ことだまの国



言葉に精霊が宿るとか。

いい事を言えばいい事が起き、

悪い事を言えば悪い事が起きる

んだって。




だから、楽観主義とかポジティブとかと違うんだね。




戦のとき、あまり負ける話とかしない印象でしょ?

負けたとき撤退路をどう確保するか?とか

膠着状態になったら補給線はどうするか?とか

あまり考えないんだよね。

鎧袖一触、蹴散らしてくれる!

わが軍は無敵である!

とか

景気のいい事ばっかり。




現代もまったく変わらない。



爆発する可能性は極めて低い→どか~ん×2

高濃度の放射能が漏れる可能性は低い→ダダ漏れ

海に拡散して広まるから魚への影響は低い→コウナゴから放射能検出



前の記事でも言ったが、風評被害は国民のせいではない。

お上が隠蔽したり、中途半端だったり誤った情報を流すから下々は疑心暗鬼になり、やがてそれが風評被害へと繋がるのだ。



ダメなものはダメ。

いいものはいい。



上手くすればこうなるが、下手をするとこうなる。

悪くなる可能性も考えられるが、その場合こう対処したい。



今後こういう地域で放射線が検出されるかも知れないが、1~2ヵ月だったら大丈夫。

でも半年だったらちょっと遠出した方がいいかも。



具体的に言ってくれないと、また政府が誤摩化してる、って思っちゃうぞ。




国民を守るべき政府が、外国より放射能拡散情報を出すのが遅いなんて、お粗末の限りだ。



かつての大本営発表を繰り返してはならない。
[ 2011/04/04 21:53 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/374-22b09eaf