教訓は活かされているのか?




以前、当ブログでも、危険な原発が平然と稼働しているのはどうなのか?

と疑問を投げかけた事があった。



先日、総理が浜岡原発の停止を中部電力に要請した。

やっと。

これは、これでいいと思う。



テレビでは盛んに疑問を投げかけているが、電力会社は強力なスポンサーなのだから当然だろう。



だが、問題は停めた後だ。

ご存知の通り、原発は停止してもすぐには停まらない。

福島第一でも停止後の冷却に手を焼いているのだから、停止したからといって安全という訳ではない。

だから、停めたあとどうするのか、が重要になって来ると思う。



堤防を築くのはもちろんだが、冷却装置や予備の電源を想定外の津波ですら及ばない高台へ設置し(これはすでに着手している?)、さらにそれすらも破壊された時の十重二十重の防御策を講じた方がいい。

自然災害はいつだって想定外だ。



それにしても、防潮堤や電源や冷却装置の高台への設置、冷却用水の確保等は運転中でもできるはずだ。

では、なぜ浜岡原発だけに停止要請が出たのだろうか。

それは、そこがまさに東海地震の震源地とされる真上に建っているからだ。



そのことは津波だけでなく地震そのものによるダメージによって、福島第一よりも深刻な制御棒すら入れられない状況、つまり停止できずに暴走することを危惧したからに他ならないと思う。

だから、浜岡原発だけに限っていえば、停止後は燃料棒をすべて抜き取って、もう少し頑丈な施設に移送させる事なども、できるのであればやって欲しいと思う。




政府や国民だけでなく、電力会社やそれに従うマスコミも、関連会社もそれによって潤う自治体も、電力会社からお金をもらっている原子力学者さんも、電気を大量に消費しないと立ち行かない企業さんも、どうか冷静に判断をして欲しいものだ。

電力うんぬんを議論している場合ではない。



美しいこの国を、子々孫々まで伝えてゆかなければならないのだから。

[ 2011/05/07 10:50 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/389-28af5d64