【艦船模型】1/700戦艦長門(1) 〜新カテ 『艦船模型』 始動〜

 

ネタがないので…………


数年前に製作した模型の製作記を掲載すべく新カテを創設しました。


これを機にあらたに作る意欲でも湧けばと目論んでおりますが…



というわけで新カテ 『艦船模型』 始動します。



艦船模型とはっきりと種別指定しているので、ここでは艦船の模型のみを扱います。

旧帝国海軍限定のつもりでおります。



まずは長年連合艦隊旗艦をつとめ、国民的アイドルであり、世界のビッグセブンと称された

軍艦『長門』

でスタートいたします。



艦船の種別としては「戦艦(BattleShip)」となります。


キットはアオシマ製のリニューアル1/700ウォーターラインシリーズの長門級超弩級戦艦長門。

開戦時にする予定。

リニューアルと言っても数年前のものなので、今ではもっといいキットが出ているのかもしれません。




さて1/700戦艦長門。

手始めに船体周りから組んでいきます。


170202-01.jpg


まずはオモリの固定です。

接着にはアルテコSSP-HGを使います。←は瞬間接着パテのこと。本来はパテとして使うんでしょうが、あまり使い勝手がよくないので、こんな風にしか使い方を知りません。でも、ガッチリ固定できます。

後で知ったのですが、有名モデラーの方々は前後にナットを埋め込んで、ディスプレイ時や輸送時にボルトで固定するらしい…。この時は知らなかったので、そのまま船体と接着してしまいました。




170202-03.jpg


舷窓はすべてピンバイスで開口します。数が相当あるが、見栄えがよくなるのでやりました。

でも本当は開いていないのが正解だよね。開いてたら水が入って沈んじゃうもんねwww




170202-02.jpg


アンカーチェーンを極細チェーンに替える。

まず、キットにモールドされた鎖を削り落とし、ピンバイスで穴を開ける。

そこに適当な長さにカットした極細チェーンをピンに通して刺す。

ウラからギュッ引っ張って瞬着で固定してできあがり。

見栄えがだいぶよくなったが、出来栄えはあまりよくない。




170202-04.jpg

艦底(といってもウォータラインシリーズなので喫水線までの底蓋であるが)と舷側、甲板を接着し固定する。

舷側は一度サフを吹いてペーバーがけし、できるだけ滑らかになるような処理をした。





この時点で甲板を塗装しておく。

ざっくりと。


170202-05.jpg


舷外消磁電路。

ファインモールド製のエッチングを使用。

取付けは楽だが、トゲトゲしてるのでたまにペーパーをひっかけてベロ〜ンなんて取れたりする。

取り付けは船体のペーパー掛けを終えた後がいいかも。




170202-06.jpg


艦首フェアリーダーは、エッチングのオマケに付いていたモノ。

瞬着で固定して、その周りに溶きパテを数回盛っている。

艦底パーツ(吃水線の赤いパーツ)の艦首部分が白いですが、ここは最初から欠けていた。

鋭利な部品なので箱の中で折れて、箱から出ちゃったのかな?とにかく最初からなかったのでプラ板で補修した。




170202-08.jpg


手すりを取り付けた後、甲板にマスキングする。

今回は甲板上の構造物を避けてマスキングしたので2~3日掛かった(汗)。

マスキングをした後、細かいパーツを取付けます。


170202-07.jpg


ハッチのエッチングに付いていた昇降口を艦首側に使ってみた。


170202-09.jpg


ブームを真鍮線で作成(可動しない)。



170202-10.jpg


右舷中央のボートダビッドはエッチング製を使用。



170202-11.jpg


飛行甲板。

最上甲板の艦尾側で、偵察機、観測機を射出、格納作業をする甲板。

ここはリノリウム張りなのでリノリウム色で塗装し、マスキング。

甲板を先に塗装しマスキングするのは、他は殆ど船体色なため。

ここの階段はキットに予め付いたが、精密感を出すためにエッチングのラッタルに付け変えた。


120926-07.jpg


ラッタルはこんな大きさです。


今作ったら老眼でむりそう…。




次回は船体の上に乗る構造物や偽装です。


つづく




軍艦『長門』について

長門は長門級超弩級戦艦のネームシップ・1番艦です。

英国の戦艦ドレッドノートの登場により各国の建艦競争が激化、帝国も英国に発注した巡洋戦艦金剛級の国産化に成功し、金剛級の榛名・比叡・霧島を竣工させ、ドレッドノートを超えるいわゆる超弩級戦艦の建造に着手しました。

まず、山城・扶桑、伊勢・日向を竣工させましたが、その後の第一次世界大戦のジュットランド沖海戦の戦訓により、防備力の欠点が露見、さきの4艦はすでに効力のないものとわかり、ポストジュットランド型戦艦の建造が急がれました。

さらに仮想敵国・米国の海軍増強計画、ホワイトフリート(戦艦16隻)の日本への寄港などに刺激され、大正9年、艦齢8年以内の戦艦8、巡洋戦艦8の計16隻からなる八八艦隊計画が立案され、1番艦として長門が起工されました。

2番艦は陸奥、ともに長門級。計画当初は36センチ砲を搭載の予定だったが、米国が40センチ砲搭載艦を計画中という情報得て、長門級も急きょ40センチ砲搭載に変更されました。そして世界で最初の40センチ砲搭載艦として竣工しました。

長門級の性能は列強を強く刺激し、ワシントン軍縮条約へと発展させました。

その結果 、八八艦隊計画は長門・陸奥の2隻で終了し、土佐は標的艦として沈められ、加賀は建造中に関東大震災で大破した天城に代わって空母に改装され、巡洋戦艦・赤城も空母に改装されました。

この一時期、世界は戦艦建造を止め、保有が認められた7隻の40センチ搭載艦はビッグセブンと言われました。長門、陸奥もこの中に入っています。

その後長門は2度にわたる大改装を経て、近代装備を充実し、連合艦隊旗艦として長く国民から愛されました。まさにアイドル的存在だったとも言われてます。

そして、いよいよその力がためされる時がきました。大東亜戦争の勃発です。

開戦劈頭、帝国は米国の太平洋に置ける最重要拠点ハワイを奇襲しました。その際、連合艦隊旗艦として呉にて指揮にあたり、有名なトラトラトラを受信しています。

ミッドウェーでは、攻略部隊を引き連れ前線にまで出張りますが、航空戦隊の壊滅により作戦を中断し、やむなく退却してしまいます。

その後は制空権争いが中心となり長門の出番は巡ってきませんでした。

やっと出番が来たときは、すでに戦況は劣勢、フィリピンに上陸する輸送船団を叩くという指令でした。
ブルネイで石油を満載した長門はレイテめざして進撃、旗艦はすでに大和に譲りましたが、その戦力は健在です。
航空機による援護がないまま幾度か空襲にさらされ、戦艦武蔵や重巡の何隻かは沈みました。
幸い長門の損害は軽微で済んだものの、やっと見つけた敵はちっぽけな護衛空母群、主砲は敵を貫通 してしまい思うような戦果は挙げられずに突然謎の退却命令。

横須賀に戻った長門には、もう積まれる石油がありませんでした。
長門以外の戦艦はもう生き残っていませんでした。


艤装を外され、迷彩 塗装を施され、隠れるように横須賀にひそんでいるうちに終戦を迎えます。
国民のアイドル的存在だった長門は、将兵の士気、国民の戦意に関わるため、どんなことをしても沈むことは避けなければならなかったのです。

終戦後、連合国に接収された長門は、ビキニ環礁にて核実験の標的艦として沈められることを余儀なくされました。

2発目の水中爆発で米戦艦ネバダ、アーカンソーが轟沈、空母サラトガも7時間後に沈みましたが、200mの至近距離にいた長門は少しゆれただけで平然としています。

そして5日後、誰にも見られず、ひっそりと海中に没しました(号泣)。

[ 2017/02/03 14:52 ] 艦船模型 | TB(0) | CM(8)

なんだか

うるさいのでてきそうだなあ!
[ 2017/02/04 11:41 ] [ 編集 ]

一発屋さん

大歓迎です♪
[ 2017/02/06 08:34 ] [ 編集 ]

お〜〜〜長門よ(笑)

HANZOさん、「うるさい」なくないのヒラです。
まだ制作記事だけど、上手いですね(笑)!
これなら「モデルグラフィックス」でも通用しますよね!
完成を楽しみにしてます!
次のページで、後部艦橋のマドに〜〜〜とあるんですけど、
昔、小学生の私は、ココに透明プラ版を貼ってました!
もちろんナカミは全部削ってました(笑)。懐かしいです!
戦艦がスキなんですよね、タマには空母も作りましょう!
「龍驤(りゅうじょう)」なんかどうですか(笑)?
[ 2017/02/09 03:13 ] [ 編集 ]

ヒラさん

出てきましたねw
一昔前ならここまで作りこむ人も稀だったと思うのですが、最近のをネットで見かけたら超絶技法、パーツも精密になっていて、とても太刀打ちできません^^;

戦艦が特に好きとかはないです。
案外水雷戦隊や潜水艦なんかが好きです。
空母は飛龍が作りかけでストップして早数年……
いずれそれも紹介&再開したいものです。
[ 2017/02/09 16:55 ] [ 編集 ]

HANZOさんへ

お〜〜飛龍!私もまだ作ったコトありません、
HANZOさん、作りましょう!長門が終わったら(笑)!
飛龍と赤城だけは、ブリッジが船体の真ん中に、左舷に付いてます。
まだ、飛行機がどうやって離着陸するかが、分からなかったらしいです。
今では全部右舷じゃ無いですか、面白いですよ(笑)!
[ 2017/02/09 19:09 ] [ 編集 ]

ヒラさん

加賀より赤城、蒼龍より飛龍が好きですね。
ルーペみたいなものを導入したら再開もある…かな?
ただ、接着剤もパテも塗料もみんな干からびちゃってるので、イチから揃えるのも…。
長門も数年前に作り終えたものなんで…。
[ 2017/02/11 10:47 ] [ 編集 ]

赤城(笑)

赤城、蒼龍ですか………僕と趣味が同じですね(笑)!
やっぱり「赤城」ですよ、それに若い頃の「山本五十六」が、
乗っていられたんです(笑)!
完成、楽しみにしています!!!
[ 2017/02/15 19:03 ] [ 編集 ]

ヒラさん

山本長官…甲板から落ちそうになった飛行機を掴んで引っ張ったってやつですねwww
かなり古い(2005年頃の話)ので画像ファイルと記憶を集めるのに時間がかかっております。もう少しお待ち下さい。
[ 2017/02/17 09:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/981-a45b66f2