西多摩

101003-00.jpg

誰も住まなくなった母方の実家の整理の手伝いに西多摩へ行ってきた。

母は品川荏原の生まれですが、戦争で西多摩へ疎開してそのまま土着したそうです。


101003-01.jpg

家のすぐ裏は山だし、近くに民家もまばら。

とても東京都とは思えない。


空気が旨くて、思わず深呼吸。


101003-02.jpg

僕が小学生のころ、毎年夏休みになると父以外の家族(母と弟ふたり)で2週間ぐらいこっちに来てました。

第二の故郷のようなものです。


おじいちゃんとおばあちゃんが亡くなり、20年近くの歳月が経ち、今では家長の叔父も都会へ引っ越して、無人となっております。


101003-03.jpg

亡き祖母の遺品の整理など、母姉弟が集まってしています。


ちなみに、ライター2号(かみさん)は仕事で来ていません。

ですが、チビ達は置いて行けないので連れてきました。



う~ん、やることねぇな…。



すぐ近くにガキの頃よく釣りをした小川が流れています。


ちょっと偵察に…。


チビ2号は花を摘んだり、茗荷をとったり、栗を拾ったり、柚子をもいだり忙しそう。

お姉ちゃんを道連れにしてやろう。


101003-04.jpg

偵察とはいえ、一応竿は持って行きます。

渓流竿に手長エビ用の針と、鯉・鮒用の練り餌も。


101002-13.jpg

こんな感じの小川。

おいらがガキの頃は、こんなコンクリで固められた川ではなく、自然な沢だった。



よくみると魚影はあります。


101003-05.jpg

手長エビ用針にはなくそ(失礼)ほどの練り餌をつけて。

オモリもウキもつけない。




プチ滝壺に、ぽちょん。

投入。




ぶるぶる。

アタリ。


101003-06.jpg

つ、釣れた(汗)


リリースして、再び投入。


ぶるぶる。

アタリ。


101003-07.jpg

わはは、楽すぃ~。

食えるのかどうかわからんので、すべてリリース。


投入。

ぐぐぐん!

おっとぉ。

101003-08.jpg

サイズアップ。

面白すぎるぜぇ!


なんて魚だろ?

カワムツかなぁ?


101003-09.jpg

傍らで見ていたお姉ちゃんも釣りたくなったようです。

ちょっと手の長さが足りないが、投入。



水中をふわ~と流れる練り餌に、キラッと魚が光った刹那…

竿がしなります。



上に木の枝が覆い被さっていて上げ辛そう。


101003-10.jpg

1匹目を手のところまで来て逃して、2匹目でようやくゲット。

今日一番のサイズです。



ほんの小一時間だが、入れ食いで存分に楽しめた。




懐かしのおばあちゃん家ともお別れです。

でも、この川にはお墓参りのついでにまた来ようと思います。



車を二台連ねて渋滞の中央高速を走り、築地(明石町)の叔母の家まで。


お疲れさんで寿司を食うことに。

築地と銀座の間ぐらいのお店だから旨いんじゃないのか、と期待。


101003-11.jpg

はらぺこですでに皆箸をつけている。



このお店、価格は下町のそれとは比較になりません。

車なのでお酒が飲めないのが辛いが、価格を見ると幸いだったかも…。


101003-12.jpg


う~ん。

築地だ銀座だってったって、ピンキリだな。


値段だけ見たら、下町で言ったら一流だ。




格言。



銀座の二流は、下町の三流以下だ。

おまけに駐車代が2000円もかかったぜぃ。

…orz




じいちゃん、ばあちゃん、又来ます。
[ 2010/10/03 12:39 ] 釣り その他魚種 | TB(0) | CM(2)

こんな場所があるんですねぇ~

開拓次第ではここで十分やってイケそうですねぇ~

魚はなんでしょうねぇ。

お寿司は外で最近食べたことないなぁ~
[ 2010/10/06 19:38 ] [ 編集 ]

れおんくんまま

こんにちは。

十分やっていけます。
近所は農家だらけ、川には魚、山には栗や木の実など…。
小澤酒造というそれは素晴らしい酒蔵もあります。

いつの日かここで、MTBで山をのぼり川へ行って釣りや狩猟をしてのんびり暮らすのが夢です。
[ 2010/10/06 19:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/320-f4ce7aef