純米吟醸酒粕の粕漬け

160116-02.jpg
 

酒粕。


ただの酒粕と思うなかれ。

福島県仲通りの造り酒屋の「純米吟醸」の絞り粕なのだ。


頂いたの昨年の暮れ。

同じく湾奥でご活躍されているヤングアングラー某氏よりお裾分け頂いた。



絞ったばかりの様でお酒がまだ残っており、袋の端にちょっぴりお酒が溜まる。

香りは純米吟醸のフルーティさそのものだ。


ああ、このまま齧って食べてしまいたい。

のをぐっと我慢して…

酒(それに見合う良酒)で伸ばし、少量の味噌を加えて「粕床」をつくった。




160116-03.jpg
 

そして魚の切り身を買ってきて、

少量の塩でシメたのち、

ミルフィーユ状に粕床と交互に重ねて、

ジップロックに入れて寝かすこと3日間。




160116-04.jpg


奥からサワラ、キンメダイ、マダラ。 

身が黄金色に変化している。



実はこれ三度目の粕漬け。


丁寧に処理してるので全然すっぱいに匂いならない。

フルーティなまま。




160116-05.jpg


魚についた粕は洗ってはならない。

キッチンペーパーでざっと拭くだけだ。



残った粕がいい焼き目をつくり香りが家中に…。

食べてみたら




驚愕!


のひとこと

いやもう一言


美味でござる!




ヤングアングラー様

感謝m(_ _)m

新天地でも一層のご活躍をご祈念いたす。



おしまい
[ 2016/01/28 09:42 ] 美味なるもの | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/945-a1981a69