ヒイカのはずがアナゴ釣り?

 

前々回、「BBさん」と行ったヒイカ釣りが不発(参照)に終わって、どうもフラストレイションがたまり気味だ。


次回リベンジだとブログに書いたら(元)ヤチオさんが食いついてきた。


って事で先週土曜日、お互い用事を済ませて夕方5:00頃出撃した。


HANZO宅から千葉方面に行くとどうしても市川、八幡、船橋、千葉という混み混みポイントを通らざるを得ない。

なので、ちょこっとだけ京葉上に乗って蘇我までワープだ。



一方、ヤチオさんは渋滞にはまって、お腹すいただの喉が渇いただのの愚痴LINEが入ってくる。

で、アオイソメを買っておいてくれというので、途中のJ州屋に立ち寄る。


ん?  アオイソメ??


ついでにスッテを補充して、スッテずらずら漁師仕掛けを現地で作ろうと目論む。

前回BBさんからお借りしたやつの模倣だ。



一足お先に現地へ。



161105-01.jpg
 

岸壁一帯にホタル族。


等間隔で灯を焚いている。



調度2台分入れそうなとこ左右さんへ声を掛けて入れさせてもらう。

話を聞くとどうもあまり釣れていなさそうだ。




161105-02.jpg
 

HANZO灯はこんな感じだ。


LEDライト✕1、蛍光灯✕1。



釣れない。

多少はアタリはあった。



竿を置きっぱにして、スッテずらずら仕掛けを作る。

暗くなるとさらに近いものが見えない-o-;



ヤチオさん登場。

早速ヒイカ釣り開始するが全然釣れない。



するとヤチオさんがやおらブッコミの準備をしだした。

カレイ? アナゴ?

おいらも真似してぶっこんでみる。

そのまま放置。


ヒイカも釣れないし、まわりも釣れてないので雑談。

すると



ヤチオさんの竿がグイーングイーン。


巻いてくると時折グングングンという引き。

おぅおぅおぅ♪

などと楽しそうなヤチオさん。



ずっぽーーんとぶっこ抜くと50センチ強のナイスサイズのアナゴ。

いいね!



俄然やる気が出てきた。


すると今度がおいらの竿にもアタリが。

ケミがグングングン。

鈴がリンリンリン♪



おお、おお、おお。

グングングンと引くねえ。

これは面白い。


ズッポーン!

とぶっこ抜こうしたらドラグがゆるゆるでジーーーっと糸が出て岸壁にビタン。

しかし無事キャッチ。


あー泡食った。


161105-03.jpg
 

デカイよ。

この太さ!

単1以上あるね。

長さは60センチ程。



そのあとヤチオさんが50センチ弱クラスを追釣。

おお! さては時合か!



こうなるともうヒイカなどどうでもいい。


さあ!鳴れ!鈴よ!



リンリンリン!!


きたっ!


と思ったらヤチオさんの竿だった。

ちえ。


60センチクラスだ。恨めしい。

じゃなくて羨ましい。



待つ。


リンリンリン!!

きたっ!



と思ったらまたヤチオさんのやんの。

ふん。


今度は70センチの巨アナゴ!!

くっそ!!まじか!


その時の動画がコチラ




ぐぬぬぬ

なぜオレの竿に掛からんのだ!


深夜0:00を過ぎたあたりから急に風が冷たくなった。

そろそろ仕舞だな。


最後にミラクルが起きないかな。


リンリンリン♪

お!

最後のミラクルは…


ヤチオさんの竿にかかったメソっ子だった。(リリース)


終了〜〜〜。



結局1尾だけだったが、ヤチオさんの釣果全部頂いてしまった。

カシコミカシコミ〜




161105-04.jpg
 

上から

70(ヤ)
60(HA)
60(ヤ)
53(ヤ)
48(ヤ)


素晴らしい釣果だ。

本当は全部オレが釣ったんだ!

って言いたい。


だが当ブログ…ノンフィクションでやってますから!



161105-05.jpg
 

タナゴとメジナ…。


これはオレが…


これも貰ったんじゃーーい!(近所釣り好きおじさまに)

ノンフィクションでお届けしています。



161105-06.jpg
 

アナゴ捌く。


一時ウナギ釣りにはまったぐらいだから、こんなのはお茶の子さいさい。

ウナギの身の硬さからすればアナゴなんて簡単。


そのわりに見た目がよろしくないが…


161105-07.jpg
 

骨と頭は煮穴子の出汁に使ったり、




161105-08.jpg
 

出汁を煮詰めたツメに使った。




161105-09.jpg
 

大きいのは骨がすごいのでハモのように骨切りして白焼きに。




161105-10.jpg
 

タナゴとメジナの一部は煮魚に。


タレは煮穴子のツメを使う。



161105-11.jpg
 

白焼きはやはり骨が当たるのでよく焼いた。


だが骨はやはり当たった。

味は美味しかった。



161105-12.jpg
 

ちょっと失敗天ぷら。

衣が剥がれたので、衣付け直して揚げたんだが、今度は衣がつきすぎた。


メジナもタナゴも天ぷらにしたが、ちょっと水っぽくて身が柔らかすぎてイマイチだった。



161105-13.jpg


少ない尻尾の方と、一番小さいサイズは煮穴子に。


これは間違いなく美味い。



1尾少ないって?

アナゴ1尾はメジナとタナゴとの物々交換となって引き取られていきました。



アナゴづくし堪能しました。

ヤチオさん、ありがとよ〜〜〜。

もっと寒くなったら今度こそヒイカだ。

(その前にカレイが始まっちまうか…)



おしまい。
[ 2016/11/08 15:30 ] 釣り カレイ ・ アナゴ | TB(0) | CM(8)

おおおおっと????

どうしたってんだい?
あんなに「フィクション書くんだ」とか、「書いたもん勝ちだ」とか、言ってたのに完全なノンフィクションではないか!?
なんだか、かえって気味が悪いというか、なんというか、書くことがねえでござるよ、うん。

けどやっぱり、この日は単純に投げ込むポイントの微妙な差だね。
ラインがラピュタの方角を指すように投げないとダメだったんだよ、きっと。
そういう意味では、本命のヒイカは、完全にバルスだったね。

それにしても我が家の勝手な事情で、全部引き取ってくださってありがとうございました。
そしてさすがの置いてけぼり追加、さらにさすがのクッキングパパ、玄人跣とはまさにこのことでござんす!
私の方は、しっかり引き味を堪能しましたので、大満足です。
ついでに自慢すると、この翌朝未明の単独Kサバ30分12匹も大満足でした。

ということで、おかげさまでとても良い週末を過ごさせていただきました。
またヨロシクです♪

おしまい
[ 2016/11/08 17:50 ] [ 編集 ]

ヤチオさん

ラピュタ説本当だったんだね。
父さんの言ってたことは本当だったんだ。
ちょっと待って、今ハトを飛ばしてくるから。
あと、ラッパも吹かなくちゃ!

引きは結構楽しめたよね(オラ1匹だったけど)
磯竿が満月になってグググンって引き込まれるのを隣で見ててそれはそれで楽しめたけどね。
あのあと仮眠で早朝サバか…
アッパレ参りましたぜ。

オレもシャクヤクカンゾーで若さを取り戻して、次回は仮眠でカミングスーンだぜ!
またヨロシクでーす。

おしまいける
[ 2016/11/09 08:39 ] [ 編集 ]

おいおい

さんまは?
[ 2016/11/09 09:41 ] [ 編集 ]

一発屋さん

長老!調子良さそうですな。
シーバス釣りたいです。
でも今ちょっと仕事が山積です。
ゴールが見えたらこっそり顔出します。
[ 2016/11/11 08:29 ] [ 編集 ]

すばらしい、にょろにょろ系。
うん、そうでしょう。
びば、長物。

なんだか釣れるとうれしいですね。
おまけに楽しいそう
[ 2016/11/14 22:30 ] [ 編集 ]

☆にょろりさん

ギラリと光る長ものも釣ってみたいです。
でもりょっと敷居高いっすね。
また暮れとかに集まりたいですね。
[ 2016/11/16 23:22 ] [ 編集 ]

アナゴ、美味しいですよねー。
我が家でも外道で釣ったアナゴの煮穴子丼が、私が釣った旨いモノ歴代1位です(嫁調べ)
ルアーとか始めたせいか、ブッコミとかゴカイとかが苦手になっちゃっている自分が居ますが、アナゴは積極的に狙っていきたいです。
[ 2016/11/18 18:50 ] [ 編集 ]

沙門さん

外道で釣ったwww
釣りあるあるですね。

ウナギはでかけりゃデカイほど美味いらしいですが、アナゴは一番小さいのが一番美味しかったです。
大きい奴は調理方法を考えないとだめですね。
ぜひ、カムバックして下さい。ブッコミワールドへ。
[ 2016/11/19 08:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/974-7ad0ffa6