シリーズ龍馬伝 ~最終回~

僕はねえ、

龍馬が大好きなんすよ。



もうハンパなく。



僕が25歳くらいのとき、勤めていた会社を退社し、実家に帰って(今の家だが)いわゆるニートってやつになった。

自分で何がやりたいかわからなくて、日々仲間と酒を飲んでは鬱積を晴らしていた。



どうにもわからなくて龍馬に聞こうと思った。


翌日バイト先に
「旅に出るから1ヶ月休みをくれ」
と言ったら断られた。


で、すぐバイトを辞めて旅に出た。



龍馬の足取りを辿る旅のつもりだった。



鈍行列車でゆっくり進んだ。

一泊目は、静岡の諏訪原城趾のそばだった。

ユースホステルに泊まる貧乏旅行だった。

ま、ここは龍馬とはまったく関係ない。

名古屋、岐阜、関ヶ原、彦根と進み、

何泊目かに京都に来た。



東山の霊山にある龍馬や幕末に散った志士たちの墓を詣でた。



神戸にも行ったし、土佐にも行った。


土佐は離れがたく、ここだけ二泊した。


長崎にも行った。

亀山社中跡にももちろんいったさ。



あのときは、なんちゃあ答えら出んかったが、その後もつねに龍馬を意識していた。


自分が27歳になったときは、龍馬が勝海舟と出会った歳だ。

なんて思ったり。

33歳になったときは、龍馬が死んだ歳だ。

と感慨深く思った。



2010年。

大河ドラマがどうやらやる気のようなので観てみると同時に、何度か目の龍馬がゆくも読み返した。

龍馬がゆくは、何度読んでも面白く、あっという間に読み終わってしまった。

また、泣いた。



さて、龍馬伝。

龍馬伝については、当ブログで何度も取り上げた。
(カテゴリーの歴史もの参照)

中盤当たりすこし面白くなったかなぁと思うこともあった。


ただ、ラストの5話はすべて早送りで観た。

音声も早送りのやつだったり、音声も出ない早送りのときもあった。



後半はうんざりだった。

ペコペコ謝ってばかりの龍馬。

西郷や桂のごときに罵声を浴びせられる龍馬。

ありがとぅございますぅ。

が口癖の龍馬。

後藤の手下のように成り果てた龍馬。

大政奉還の意味さえ間違った解釈。




もう、うんざりだったがぜよぉ。




でも、最終回ぐらいは観てやろうと思った。


観た。


が、思わず画面から目を背けた。


ラストまでは観られなかった。





四方八方から恨まれて、惨たらしく殺された龍馬。

あれじゃ、単なる皆の鼻つまみもんじゃんか。



原作者、脚本家、演出家、出演者、制作に携わるすべての人たちがきっと

龍馬のことが大嫌いなんだろう。


そういう描き方に思えた。



おもえば、いつも番組の最後に暗殺までのカウントダウンなんかをやって、まるで殺されるのを待たせてるかのよだった。


龍馬のファイナルは、大政奉還成るでよいはずだ。


なのに、完全に殺されるための物語のようだった。



うちは地デジ1chより早い時間に放送するNHKハイビジョンの方を録画するからわからなかったが、本放送では暗殺シーンでなんかのテロップの邪魔が入って苦情が殺到したと聞く。

バチがあたったんじゃい!

製作陣に天誅がくだったんじゃ!




僕は、今回の大河が始まる前にブログ上でこう言った。

いっそのこと制作をそっくり海外の外注さんに投げてしまえ。
その方がよっぽどいいものが作れるはずだ。

と。




ちょっとでも期待したおいらが馬鹿だった。


おれの龍馬をめちゃくちゃにしやがって。





坂の上の雲も少し褒めたことがあったが、もうやめろ!

司馬さんはテレビでやってくれるなと言っていたじゃないか。

原作者の意志に背くな。




NHK。

おまんらぁ、ゆるさんぜよ。

再放送の繰り返しとパクリばっかで高けえ金獲りやがって。
[ 2010/12/01 09:03 ] 歴史もの | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/345-2b556b12