新型インフルエンザ

国内で感染者が三人目とか五人目なんて言っていたのはGWの頃だったろうか。
すでにチビの学校では学級閉鎖のクラスがある。
わずか半年でもうすぐそばまで迫ってきている感じだ。

我が家では、結構前から対策を講じている。

まず、プラズマクラスター空気清浄加湿器。



型遅れだがすでに三年前ぐらいから使っている。



同じくプラズマクラスター二階用。



プラズマクラスター三階用。

買い物など人ごみへ行くときは…、



必ず使い捨てマスク。

家に帰ったら…。



キレイキレイで手を洗って、消毒液をワンプッシュ。
ものにはエタノールをシュッシュする。



そしてうがい薬又は塩水でノドをガラガラ20秒。
特に子ども達は徹底させていた。

なぜこんなにまでするかっていうと、チビ2号が生まれてすぐに我が家全員「マイコプラズマ肺炎」というやっかいな病気をもらい、かなり辛い目にあった。
肺の細胞にダメージがあるらしく、子ども達はすっかり呼吸器系が弱くなってしまったのだ。

しかし、今回は鉄壁のディフェンスだ…。

…と思っていたら。



何故だっ。
チビ1号、2号ふたりともだっ。

思い当たるふしをたどってみる。

10月25日。チビ2号の運動会。
雨のため体育館内にて決行。
「マジか?」と耳を疑った。
一家全員マスクで重装備した甲斐もあってそこはセーフだった。

あと思い当たるふしと言えば…、
11月5日、同じく幼稚園の遠足。
このご時世にバスで行くのだと。
はぁ~耳を疑うぜ。

その遠足の数日後に発症なのだから疑う余地もないだろう。
事実幼稚園は学年閉鎖になった。

以前から気になっていたそのお役所体質(区立だからね)。
イベントが控えていると知らぬ顔の半兵衛を決め込んで、
それが終ると臭いものにフタをする。
我が幼稚園はその辺かなり評判が悪い。

かつてスペイン風邪が流行った時、米国内の隣り合う州であまりに死者の数が違うので調査した結果、流行早々に集会やイベントを禁止した州は感染者・死者数が劇的に少なかったという。
我が国のスペイン風邪の死者数は39万人とも48万人ともいわれている。
総人口の0.007%、今の人口に置き換えると1.28億人×0.007だから…約90万人だ。
その時の教訓は活かされているのか?

昨日は葛飾区の選挙だった。
盛んに屋外放送で「選挙に行きましょ~」と言っている。
我が耳には「皆さんインフルエンザを広めましょ~」と言っているように聞こえる。
アホか。
せめて校庭を投票所にしろや…。

今週末、1号の小学校で体育館での学習発表会が予定されているという。
平和ボケここに極まれりだな。
[ 2009/11/09 15:02 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/60-12c50d83