穂先修理

 


10月の半ばにヒイカ釣りに行って、帰り際に豆アジ釣りをした(その時の記事


その際、船の係留ロープに竿先をぶつけたようで、竿先がポキっと折れてしまった。



161102-01.jpg
 

手持ちの中で一番新しいシマノの万能磯竿。


これは修理しなくては。


幸い穂先から2cmぐらいの部分。



161102-02.jpg
 

まずトップガイドの中に残されたままの穂先部分を取る。


ライターで慎重に炙って、ペンチでグリグリ引っ張る。

はい、取れた。


ペンチは取る穂先のほうね。トップガイドをペンチで掴むと潰れちゃうから。

火傷しないようにね。



161102-03.jpg
 

穂先側の第一関節(なんていうんだ?)に通っているガイドはトップの他に4つ。


それを順番を間違えないように通す。




161102-04.jpg
 

エポキシがいいとの事なので、ダ◯ソー100円エポキシボンド(2液混合)を使う。


こういうのって、次回使う時はすっかり固まっていて、結局一度しか使ってない時多々あるもんね。


この1/10の量でも十分なんだけど。



161102-05.jpg
 

ボンドをつけたらトップガイドを差し込む。


10分で硬化するタイプなので、10分経てばこれにて完了。




そう言えばその豆アジ釣りの時だかサバ釣り時だかに少し気になったものがある。



161102-06.jpg
 

コマセカゴのヨリモドシのスナップが錆びて開いたまま。


これでは大きめのサバが掛かった時伸ばされてしまう。


幸い今季小さいサバしか釣ってねえorz



161102-07.jpg
 

これを根本からニッパでチョキン。


で、使ってない似たようなスナップを探しだして


161102-08.jpg


スナップをスワップ!!!



こういう部分には惜しむことなくステンレスやその他の錆びないマテリアルを使ってほしいものだ。

頼むぜメーカーさん。



おしまい。
[ 2016/11/26 10:50 ] 釣り 釣り具 | TB(0) | CM(2)

素晴らしい!

道具を大切にすること、ホントに素晴らしいと思います。


・・・あとは、
道具を使う時に忘れて来なければ、さらに素晴らしいと思います。
[ 2016/11/29 13:28 ] [ 編集 ]

ヤチオさん

そればかりは一生治らないようです。
[ 2016/11/30 09:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/976-6106497a