B-1キング再び。

100726-00.jpg


今年もやってきました。

B級グルメの雄、富士宮やきそば。

昨年は10月でした。※過去記事参照 http://mtbfish.blog107.fc2.com/blog-entry-75.html


100726-01.jpg

今回も10食。

10食で1400円ですから、1食140円。

普段は○ちゃんの3食130円前後のものを食べてるんですから、単純計算で普段の三倍。

赤い彗星です。

やきそば界の赤い彗星です。


値段は三倍しますが、こんなものが付属します。

100726-02.jpg

肉かす。

所謂、脂を絞った残りかすである。

関西では、油かす。
広島では、せんじ肉、せんじがら。
宮崎では、せしから。
沖縄では、あんだかしー。
米国南部では、Cracklin(クラックリン)。
※Wikipediaより

ですが、富士宮やきそばの静岡では肉かすです。

これが香ばしくていいんです。

まず、この肉かすを鉄フライパンで熱します。

すると、肉かすから脂がじゅわ~っと出てきて、ラードの代わりをします。

その油で、小さく切ったキャベツを炒めて

100726-04.jpg

荒川製麺のむしめん(蒸し麺)を投入します。

お湯を入れてしばし蒸し、付属のソースを投入します。




100726-03.jpg

できあがり。

この蒸し麺が独特です。
コシが強く、弾力があります。しこしこです。

ソースは、とろっとしたものではなく、ウスターのようなサラッとしたタイプです。

そして、最後に振りかけるこのダシ粉。
これは所謂、魚粉ですか。
これが、肉かすの香ばしさと絶妙なハーモニーを奏でるのです。

静岡はおでんにもダシ粉をかけますね。
静岡おでんも大好きです。

富士宮やきそばは、やきそばパンには合いません。
ですが、ビールには最高に合います。

あ、またビールになってしまいましたか。

今回は、B級グルメのカテゴリーに相応しい記事でした。
[ 2010/07/27 10:02 ] 美味なるもの | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/276-e2e54aec