ハゼの穴釣り in 東京ベイフロント2015

 

影法師さんにお誘いいただき、ここ数年の初冬の楽しみである「ハゼの穴釣り」に行ってきた。


アナハゼじゃないよ、マハゼの穴釣り。


場所は東京ベイフロント。

普通は釣りじゃない目的で行くとこだよね。


影法師さんと合流後、自動販売機でエサ(アオイソメ)を購入し、現地有料Pに車をぶちこみ、徒歩2分のとこで開始。


仕掛けは簡単。

ビンビン竿(筏釣りの敏感穂先を移植した影法師さん特製のロッド)+影法師さんから以前頂いたミニ太鼓リール。

細い中通しオモリにハリス止、ハリス、針(袖7号)。

以上


針にイソメを付けて、カキ殻の間の深そうな穴にそっと仕掛けを入れると…


ぐんぐんぐん


びくびくびく


すっぽーん




151210-02.jpg
 

やたーーーー!


ってあれ?

ダボハゼちゃんだった…。


君はお呼びじゃない。

出来るだけ遠くへリリース。



しかし…


ここから怒涛のダボハゼ35連発!!!!


うそだろ?


日が昇るにつれようやく昨年の感覚を取り戻し、マハゼの居そうな穴を見る目を取り戻してきた。


そうそう、この魚1匹通れるか通れないかの小さい穴。

仕掛けを入れると案外深くまで入っていく。

こういう穴。


こここん。

ぶるぶるぶる。

すっぽーーん!



151210-01.jpg
 

そうそう、これこれ♪


だんだん調子を取り戻す。



151210-03.jpg
 

これが今日イチかな。


16〜17センチくらいか。


神経を研ぎ澄まして穂先と手の感覚に集中し、そこからすぽーんと飛び出してきた時の溢れ出る脳内物質ときたら!

やめられない!



151210-04.jpg
 

朝から昼までやって4匹。


渋い時の1尾は、活性高い時の10尾分の快感があるからいいのだ。




151210-05.jpg
 

影法師さんの釣果も頂いてしまった。


ちなみに影法師さんはおいらの倍以上釣ってる。

さすがである。



151210-06.jpg
 

焼いて干して焼き干しに。




151210-07.jpg


その焼き干しで仙台風雑煮に。


フグのひれ酒のような上品な香りがいいですね。


ちなみにHANZO家の雑煮は、鴨だしに小松菜と赤い人参、上に三つ葉と柚子の皮。

餅は角餅、焼く派と煮る派に家中でわかれます。

よかったら皆さんのおうちの雑煮を教えて下さい。



おしまい
[ 2015/12/18 11:03 ] 釣り ハゼ | TB(0) | CM(4)

おしえてあげない!
[ 2015/12/22 09:52 ] [ 編集 ]

イツパツヤさん

ちぇ!
[ 2015/12/22 10:11 ] [ 編集 ]

うちは新潟風ですね。
醤油ベースの鶏だしに10種類くらいの野菜、蒟蒻を細かく切った汁に、煮た餅です。
生まれも育ちも関東ながら、関東風雑煮を食べたのは結婚してからだったりします。
[ 2015/12/22 14:09 ] [ 編集 ]

沙門さん

ありがとうございます。
やっとバイトしてくれました^^;
10種類の野菜なんて贅沢ですね〜。
酒のつまみにもなりそうですね。
新潟と言っても海側、山側、地域によって違いそうですね。
[ 2015/12/23 16:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/938-7265bc5c