【艦船模型】1/700戦艦長門(3) 〜艦橋編〜

 

1/700長門。


今回は艦橋編。


長門の艦橋は多層構造なので、下層から順次紹介。


170208-01.jpg
 

まずは最上甲板からさらに一段高い艦橋甲板。


上部は木甲板なので甲板色で塗装後、構造物をよけてマスキングする。


両サイドに水密扉(それぞれ×2)とエッチングのはしごをつける。



170208-02.jpg
 

エッチングの手すりを張り巡らす。

ちなみに手すりの付け方は、柱に数本に1本長いものがあるので、その箇所の甲板にピンバイスで穴を開け、そこに長い脚を差し込み接着、短い脚も甲板に瞬着で固定する。


前部第二主砲基部近くにエッチングのタラップ(階段)をつける。




170208-04.jpg
 

司令塔。


戦闘が始まると、司令官は比較的安全なここに入る。


25mm連装機銃が5基配備される場所は木甲板なので、あらかじめ甲板色で塗装しマスキング。

後部の方はエッチングの手すりを取り付ける。



170208-05.jpg
 

上の画像では一体化してしまっているが、上から

・見張り指揮所
・羅針艦橋
・副砲指揮所


写真には木甲板と書いてしまったが、正しくはここは「リノリウム」貼りだ。

なのでリノリウム色で塗装しマスキングしてから組む。

マスキングはあとでピンセットで取り除く。


窓枠はキットでは簡略化されているので、適宜ノコで削ったりして整形し、エッチングの梯子などを使って窓枠っぽく加工する。
※ゆるいモールドのみ


最上部の見張指揮所には25mm連装機銃が4基配備されている。

弾薬箱をプラ板で作り適当に配置する。

25mm連装機銃はキットの物は精密感がなく、エッチングはペラペラなので今回は両方ミックスしてニコイチにした。

詳しくは下に書く。




170208-03.jpg
 

左がキットのもの。もさもさしている。

真ん中がファインモールドのエッチングパーツ。ペラペラ。

右はキットの両端をカットしてエッチングを貼り付けたニコイチパーツ。

今回はこれを使う。


今現在ではもっと良いパーツが販売されているからこれから作る人は探してみて。



170208-06.jpg
 

主砲前部予備指揮所。


上面はとくにたいした作業はしていないが、裏側、つまりその下の段の見張指揮所から見上げて天井に当たる部分はいくぶん寂しいのでいくらか手を加えた。

あまり見えない部分だが肉抜きした針をプラ板や透明パックで再現した。



170208-07.jpg
 

上部見張所。


ここは双眼鏡や方位盤、射撃指揮装置がたくさんある。

それらはキットでは省略されているので、プラ棒や伸ばしランナーで加工して作る。


伸ばしランナーはキットのパーツがついていたプラの枠の部分(ランナー)を火で炙って柔らかくして伸ばしたもの。

また、ここは上部の方で目立つので、ブルワークは透明パックで作りなおして精密感を出す。



170208-08.jpg
 

測距所。


ここも目立つ箇所なのでブルワークを透明パックで作り直す。

厳密にはブルワークでなく手すりで、戦時は万幕のようなものを張り巡らしているので、のちに白く塗装してそれらしく仕上げる予定。

ここにも双眼鏡がたくさん付くが、これもプラ棒や伸ばしランナーで作る。




170208-09.jpg
 

写真の角度が見辛いので上方から見たもの。


遮風板といって、見張り員を主砲発射時の爆風から守るための整流板が前部についている。

キットの物は削り取って、透明パックを切り出して作り替える。


ぐるっとまわるレールのところにポッチがあるが、ここに測距儀がつく。

測距儀がこのレールをぐる〜っと回ると、主砲塔もリンクしてぐる〜っと回る仕組み。




170208-10.jpg
 

艦橋トップ。

上から
・主砲射撃指揮所
・戦闘艦橋


主砲射撃指揮所はてっぺんで目立つのでブルワークはすべて作り変えた。

戦闘艦橋はエッチングの梯子を窓枠代わりに。

透明パックを切り出して遮風板(主砲発射時の爆風を逃がす装置)を作り替える(キットのは削り取る)


戦闘時はここで艦長が指揮を執る。




170208-11.jpg
 

7時の方角から俯瞰したもの。


射撃指揮所へ登る梯子とパイピング(伝声管?)を再現。

ここも双眼鏡がいくつかある。


ちなみに戦闘艦橋のブルワークは複雑すぎて作り替えなかったのだが、キットだとこの厚みがあるのだ。



170208-12.jpg
 

仮組み。



長門の艦橋は鐘楼形式なので、センターの太い柱と6本の支檣が入る。


170208-14.jpg

新造時は左図のようにちょっとさびしい艦橋だったのだ。


そこに最新の観測装置や司令装置などがついて、本キットのようなお城みたいな艦橋になった。



170208-13.jpg


10時の方角からの俯瞰。


測距儀は固定なので、主砲を右や左に向けてディスプレイしたい場合は、測距儀の向きをそちらに向けて設置する必要がある。


ここからさらに色々作りこんでゆくのだが、残念ながら作業中の写真がみつからない。


ひとまず艦橋は塗装待ちの状態で待機。



つづく。


次回は兵装編。


[ 2017/02/13 09:36 ] 艦船模型 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/983-e9c9218f