの解釈はどうにでもなるが、年齢はまぎれもない事なのだから、ねじ曲げてはいけないよ。

文久2年(1862)の時点では、
容堂公は35歳、春嶽公は34歳、海舟は39歳、物語が弥太郎の死ぬまでだとしても、彼らをジジイにする必要はなかろう。

NHKさん、どういうつもりなのかえ?
ウソをついちゃち、いかんぜよ。
[ 2010/04/21 09:17 ] 歴史もの | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/205-3f53b03b