リベンジ オブ 行徳港

土曜日のハゼ釣りは、フッコという珍客が来ただけで、肝心のハゼはさっぱりだった。

翌日曜日、リベンジ・ハゼ釣りに再び行徳港へ向かった。


100912-01.jpg

家を出たのがAM5:15頃。
途中コンビニでおにぎりを調達して、現地到着はAM6:00前。
現場はすでに釣り人で賑わっている。

チビ2号の安物コンパクトロッドで足下を攻める。

エサは昨日の残りのジャリメ。
クーラボックスに入れっぱなしだったが、全然元気だ。

順調にハゼは釣れるが、足下に落とすと根がかり連発。
開始して1時間ほどで、5号のハゼ針をすべて使い切ってしまった。

仕方がないので、キス・カレイ用7号針の100円投げ仕掛けを磯竿で投げる。(キスでも釣れてくれないかなぁ~♪と多少の期待をする)

投げて、さびいて、ぶるぶるっとアタリ。
キス釣りの要領だ。


100912-02.jpg

このぐらいのサイズ。


100912-03.jpg

時にはダブルで。


100912-04.jpg

さらに3本針に3尾のトリプル。

楽しい~♪
こうでなくっちゃ。


100912-05.jpg

コトヒキ。
一丁前にヒレを立てて怒っている。
もうちょっと大きいのが釣れたら食べてみよう。

本日フッコは掛からなかったが、お隣さんが竿を持っていかれた。
丁度そっちを向いている時だったから、ピュンって竿が跳んでいくのを目の当たりにしてしまった。
そういえば、昨日もお隣さんが竿を持っていかれてた。
浮いた竿はその後ゆ~っくり沖へ向かって行ったから、多分エイだね。

置き竿する方、気をつけて。
ドラグゆる目にしておいた方がいいかもね。
ハゼぐらいじゃゆるくしておいても影響ないからね。



途中マナーの悪い釣り人が割り込んできて閉口した。
なんでも熱狂的な延べ竿フリークらしく、投げ釣りしているお隣さんに延べ竿の有利性をくどくどとしゃべり、あげくおいらの釣っている目の前の足下でやり始めたりして、ちょっとイラッとした。
結局、延べ竿の有利性はさっぱり立証されず、釣ったダボハゼを後ろにポイポイ棄てて、根がかり連発して10分くらいで去っていった。
マナーの悪いベテラン釣り師! 
釣りしてもいいけど偉そうに講釈垂れるなっ!

あと外道だからって生きてる魚を地面に棄てるなっ!


楽しい釣りに水を差されてしまったが、釣りの方も9:00頃からか下げてきてからぱったりアタリが少なくなってしまった。
でも貧乏性なのでエサがなくなるまでやる。

今回ジャリメを使ったが、これいいね。
アオイソより強いし元気だし、ハゼ釣りみたいにちょい付けのときは長くて太いアオイソより短くて細いジャリメの方が使いやすい。

11:00ごろ納竿。
ずっと投げてはさびいてしてたから腕パンパン。
しかも気付いたら日焼け。
またツートンカラーになってしまった。
脱いでもTシャツ着てるみたい(笑)


100912-06.jpg

結局、キープは40尾ちょっと。


100912-07.jpg

釣った時は気付かなかったが、変わったのが1尾混じってた。
キレイなブルーの斑点。
保田で釣ったイトヒキハゼとは違うみたいだ。
なんだろう。
まぁ、毒はないだろうから食ってしまおう。


100912-08.jpg

大きめのは、頭落として背開きに。
最初は背骨も取っていたが、だんだん面倒に…。
背骨あり・なしの二種。


100912-09.jpg

小振りなやつ(針飲んでしまったやつ)は、ハラワタを出して丸ごと。
頭だってサクサクして旨いもんね。


100912-10.jpg

丸ごとの場合は頭の中もキレイに取った方がいい。
誰かの針を飲んでることだってあるのだからね。


100912-11.jpg

捌いてる時に、肝(キモ)があんまりキレイだったから、ちょっとトライしてみた。

ハゼ刺 with 肝醤油。

旨ぁ~いっ!
カワハギなんか目じゃない旨さっ!
甘くて上品でコクがあってサイコー!

でも、ハゼが小さいから骨がちょっと気になるな。
冬になったら落ちハゼの刺身をこれでやろう。
絶対旨いはず。


100912-12.jpg

天ぷら。

初めて天ぷら粉を使ってみた。いいねサクサク。
ベランダ菜園のピーマンと大葉も添えて。


夏の終わりに一緒にBBQをしたカルヴァドスさん夫人がお土産や梨をたくさん持ってきて下さった。
飛んで火にいる夏の虫。
そのままごカルヴァドスさん一家を強引に招いて酒宴っ!
ハゼパーティです。
※ビールやらチューハイやら、カレーまで頂いてすんまそん。


100912-13.jpg

天ぷらにはコレ。
澤乃井 本醸 大辛口。

純米もあるけど本醸にこだわる。
なにせ日本酒度+11~13。※前は15だったような…


100912-14.jpg

シマアジさん乱入。
わたくしが独断で選ぶベスト・オブ・サシミの東の雄。

甘くて濃厚なのに上品で身がこりこり。
辛口の酒によく合います。


100912-15.jpg

さらにブリの塩焼きとサワラの西京漬が加わって、杯が急加速。

美味しく楽しいひとときでした。

ハゼもこのくらいのサイズになると天ぷらのし甲斐があるね。
これからさらに大きくなるでしょうから楽しみです。
[ 2010/09/13 12:02 ] 釣り ハゼ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/303-a7571a15