信さん、かっこいいぜ。

以前、当ブログで大河ドラマのことを散々にこき下ろした。

天地人や篤姫、功名が辻なんかを見たら(全部は見てないが…)とてもじゃないが、歴史ドラマとは思えなかった。
マンガだと感じた。

面白かったのもある。
葵~徳川三代~なんかは、全部ビデオに録画して、今でもとってある。

花の乱では、萬屋錦之介扮する山名宗全入道が婿の細川勝元(役:野村萬斎)に敗れて自害するシーンなんかは号泣ものであった。

だが、その後は俳優なのか歌って踊れるエンターティナーなのかわからないのが主演男優になったり(新撰組!。ちゃんとやれば文句はない…)、コメディ作家が脚本を書いたり(新撰組!。彼の他の作品は好きだが歴史ものはまるでダメだ…)、度が過ぎるほど女性を無用に立てる脚本が多くなったり(利家と松、功名が辻、篤姫…)、半分架空のような人物が題材になったり(武蔵、風林火山…)、前髪を落とさなかったり(笑)

司馬遼太郎さんの小説は、著者が亡くなった今でも売れ続けている。
なのに、司馬先生の作品にもっと売れている漫画のテイストを加える必要は全くない。
歴史ドラマも同様に我が道を行くべきである。
トレンディドラマや格闘ゲームやなんちゃって歴史ブームのテイストを加えるべきではない。

ひとりの人の人生をだらだらやらなくてもいいんじゃないか、と思う時もある。
例えば、新撰組だからといって近藤勇を追わなくても、一話一話ちがう人物を主役にするってものアリだと思う。第一話は芹沢鴨、第二話は近藤勇、最終話は斉藤一でも土方歳三でもいい。
海外ドラマでバンド・オブ・ブラザーズというWWIIのヨーロッパ戦線ものがあったが、あんな感じのもいいんじゃないか。

またこき下ろしてしまった…。

当記事で言いたかったことはそういうことではない。

スペシャル大河「坂の上の雲」。
これが思っていた以上に…




面白い。




級数(文字サイズ)を拡大できないのがもどかしいくらいだ。

何がいいかってえと、原作をあまりいじっていない。
これは大事だ。
配役に無理が多少あるが(児玉源太郎や山県有朋等)、秋山の信さん(好古)などは本当にかっこいいと思う。
あと渡哲也さん扮する東郷提督。かっこよすぎ。
渡さんは義経のときもそうだったが、何をやっても主役を食っちまうね。

ときおりチラッと出て来る艦隊(CGだが)やセットの艦艇なんかは、萌えの極みだ。
ストーリーのテンポも早くていい。
最後の2巻にたっぷり時間を割いてほしい。

前にも言ったが、主人公を善く書きすぎないでほしい。
英雄といえども、短所や失敗はあるのだから。

最後にひとつだけ。
やっぱりちゃんとした俳優さんにやってもらうのは大前提だねぇ。

[ 2009/12/22 14:56 ] 歴史もの | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/32-ef175d0f