酒蔵見学 玉川酒造さん

120121-15.jpg


雲間に霞む八海山。




前日、テレビの取材の準備で慌ただしい一日を送ったので、今日はオフです。

と言っても帰ったら本業が山盛りのケツカッチンなんですがね。




前の晩、社長と温泉入ったあと酒宴になり、その時ご一緒した地元の名士のゴッド姐さんに酒蔵を案内して頂くことになったのだ。


ただし、八海山のほうじゃなく玉川酒造さんという酒蔵。




120121-01.jpg


こんもり雪が盛られているがこれにはわけが。


わけは後ほど。



120121-02.jpg


洗米。


なが~いホースの中を水と一緒にぐるぐる回って綺麗にするのだそうだ。



120121-03.jpg


蒸米。


職人さんたちが一所懸命撹拌して冷ましています。



いわゆる工業化した酒蔵と違い、ここは昔ながらの手法に近い。



120121-04.jpg


タンク。


昔なら樽ですかな。



7185は容量。

7185リットル入るそうです。


むかし風に言うと、三九石八斗七升九合。



120121-05.jpg


アップなのでわかりづらいが、船といってお酒を絞る器。


現在はアコーディオンみたいな装置で絞るそうです。


絞ると、透明なお酒と酒粕にわかれます。



120121-06.jpg


ゴッド姐さんの同級生さんにひととおり案内頂き、例の盛られた雪のわけへ。


ここが、さっきの盛られた雪の秘密。


雪山の下の扉をくぐって、階段を降りて行くと



120121-07.jpg


こういう仕組み。


天然の冷蔵庫だ。



120121-08.jpg


こんな風に貯蔵されている。


金賞を受賞した年は、貯蔵されるまでもなく完売したそうだ。



120121-09.jpg


この雪、真夏でも融けずに残っている。


翌年の11月まで残っていて、その頃になるとまた雪が降り出すから、結局1年中雪が覆っているのだ。



120121-10.jpg


だから、ゆきくら。


この先は、いよいよお楽しみだ。



120121-11.jpg


ずら~っと10種類。


全部試飲(利き酒)出来るのだ。※いつでも誰でもかはわかりません。



120121-12.jpg


なかには46度のウォッカみたいなお酒や、珈琲風味のお酒など、風変わりなお酒もあった。

詳しくは下記玉川酒造さんウェブサイトを
http://www.yukikura.com/index.html




120121-13.jpg


これなんかは、山田錦に協会酵母、精米歩合40%という、いわゆる夏子の酒風に言えば

YK40

という王道を行く純米大吟醸だ。



フルーティで口の中に広がる豊潤で爽やかな香り。

まさに美酒だ。



120121-14.jpg


でも、おいらは辛口の本醸造(アルコール添加したもの)が好きなので、

結局「越乃玉梅」というスッキリ辛口のやつの1升瓶を買った。



玉川酒造さん、楽しかったっす。



新幹線の時刻が迫っています。

帰りも乗り遅れたら堪らない。

普段レーシーな大型バイクでかっ飛ばすゴッド姐さんは、雪解けの路面もかまわずおいらのために飛ばしてくれます。

あ、あざっす(滝汗)


120121-16.jpg


魚沼川。

何を獲ってるのかな。



新幹線駅まで送って頂いたうえに、さらにドデカイ雪下白菜や大根を2本頂いた。

色々ありがとうございました。

甘くてとっても美味しかったですよ。



1升瓶と巨大白菜、大根2本を抱えて、新幹線に乗り込み、またコンクリートジャングルへ帰る。




新潟。


越後の國。



上杉謙信や直江兼続、河井継之助や山本五十六を輩出した土地。


豊かな自然、清浄な空気、土、緑。


旨い米、野菜、酒。





離れがたし。



[ 2012/01/24 07:01 ] 美味なるもの | TB(0) | CM(6)

HANZOさんへ

HANZOさんおはようございます!
充実したオフを過ごされなによりで御座います!
冒頭の雪。。えらいことになってると思いましたが、そういう仕組みだったのですねぇw
個人的には46度のウォッカみたいなお酒・・と云ふ・・其れ気になってたまりません(爆
お疲れさまでした!
[ 2012/01/24 09:46 ] [ 編集 ]

影法師さん

46度はやばいっすよ。
口の中が一気に乾きました。
ドライマティーニ飲んだみたい。

越乃玉梅は美味しかった。
あ、でもふなくちが好みなら大吟醸の方をオススメです。
[ 2012/01/24 18:31 ] [ 編集 ]

HANZO氏の社会見学的な記事はいつも楽しみにしております。

今回もとってもよくわかりました^^
お勉強になりましたぁ~

ダイコンはさ!任せてくれたらウサギ40匹にしてあげるよ!(爆)
[ 2012/01/25 09:26 ] [ 編集 ]

れおんくん&ママ

社会見学ですか、なるほど自分でも気付かなかった。
忘れないための備忘録でもありますから。

では追記、
洗米、蒸米と同時進行で、麹室という加湿された部屋で麹が作られています。
それを蒸し米とまぜて樽に仕込んで発酵させ、それを絞る訳です。
上記の工程をはしょってしまいました。
[ 2012/01/25 18:29 ] [ 編集 ]

こんばんは~魚沼川で獲ってるの気になりましたが、
出張お疲れ様でした。
なるほど、ゆきくらとは製造方法をそのまま名前に
しているのですね、大吟醸、興味ありですね~、
新潟に行くことがあれば味わってみたいものです!

PS:例の放送のせいじゃないのですが、
右肩痛で当面釣りに行けないかもしれません。。。
[ 2012/01/26 00:38 ] [ 編集 ]

BBさん

なにを獲ってたのでしょうね。

肩は釣りのしすぎですかっ?
はたまた○○肩!?
僕もしばらくおやすみです。
[ 2012/01/26 08:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/487-bc529c99