新中川産ウナギの放射能測定結果 〜そして朗報あり!〜

130710-11.jpg


昨夜(7月10日)に釣り上げた新中川産ウナギ2尾。

その記事はこちら(http://mtbfish.blog107.fc2.com/blog-entry-714.html)


それに6月1日に釣ってミンチにして冷凍してあった同じく新中川産ウナギ1尾。

その記事はこちら(http://mtbfish.blog107.fc2.com/blog-entry-688.html)


合計3尾の放射能(セシウム)の測定をする。


130711-01.jpg


昨夜のウナギ2尾は翌朝にはすでに息絶えていた。

こんなことは今までまずなかった。

ウナギは水がなくたって相当生きれるはずなんだ。

ウナギは元気いっぱい、閉じ込めたって脱走するし、水なんか無くたってどこまでも這っていって逃げる。

冷凍庫に入れて仮死状態にしても、首を切ったあと暴れだすことがある。



そんな生命力に溢れたウナギが2尾ともなぜこうも簡単に死んだ?

釣りによるダメージは下唇のみ、いつものことでダメージのうちに入らない。

釣り上げた時からすでに元気がなかった。



放射能とは無関係だろうと思うけど、連日の猛暑か豪雨か雷か。

なんらかの理由があるのだと思う。



130711-02.jpg


まず採寸。


頭をゼロに合わせて


130711-03.jpg


デカイほうが58cm

小さいほうが50cm


太さはどちらもある方だ。


130711-04.jpg


小さい方の目方。

260g。



130711-05.jpg


小さいって言ったってこんなにボリューミー。


脂がギットギトに乗って肉厚だ。ゴクリ


130711-06.jpg


頭と背骨と内臓を取り除くと154gになってしまう。

今回の計測は可食部ということだが、ご存知の通りウナギは余すとこなくすべて食べるが、今回は最低限蒲焼を食べた時を想定して計測したいと思う。



肝好き(俺)、背骨せんべい、頭からタレを作る人。

今回はカンベン。



130711-07.jpg


さてデカイ方。

367g。


6月1日のごんぶとと同サイズだ。



130711-08.jpg


見てこのボリューム。

皮の色。

甘い脂の香り。


はああぁああぁぁぁぁぁ
いっそ食べてしまいたい。




130711-09.jpg


同じく頭と背骨と内臓を取ると267g


買ったら目玉が飛び出る値段だよ。きっと。



130711-10.jpg


計測するには細かく粉砕する必要がある。


なのでミキサーでミンチにする。

左の袋が6/1のウナギだ。



130711-11.jpg


両方合わせて3尾分で689g。

よし500gをオーバーしたぞ。


きっとハンバーグにして食べてやるからな。

傷まないようにクーラーボックスにロー100のロックアイスを全部入れ。

冷やして西日暮里まで運ぶ。


130711-12.jpg


日暮里放射能測定所にっこり館


ここは当日でも予約なしで計ってもらえる。

※土曜日と祝祭日がお休みです。



130711-13.jpg


色々相談に乗ってくれるから、まずは電話してみよう。

日暮里放射能測定所にっこり館
03-3801-1211 info@bq-check.jp←メールソフトで開きます


1000円で賛助会員になれば、過去に測定したデータを閲覧することも出来るぞ。


130711-14.jpg


さて、まずは容器に詰められる。


ここで館長の関井さんのひとこと

館長さん「あ〜冷やして持ってきたのねぇ、常温じゃないと正しく測れないよ。」

げげっ

HANZO「常温で運んだら傷んで食べれなくなっちゃいますから」

館長さん「夏場に計測した食材を食べることはおすすめできないな」

オーマイガッ!

この時点でウナギさん食べてやれなくなりました。

ねんごろに供養するからカンベンな。



130711-15.jpg


この鉛の塊で計測すると言っていた(と思う)


130711-16.jpg


ここにウナギのミンチを詰め込んだ容器をセット。


待つこと15分(長ければ長いほど正確な数値が出るとのこと)

実際は13:00〜14:00はお昼で閉まってしまうので、常温に戻す時間が無く、お預けしてあとで計測してもらった。


で結果。


unagi130711.jpg


新中川産天然ウナギ500g中

セシウム137=15.4Bq/kg(±3.1Bq/kg)

セシウム134=07.0Bq/kg(±3.1Bq/kg)

 合  計 =22.4Bq/kg(±4.4Bq/kg)




おおお、やはりそれなりに高い数値が出たことは出たが、基準値は超えなかった。

昨年の5月ぐらいにFishingパパさんが計測した数値(詳細は下記URL)が「25.17Bq/Kg ±1.813」だったからそれからあまり上がってはいないということかな。

うなぎ釣り/グルメ/育児のワークライフバランスブログ
http://fishingpapa.blog90.fc2.com/blog-entry-58.html

※Fishingパパさんすみません引用させて頂きました。


あくまで葛飾区新中川のうなぎの計測結果だ。

江戸川、荒川、利根川はまた別の結果になることも推察される。



これをどう受け取るかは見た方の判断にお任せしたい。



計測にご協力頂いた

日暮里放射能測定所にっこり館http://www.bq-check.jp/

は土曜日と祝祭日以外は営業をしていて、飛び込みでも検査をしてくれます。(待つ場合もありますが)

料金は1検体3500円。



★★★★ここで朗報がある!★★★★

―――――――――――――――――――――――――
※平成25年12月現在では値引きは終了した模様です。
詳細は日暮里にっこり館さんへお問い合わせ下さい。
―――――――――――――――――――――――――
日暮里放射能測定所にっこり館・館長関井さんに検査費用について交渉をしてみた。

その結果ナ、ナント!

釣り人を対象に、条件付きで
大幅に値引きして頂けることになった!!!
―――――――――――――――――――――――――
※平成25年12月現在では値引きは終了した模様です。
詳細は日暮里にっこり館さんへお問い合わせ下さい。
―――――――――――――――――――――――――
館長さんいわく
「水産物は今後重要な指標になりますので私としても積極的に関わっていきたいと思っております。」


館長さん、ご英断に心より感謝申し上げます。

さてその条件ですが下記のようになります。

・まずは賛助会員(年会費1000円)になることが大前提となります。
・水産物特別会員割引(つまり川、海の産物限定*です)
・1品検査料金(検査時間は30分=通常価格4000円)を2800円に割引
・延長は30分ごとに1000円(1h測定で3800円)
 *川、海の中には湖・池・運河等を含みます。



通常価格4000円が水産物に限り2800円になります!!!


これで一度に3検体持ち込んでも8,400円だ。

―――――――――――――――――――――――――
※平成25年12月現在では値引きは終了した模様です。
詳細は日暮里にっこり館さんへお問い合わせ下さい。
―――――――――――――――――――――――――


測定をする方へ

●検体(魚など)は必ずミンチ状(いわゆるなめろうやタタキのような状態)にして下さい。
●必要量はcc(量)です。グラム(重さ)ではありません。多めに用意して下さい。(350ccなら500gぐらいが目安です)
●冷やさないで常温で持ち込んで下さい。ただし遠方の方、腐りそうな場合、郵送する場合は凍らせてお預けしてしまった方がいいかもしれません
●食用の指針とお考えの方は、可食部のみ持ち込んで下さい。(内臓も食べる場合は内臓もいっしょに)


さて日暮里放射能測定所にっこり館さん。

魚介類だけじゃなく、色々なものを計測出来ます。(水産物以外は通常料金)

樹になるものは高めの数値がでることが多いです。

家の庭に成った果物、栗、家庭菜園のトマト、大葉、ナス。

また家庭菜園で使う土も計測出来ます。

そこらの吹き溜まりの土埃は驚くほど数値が高い場合があります。

日暮里放射能計測所にっこり館の賛助会員にはいると(年会費1000円)実際に計測したリアルな数値を閲覧することができます。


気になることがある方はぜひ一度問い合わせてみて下さい。






日暮里放射能計測所にっこり館
http://www.bq-check.jp/
〒116-0013 東京都荒川区西日暮里1-50-6 ラフォーレひかり1F
駅前の道灌山通り沿い(明治通り方面に向かってください)
館長:関井 守 (03)3801-1211  mail : info@bq-check.jp


大きな地図で見る


よかったらクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
[ 2013/07/12 10:47 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(19)

お世話様です。

先日母が亡くなり、さらに大変お世話になった方も急に亡くなって
しまい慌ただしくしておりました・・・。

猛暑続きです、お身体に気を付けて下さい。

ウナギ検査御苦労様です^・^
自腹で皆の役に立つ事なんて、中々出来ませんよ。
敬服いたします^・^
[ 2013/07/12 14:21 ] [ 編集 ]

うなちゃん安全なんですね(≧∇≦)

うなぎの計測ありがとうございます♪

それにしても…結構な金額がかかるんですね( ̄○ ̄;)

HANZOさんといい☆の方といい頭が下がります。


次はうなぎが弱った原因追求お願いします(笑)
[ 2013/07/12 15:49 ] [ 編集 ]

いくぞうさん

お母上の事、恩師の方の事、心よりお悔やみ申し上げます。
大変でしたね…。

自分自身が食べるかどうかの指針に過ぎません。
お上もマスコミも信用していないので、自分で調べるより他ないのです。
僕よりも沢山計測している方もいますよ。

いくぞうさんこそ、御体に気を付けて下さい。
[ 2013/07/12 16:08 ] [ 編集 ]

ゆず。さん

☆Nさまはもっと沢山調べてます。
頭があがりません。

うなぎは安全とは言えませんね。
紛らわしい言い方をしてしまったかも知れません。
あの3尾のウナギから11本の放射線が発せられているということになります。
果たしてそれを食べて人体へ影響がないとは言い切れませんね。
僕は次自己責任で食べますが、子供たちには食べさせません。

実際リアルに計測した数値で気になったのがいくつかありますが、日暮里放射能測定所にっこり館さんの非公開情報ですので伏せます。
いとつだけ無断で晒してしまいますと、
掃除機や空気清浄機にたまった埃はケタ違いの高さですから、姫にはゼッタイに吸わせないようにして下さい。

ウナギが弱った原因はなんでしょうね〜。
豪雨で食物にありつけてなかったのか、雷が結構落ちたので、そんな影響なのかな〜。これはわかりません^^;
[ 2013/07/12 16:17 ] [ 編集 ]

貴重な。

貴重な釣果を生贄としてささげる度量の深さ、
他の釣り人の、世間様のご参考にと願う純粋な心、
どちらも持ち合わせない私などからみると、
後光が差して見える記事。ありがとうございます。

また、きっと、館長様に、わけをお伝えして、
ご交渉いただいたのでしょうね。

アレのお金をカンパしたいぐらいですが、
公権力に没収されちまいまして・・・。

涙。
[ 2013/07/12 16:28 ] [ 編集 ]

にゃっきーさん

あまり褒めると木に登るのでお辞め下さい。
まだ僕は1回だけですから。☆Nさまこそ生き仏。
館長さんにはまさか本当に願いを聞き入れてくださると思ってなかったので、感謝感激です。
館長さんも放射能について色々と研究され、憂いているお方です。
ぜひ皆さんもにっこり館を利用して測定結果を公表し、事実を共有出来ればいいですね〜。
あ、にゃっきーさんはいいですよ。
にゃっきーさんは正義の味方ケーサツに募金をしたのですからね。
ドンマイ。
[ 2013/07/12 16:37 ] [ 編集 ]

拍手!

素晴らしいです、HANZOさん、感動しました!
選挙に出馬してください!あなたになら日本を任せられます。
夜明けぜよ、です!
げにまこと、すごい!
おーの、めったちや!
めっためりやすめりけんこ!
[ 2013/07/12 19:20 ] [ 編集 ]

ヤチオさん

ありがとうございます。
わたくしにニッポンをお任せ下さい。
明日から独裁者になります。
そしてイクサの準備に取り掛かります。
釣りどころではありません。
立てよ国民!
[ 2013/07/12 22:08 ] [ 編集 ]

すごい行動力ですね。
頭が下がります。

それほど高い数値ではないですが、弱ったうなぎは、気になりますね。
しかし、丸々と太ったうなぎ、旨そうっす。

数年前に亡くなった祖父の趣味の一つは、うなぎ取りでした。
佐賀県の中原(なかばる)というところで、泊りがけで取りまくってました。
子供の頃、この人は何でこんなに、こんなことが好きなんだろうか?、と思ってましたが、今は納得できます。

単に釣り好きだった。
水が好きだった。
うなぎが好きだった。
そして何より、戦前の苦難を乗り越えた世代だから、食べ物に対する執念が我々世代よりも卓越していたのだと思います。

そのウナギは、遠く関東に住む我々の家まで郵送されて来て、すぐに冷凍庫を満タンにしてしまい、母を困らせていたのを記憶しています。

僕はあの天然うなぎの独特な香りに馴染めず、電話で、美味しかった、ありがとう、と言えず困惑した思い出があります。

うなぎ釣りと言えば、その祖父のことを、どうしても思い出してしまいます。
[ 2013/07/13 05:16 ] [ 編集 ]

りーさん

ウナギ釣りをしてみてください。
お祖父様がどういう気持だったか。
どんな釣りごたえだったか確かめて下さい。

そしてちょっと放射nむにゃむにゃが気になりますが、釣ったウナギを食べてみて下さい。
うちの子供たちはもう鰻屋のウナギでは満足してくれません。
釣ったウナギの味を知ってしまったから。※もう食べさせませんけど…。

子供の頃より少しだけおじいさんに近づいた今、確認してみて下さい。
もしダメだったらまた10年後にトライして下さい。
貴方の身体にはウナギストの血が流れているのです。
[ 2013/07/13 15:34 ] [ 編集 ]

じゃ、テナガーもダメっぽいですね(-_-;)
[ 2013/07/13 17:17 ] [ 編集 ]

たにたにさん

おこちゃまには…俺は食いますよ。
でも手長ももう終わりかなー。

チャリのタイヤ交換してたら軽い熱中症かも。天ぷらできねー
何かに熱中すると熱中症になりますよ。
ご注意召されよ。
[ 2013/07/13 18:23 ] [ 編集 ]

検査

検査結果はセーフということで、まずはホッとしましたね。
自腹切ってこういう手間のかかる経過を経て、
安全かどうか確かめるってこと大変な労力です。

数値も日々変わるのでしょうが、市場にでない物は自腹でっていうのも仕方がないのでしょうか。

[ 2013/07/14 11:41 ] [ 編集 ]

tsunaさん

釣ったウナギは旨いんですよ。
ただ、ウナギ釣りをして、釣ったウナギを食べたいだけなんすよ。
放射能とか絶滅危惧とか、ほんのわずかな楽しみなんですよね。釣りって。
江戸川、中川、荒川あたりでも年間10トン以上獲ってるとか聞きました。
我々釣り人が一番自然環境のことを考えてるんじゃないでしょうかね。
あ、なんだかおこがましいですね。
柄にも無いことをするもんじゃないですね。
[ 2013/07/14 19:08 ] [ 編集 ]

いえいえ

柄にもないなんて。

本当なら、検査なんかしなくても安全に食べられないといけないんですから。。。
ほんの少しの楽しみなんですもん。

安全に使えばこんな便利なエネルギーはないって言いますけど。
安全に使えないんですから困ったもんです。
賛否両論あるましょうが、私はずーっと反対派です。

たびたび失礼しましたm(_ _)m
[ 2013/07/15 10:15 ] [ 編集 ]

tsunaさん

賛否両論あるかも知れないですけど、僕も反対です。
右とか左とを超越してあんなもんコリゴリですね。
福島が可哀想過ぎます。

毒を食らわば皿まで
という次元のものではないはずです。

だからといってタレント崩れのおふざけ候補に票を入れるつもりは毛頭ありませんが…。
[ 2013/07/15 21:25 ] [ 編集 ]

放射能、思ったより大したことないね。
[ 2017/05/16 22:36 ] [ 編集 ]

放射能、どれくらい食らったらやばいか知ってる?

・エベレスト登山したら、放射能で死ぬの?
・宇宙飛行士はエンガチョー、なの?
・張本勲とかイッセイミヤケとかは?

東京の放射能濃度について、放射能に対する当たり前の知識持ってたら大丈夫なの分かりそうなもんだが。というより、福島でやらかした時点で東京に居たのなら、もう既に手遅れなんだが。
[ 2017/05/16 22:45 ] [ 編集 ]

匿名さん

どのぐらい食ったらやばいかは知りませんね。
まあこの影響が出るのがいつなのか確実に東日本全体でなんらかの影響がでるんでしょうね。
[ 2017/05/23 11:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/715-06646952