うなぎ釣り 〜平成25年度編〜 

 
 
6月1日(土)

この日は娘たちの運動会の為、朝のK突堤には行けなかった。

ああ、もしかしてこの日に限ってシリヤケイカが爆釣だったりはしないだろうか…

そんな予感は的中しないで欲しいです、BBさん、☆にょろりさん。



お昼ごはんはチビの小学校でお弁当を食べるので、午前中は小学校。

そしてお昼をチビと三人で食べたら急いで中学へ向かう。

お姉がいないと寂しいね。

それに午後の鼓笛隊見れなかった。

この馬鹿な学校たちは同地域のくせに同じ日に開催してやんの。

そういう事情からなのか午前の部が1時間近くも早く終わった。アホだ。

こんな運動会はもうたくさんだ。




余談が過ぎた。

朝K突堤へ繰り出せなかったフラストレーションがMAXだ。

だが、小学校と中学校を行き来したり(歩くと片道30分近くかかる)、撮影するのにあちこち歩きまわったり、疲労はかなりやばい。

でも釣りがしたい。

この日のために仕事も急ピッチで進めて調整した。



よし!

近所に繰り出そう!


130601-01.jpg


トワイライト二重護岸。


今日は潮の動きが緩いが、超マイクロベイトがうじゃうじゃいて、ぴちゃぴちゃ跳ねている。

水面にはシーバスなどの動きは見えないが、こりゃ結構居るんじゃないか。


水温は連日の雨の割りには温かい。



まずは、小一時間ルアーを投げてみる。

タイミング的には干潮なんだけど、とにかくルアーが何かに当たる。


杭? 水草?

そんなに沈まないルアーなのにガツガツ何かに当たる。

かといってフックには何も痕跡がない。

う〜んわからん。


ノーバイトだが、ときおりザバババンと明らかにシーバスな音が聞こえる。



場所を対岸やや上流側へ移動。



130601-02.jpg


この日のメインは久しぶりのウナギだ。



一昨年はこの場所で11匹を挙げている。

だが、昨年は1匹も釣っていない。


釣れなくなったのではなく、ウナギ釣りそのものを辞めてしまった。


その原因は、例の人類の英知が垂れ流した原子力排泄物のせいだ。


江戸川の北総線あたりのウナギからおよそ150ベクレル/kgの基準値を超すセシウムが検出された。

詳細は水産庁のこちらのPDFファイルをご参照下さい。


そもそも江戸川のしかも葛飾区あたりのウナギのセシウム含有量の調査など、国や自治体、垂れ流した張本人の東京電力ですらやらない。※流通してないかららしい

その事実を明らかにしたのは、葛飾区に在住のイチ釣り人という話だ。




流通していなくとも、生態系の一部であることには変わりがない。

イワシだって、直接人間の口に入るとは限らない。

サバに食べられ、そのサバがマグロに食べられて、人間の口に入るかもしれない。

調べなくともいいとは言えないだろう。



また余談が過ぎた。

そんなわけで食べるために釣るわけではない。

いや本当は食べたい。

もしかしたら昨年はウナギを食べてないかもしれないのだから。


しかし、江戸川の数値ではなく、この新中川(中川)の正しい数値を知りたい。

釣れたウナギには申し訳ないが、馬鹿な人類のため承知していただきたい。




さて、釣りに戻る。

スタートは19:00ぐらい。


スタート後2時間近くなんの音沙汰も無かった。

静かだ。

時折聞こえるシーバスのザバババンとハクレンか何かのチャプンの音ぐらいだ。



お腹が空いた。

ビール飲みたいな…。



なんて思ってると突然



りんりんりん♪


わおっ!

竿がくいんくいん言ってるぜ。



130601-03.jpg


ちょっと小さめだが45cmほどの本命が釣れた〜。


嬉しい〜。



と、針を外そうとしていると



がしゃん!

リリリリン!!!!!



おわー竿が持ってかれる〜。


がちーんとアワせる。

ぐぐぐぐー

走る?

シーバス?

大きめのニゴイ?



巻く。

ぐぐぐー

また走る。



ぃよいしょーっと抜きあげる。



130601-04.jpg


ぬは!

ウナギだよ!


これは太ええ!


いやはや旨そ…

いや、検体には申し分ないサイズだ。

大丈夫だ、ミンチにして計測を終えたら、きっとおいらが食ってやるから。



そしてその1時間後


130601-05.jpg


三匹目追加〜〜♪


これはちょっと細いな。

メソでは無いけどヤングだな。


130601-06.jpg


合計三匹。

上出来だ。



一番太いやつはアゴから針が外れない。

計測には350g必要らしいが、この太いやつ1匹で足りそうなので、残りのヤングな二匹は川へお引き取り頂く。


達者で暮らせよ〜。

放射能に負けずに沢山子を産めよ〜〜。


130601-07.jpg


さて、可哀想だが針も外れないし、犠牲になってもらう。


まずまずのサイズだ。


130601-08.jpg


太さはこのぐらい。

単一電池サイズだ。



う〜ん勿体無い。

食べてしまいたい。


太さを測るのにいじくっていたら何かを吐いた


130601-09.jpg


ミニミニデキハゼ。


そっか〜、この時期はハゼもエサになるんだね〜。


さて、検体に必要な目方は350g。

これはいかほどか…



130601-10.jpg


367g………


びっ微妙だ。

頭や骨を取ったらどのくらいになる。



ベクミルの予約を見たら二週間はダメみたい。

冷凍したら水が出て目方が減らないか…。

生かしておいても痩せてしまわないか…。



何より今回は純粋に口にする肉部分のみを計測しようかと思っていたのだが、これでは到底足りないな…。

う〜ん



近々追加のための再出陣だ!

これも調査の為。

うんうん、仕方ないのだ。
 
 
 
 
 
[ 2013/06/02 17:08 ] 釣り ウナギ | TB(0) | CM(15)

うーん…

せっかくの良い型のウナギ…

でも家族みんなで食すとなると気になりますよね

うちはその辺り能天気にしてるけど もう少し気にした方が良いのかなぁ

なんでも気にせず食べる事が出来た数年前って 凄く幸せな事だったんだなぁ…と思わずにはいられませんね
[ 2013/06/03 09:08 ] [ 編集 ]

ゆず。さん

先ほど捌いてしまいました。
生かしておいても痩せていくだけですからね。
可哀想ですけど何とか食べてやろうとは思ってます。

ゆず。さん家の方は何の問題も無いと思いますよ。
問題は北関東を洗い流して集まってくる江戸川、中川、利根川、荒川あたりだと思います。
天然の除染ですね。
江戸川下流部は天然の汚染水・汚泥タンクです。

僕らの子供の頃はドブ川みたいに悪臭を放つ川でしたが、高度経済成長前は泳げるほどキレイな清流だったとのことです。
最近ようやく綺麗になってきたと思ってたばかりなのにとても残念です。
これが後何十年も続くと考えるとなんて罪深いことをしたんだと子供らに顔向けできませんね。

我が国の歴史から昭和という時代を切り取ってしまいたい気持ちです。
[ 2013/06/03 10:45 ] [ 編集 ]

切ないですね。

この立派なウナギが検体に。
その為に生きてきたわけじゃないのにね。
食物連鎖でヒトが食べるのは仕方が無いけれど、
人間が犯した失敗の尻拭いをさせられるのは可哀想ですね。

とはいえ、こういうで調べる民間人がいないと犠牲者は増えるはず。
頭が下がります。

結果もお知らせくださいね。
[ 2013/06/03 13:24 ] [ 編集 ]

tsunaさん

まだ子供のうちに遥かマリアナの海から泳いできて、この川で何年も暮らしてきたやつですからね。
本当に忍びないです。
できればこんなことしたくないです。
けど事実を知りたいし、知らせたい。

1ベクレルは1つの放射線を出すらしいですね。
100ベクレルなら100本の放射線を発するわけですよね。
基準値うんぬんいわれても子供らには食べさせる気にはなりません。
その見えない物質が子供たちの身体の中にとどまって、その1本1本の光の矢が、何年も細胞を撃ち殺していくのですから。
臭いものには蓋をする民族性。
蓋をしていけないと思います。
[ 2013/06/03 14:29 ] [ 編集 ]

釣果としてオメデトウです♪

す、すごいウナギですね。。。ビックリです。
ビックリなビックサイズです。
そして、社会の一面を鋭く切り出した記事。
まさに、この翌日の拙ブログの記事と…
なんかこう…
通じ合うものを感じます… ウンウン(キリッ
[ 2013/06/03 20:35 ] [ 編集 ]

HANZOさん、お疲れさまでした。
釣りとしても純粋に楽しめたのではないでしょうか?
暗い河川敷でチリン。
転の神様がまた、ウナギつりに行ってね、ということでしょうか。
[ 2013/06/04 06:25 ] [ 編集 ]

ヤチオさん

アリガトウです♪
この場所は来れば必ず二匹以上釣れます。
その内一匹は太いやつです。
メソっ子も入れるともっと沢山釣れるときがあります。
ただ…ね。
うなぎ釣りを辞めたのは放射能の事もありますが、絶滅の危機に貧しているとの報道のせいもあるかもしれません。
親ウナギは養殖が出来ず、天然のものに限りますからね。

ヤチオさんは王様になられたのですね。
これはコメントを頂き恐悦至極に存じ奉りまする〜www
[ 2013/06/04 09:37 ] [ 編集 ]

☆にょろりさん

やはり僕はウナギ釣りが大好きですね。
あの独特なごんごんごんっていう引きはたまりません。
実は頭のライトを忘れて今回のゴンブトをぶっこぬいたとき、ウナギだと思っていなかったので、姿を見てテンションがMAXにあがりました。

捌いて身だけにしたら260gになってしまいました。
なのでもう一度アタックします^^
[ 2013/06/04 09:44 ] [ 編集 ]

複雑ですね

貴重な釣行、ありがとうございます。
江戸川のうなぎ記事の件、僕もびっくりしました。
やっと綺麗になりつつあった川なのに、残念です。

調査結果も気になるところです。
わかりましたら、アップをお願いしますね。
[ 2013/06/04 14:49 ] [ 編集 ]

りーさん

いつかはまた綺麗な川に戻るでしょう。
もうこのような事は二度とゴメンですね。
スリーマイル、チェルノブイリ、フクシマ…
小さな事故も含めれば意外と沢山あるんですよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E4%BA%8B%E6%95%85

今回少し足りなかったので、また行ってきます。
測ったらもちろんブログの記事にします。
[ 2013/06/04 15:17 ] [ 編集 ]

拍手。

HANZOさん、
お疲れさまでした。

う○ぎ釣りブログとしての魅力と、
社会派ブログの話題としても、
敬服いたします。

釣った獲物を食べずに検体としてささげる。
検体に回らないものは、リリースする。

見習いたいと思いました。

・・・でも。

K浜シリ○ケイカの件は、真似たくないっ!
って思いましたっ!(笑)
[ 2013/06/04 18:09 ] [ 編集 ]

にゃっきーさん

いやいや持ち帰ってもひとりで食べるのは虚しいし、本当に絶滅の危機にあるのなら、もう食べるのは養殖のでいいとも思っています。
ただ、ここの釣り場だけで言うと本当に絶滅の危機に瀕しているのか疑わしくなるくらい釣れます^^;

K浜…
またその傷をほじりますか?
いずれシリヤケ爆釣の記事も書きますよ。
だから、懲りずに突堤に出没します!
[ 2013/06/04 22:04 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/06/04 22:05 ] [ 編集 ]

さきがけ、ありがとうございます。

夜分大変失礼いたします。
先程ニュースZEROで遅まきな自治体によるE川のう◯◯、
検査結果基準値越え、出荷見合わせの旨報道されておりました。
ちなみに食物連鎖による餌の、テ◯◯◯◯を捕食している
からであるとのこと。E,N,A川…同じ状況だそうです。
時が進むに連れ沈澱、聞いてはおりましたが誠に残念でなりません。
[ 2013/06/08 00:31 ] [ 編集 ]

影法師さん

ご一報ありがとうございます。

流通してないから調べていないは嘘だったんですね。
ま、調べたら困るのは国、自治体、犯人ですからね。

それにしても…
テ◯ガですか…。
そんなに沢山食べるのかな?
[ 2013/06/08 08:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/688-cdaf1f34