NintendoSwitch・ゼルダの伝説をやってみて。



全然使わなかったWii Uを売って、NintendoSwitchを買ったことを先日書いた(参照)。


2週間ほど「ゼルダの伝説 BREATH OF THE WILD」で遊んでみて色々気づいたことなどレビュー的なことを書いてみる。




170321-07.jpg


このタブレット端末のようなタッチパネル式液晶本体をドックと呼ばれるものに収めている時はテレビの画面に出力される。

この状態で遊ぶ時はこれまでの据え置き型ゲーム機となんら変わりない。



ドックから離して、(上の画像のように)両サイドにコントローラーを装着すると、携帯ゲーム機のように持ち運んで遊べる。

これはわりかし良いかも知れないね。

寝る前に布団の中でちょこっととか出来るのだ。


ドックに収納したとき、大昔のMacのノート型をドックに収めるタイプのやつがあったのを思い出した。




170321-06.jpg


これはホーム画面。

実にシンプルだが、やれることはあまり多くない。

つまり、ゲームソフトを別途購入しなければ、今のところなにも出来ることはない。



電源を入れてからゲームで遊ぶまでにかかる時間は数秒。

というか電源をON/OFFするというよりは、スリープ状態にしておき、遊ぶ時は解除する形式のようだ。

モタモタとなにかにつけ非常に遅いPS3と比較すれば、このスピーディ感は評価できる(PS4やその他は持っていないのでわからん)。


また、HDMI制御機能により、コントローラーのスリープ解除ボタン(電源ボタン)を押せば、瞬時にテレビが起動しそのHDMIのモードに変えてくれる(これはPS3やdTVターミナルもそうだけど…)。


つまり良い点は

据え置き機と携帯機の両方の機能を持っている

本体、コントローラー、ソフトがとてもコンパクト

起動から遊ぶまですごく早い

操作感もまずまずレスポンシブ



難点を言えば、

コントローラーの充電は本体にセットしなければできない。※joy-conグリップ(下画像参照)と言われる据え置きとして遊ぶ際のコントローラーの幹になるものに充電機能がなく、充電機能があるものは別売りになっている。

本体と同時発売で「1-2-Switch」といういわゆるNintendoSwitchの楽しさを伝える本体の販促物的ゲームソフトがバンドルではなく別売り。

遊べるソフトがまだまだ少なく、発売予定のラインナップも微妙。

スリープ解除するとネットが切れて、再度繋がらず再起動しなければならないことが数度あった。

携帯ゲーム機モードのとき、コントローラーが滑り落ちそう(重さの割にグリップがない)。


170321-08.jpg

これがjoy-conグリップ。

充電できるものを別売りで用意しているなら、なぜ付属でつけなかったのか。


1-2-Switchをバンドルさせずに別売りにしたのも、無料ゲームがいくらでも遊べるスマホ全盛の時代には時代錯誤な気がする。


上記いずれにしても原価と販売価格の釣り合いから、オミットしてしまったのだろうと想像されるが、ソフト販売でも利益を出せるのだからここはケチケチ出し惜しみをしない方が良かったのでは、と思う。

まあ、きっと半年後、一年後の販売数が落ち込み始めた頃に、そういうのを備えた廉価版を投入するんだろうけどね。

あまり好きじゃない商法だ。


300円くらいのミニダウンロードゲームを沢山用意してくれたら、それなりに売れると思うんだけど、昔のゲームをバーチャルなんちゃらで800円ぐらいで売るような感覚だとしたら、この会社はもう終わりかもしれない。



難点が多くなったが、決しておいらがニソテソドー社嫌いからではない。

客観的に見たつもりだ。



170321-01.jpg


さて、ゼルダの伝説 BREATH OF THE WILD。


NintendoSwitchのコントローラーがかつてのWiiリモコンのような使い方ができると聞いて、Wiiのトワイライトプリンセスのような操作ができるのかと期待していたら、普通にコントローラーとして(グリップや携帯機モード)遊ぶらしい。

少し残念。


だがWii Uのようなバカでかいコントローラー(携帯機モードの場合で同じくらいの大きさ)で、テレビと手元の操作に視線を行ったり来たりしてやるよりは楽だ。


グラフィックは昨今のリアル路線からは外れて、どちらかというとアニメチック。

まさにスタジオジ◯リのようなタッチ。



ストーリーは今のところ大味。



170321-02.jpg


時間が我々の世界より早いスピードで変化していく。


これは前方に月が見える夜。


170321-04.jpg


朝焼けや夕焼けも綺麗だ。


エリアによっては雪が降る極寒地、火山のまわりの灼熱地、太陽が照りつける砂漠地、風光明媚な景色や不気味な森林、キレイな池や川、広大なマップをただ馬で走るだけでも楽しい。

そして、雨も降るし雷も落ちる。

場所によっては、なんとなく湿気も感じるグラフィックの処理をしているように思える。



170321-03.jpg


マップはこれまでの同作とは比較にならないほど広大。

この画面上で見えている範囲すべて行けるのだそうだ。


てくてく散策していてもあちこちにミニゲームや小クエストや謎解きがあり、飽きさせない。


170321-05.jpg


そして何のクエストも前触れもなく、散策していて突如伝説のマスターソードを手に入れてしまったwww


今回のこの「ゼルダの伝説 BREATH OF THE WILD」。


マップがやたらに広く、おおまかなメインクエスト(ストーリー本編)以外は何をするのも自由。

いわゆるオープンワールド型だ。



最短でクリアを目指すもよし、マップの隅から隅までやり込むもよし。

色々な楽しみ方が出来ると思う。



ただ2週間プレイしていくつか気になる面も出てきた。


まず、

武器が使い捨て制であること。

ちょっとびっくりするくらい簡単に壊れて、なおかつ修理修復も不可能なのだ(修理できるものもあるようだが)。

初期の弱い武器をコツコツ育てて強くして、壊れても壊れても修理して沢山の武器や防具をコレクションする楽しみ方はなくなった。


次に

キー配列が固定なこと

視点の上下の反転と、ジャンプ/ダッシュの入れ替えはあるが他はすべてデフォルト固定だ。

そして攻撃ボタンはRボタンではなく、いわゆる右側4つボタンのひとつ「Y」ボタン。

ってことは、視点操作、ダッシュ、ジャンプ、攻撃を同じ右親指でやらなければならないのだ。

これはやりづらい。


他のゲームと同様に「Rボタン」になぜしなかったのだろう。

ちなみに「Rボタン」の役割は「武器を投げる」…

……意味がわからない。

つい最近まで「ダークソウル」など「ソウルシリーズ」をやっていたので、そのクセが抜けず「攻撃」のかわりに「武器を投げつける」を何度間違えただろう。

それ以外にも使用するボタンの数多すぎ!!

左スティック…移動
 同押し込み…しゃがむ
右スティック…視点操作
 同押し込み…望遠鏡

左十字キー
上…アイテム切り替え
左…盾切り替え(ひんぱんに盾が壊れるので案外使う)
右…武器切り替え(ひんぱんに武器が壊れるので案外使う)
下…馬を呼ぶ口笛

右4つボタン
A…決定
B…キャンセル/ダッシュ
X…ジャンプ/パラセール
Y…攻撃

R…アイテム使用
ZR…注目
L…武器投げる
ZL…弓を使う

+…ポーズ/ステイタス
ー…シーカストーン操作



……50近いオッサンのアタマでは無理……


(しかも左親指に力が入りすぎているのか、戦闘中すぐにしゃがんでしまう…orz)



トワイライトプリンセスのWiiリモコン操作のようなシンプルなやつに変更してくれないかな…。



というわけで

またまたもうちょっと頑張ろうや。

ニソテソドーさん。




おしまい。
[ 2017/03/21 17:21 ] ゲーム・映画・音楽など | TB(0) | CM(2)

おおお

はんぞうさん、ずいぶん手がきれいになりましたな!
[ 2017/03/27 15:45 ] [ 編集 ]

一発屋さん

白魚のような指でしょ?……って……これは手タレさんの手です!
[ 2017/03/28 10:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtbfish.blog107.fc2.com/tb.php/986-9fe542ff